(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

なぜフランク・シナトラがクリスマスを代表する”声”なのか

Published on

はっきり言おう。フランク・シナトラなくしては、クリスマスはない。

それくらいシナトラクリスマスという言葉は、西洋文化において密接に絡み合っている。もっとはっきり言えば、ラジオ、レストラン、ショッピング・モールや自宅のステレオから流れるシナトラの温かなバリトンが歌い上げる「Silent Night」や「Have Yourself A Merry Little Christmas」を聴かずして、クリスマスはクリスマスという気がしない。数多きフランク・シナトラのクリスマス・ソングを聴くと、迫り来るホリデイ・シーズンの精神が呼び覚まされる。青い目の彼が、その声で包み込むように歌う「The First Noel」を耳にすると、祝祭日が確実に近づいているのを実感するのである。

ではシナトラはクリスマスと、どのようにして関わるようになったのか?

それはすべて1948年、当時の所属レコード・レーベルだったコロムビアがLPフォーマットを導入した年まで遡る。取締役会長として知られるようになる当時32歳のフランク・シナトラが、アクセル・ストーダルのアレンジによる初のクリスマス・アルバム『Christmas Songs By Sinatra』をリリースした時に、シナトラのクリスマスが始まった。この作品には馴染みのある伝統的なホリデイ・ソングが8曲収録され、彼がシングルとして1944年に初レコーディングした「White Christmas」で幕を開け、シナトラのお気に入りのひとつ「O Little Town Of Bethlehem」といったクリスマス・キャロルの後、「Santa Claus Is Coming To Town」で盛り上がりは最高潮に達する。フランク・シナトラの次のクリスマス・アルバムまで、世界は9年間待つことになる。当時のシナトラは、ザ・グレイト・アメリカン・ソングブックの大御所として、その地位を確立し、移籍したキャピトル・レコードからキャリアを代表する最高傑作を発表することになる。

“俺の為に陽気な感じに出来ないだろうか?”

1957年、シナトラは再びクリスマスを祝う気分になり、華やいだ2作目のクリスマスLPA Jolly Christmas With Frank Sinatra』をリリースした。

この中で彼は、1作目のクリスマス・アルバムに収録した楽曲の幾つかを再び取り上げつつ、アレンジャーのゴードン・ジェンキンズと共に、新曲をレコーディング。アルバムの中で印象的だったのは、ラルフ・ブレインとヒュー・マーティンが手掛け、元々ジュディ・ガーランドが1947年映画『若草の頃』のために歌った「Have Yourself A Merry Little Christmas」のシナトラ・ヴァージョンだ。しかしシナトラは、オリジナルの歌詞が悲観的過ぎると感じたようだ。

1957年、「Have Yourself A Merry Little Christmas」の2度目のレコーディングを前に、シナトラが作詞家のヒュー・マーティンに連絡をし、「なんとか切り抜けようという一節を、書き変えることは出来ないか」と訪ねてきたと、2007年に当時93歳のヒュー・マーティンが回想していた。「アルバム名は“A Jolly Christmas”にする。俺の為にあの部分を陽気な感じに出来ないだろうか?」とシナトラが言ってきたと、ソングライターは振り返っている。

マーティンはこれに同意し、幾つかの訂正をしたが、中でも大幅な変更は、「その時まで我々はなんとか切り抜けよう」という箇所を、「輝く星を最も大きな枝に掲げよう」にしたことだった。この変更によって曲のムードが完全に明るくなり、哀し気な黙想から、静かな高揚感に満ちた希望の歌へと変わった。シナトラがこの新ヴァージョンをレコーディングしたことで、ほとんど相手にされていなかった映画曲が、後に数多くのシンガーによってカヴァーされることになる、正真正銘のスタンダードへと変わった。

1957年、シナトラは再び祝祭日を祝う気分になり、華やいだ2作目のLPA Jolly Christmas With Frank Sinatra』をリリースした。

この中で彼は、1作目のクリスマス・アルバムに収録した楽曲の幾つかを再び取り上げつつ、アレンジャーのゴードン・ジェンキンズと共に、新曲をレコーディングした。アルバムの中で印象的だったのは、ラルフ・ブレインとヒュー・マーティンが手掛け、元々ジュディ・ガーランドが1947年映画『若草の頃』のために歌った「Have Yourself A Merry Little Christmas」のシナトラ・ヴァージョンだ。

初のフランク・シナトラのクリスマス・テレビ特番は1957年に収録された。『Happy Holidays With Bing And Frank』は1220日に放映され、世間の人々の心の中、フランク・シナトラとホリデイ・シーズンとの繋がりを永遠のものにした

Frank Sinatra Christmas tree CREDIT Frank Sinatra Enterprises web optimised 740

Photo: Frank Sinatra Enterprises

“クリスマスは何よりも大切である”

3年後の1960年、45歳のシナトラはキャピトルを去り、自らのレコード会社リプリーズ・レコードを設立し、新たなキャリアの始まりを迎えた。1963年のコンピレーションLPFrank Sinatra And His Friends Want You To Have Yourself A Merry Little Christmas』(リプリーズ・レコード所属アーティストを紹介した豪華作品)にも「Have Yourself A Merry Little Christmas」という1曲を提供しているが、彼がこの新会社から初の正式なクリスマス・アルバムをレコーディングしたのは、その翌年だった。

12 Songs Of Christmas』はフレッドの昔からの仕事仲間、良く響く声をもつビング・クロスビーが2曲でフィーチャーされ、名バンドリーダーのフレッド・ウェアリングとペンシルヴェイニアンズが伴奏を務めた(同年これに先駆けて、彼等全員がリプリーズのアルバム『America, I Hear You Singing』でコラボレートしている)。

4年後の1968年、シナトラとその身内のおかげで、それまでとは全く異なるフランク・シナトラのゴージャスなクリスマス作品『The Sinatra Family Wish You A Merry Christmas』が登場した。同年7月及び8月にレコーディングされた今作では、印象的なスレイベルの鳴音が施されたアレンジメントが、オーセンティックなクリスマス気分を呼び起こすのに一役買っている。アルバムは伝統的なクリスマス楽曲と共に、サミー・カーンとジミー・ヴァン・ヒューゼンの「I Wouldn’t Trade Christmas」や、ジミー・ウェッブ等、あまり知られていない歌も収録された。

ネルソン・リドルとドン・コスタの傑出したアレンジメントの元、フランク・シナトラは彼の子供達、ナンシー(当時既にシンガーとして自身のキャリアも見事に開花させていた)、フランク・ジュニア、そしてティナと共に、心温まるパフォーマンスを披露した。

Frank Sinatra family Christmas color CREDIT Frank Sinatra Enterprises web optimised 740

Photo: Frank Sinatra Enterprises

“彼のようにクリスマスを歓迎した人は他にいない”

1998年の死後、フランク・シナトラの季節の名曲たちに捧げられたコンピレーションが無数に発表された。その代表作といえば、2004年に発表され、彼のリプリーズ時代の主要曲の選りすぐりから成る『Frank Sinatra Christmas Collection』だ。本作が他のフランク・シナトラ・クリスマス・アルバムと異なるのは、ビング・クロスビーとのデュエットや、シナトラが1991年に75歳の時にレコーディングした「Silent Night」等、未発表曲が収録されている点だ。これは青い目の彼が最後にレコーディングしたクリスマス・キャロルだった。

シナトラが、クリスマス・ソングをレコーディングするのが好きだったのは周知の通りだが、彼はクリスマスをどう思っていたのだろうか? 娘のナンシーが「Variety」誌のインタビューで語ったところによると、父親はこのホリデイ・シーズンを愛していたと言う。「彼のようにクリスマスを歓迎した人は他にいません」と彼女は振り返る。彼のクリスマス・ソングのレコーディングを通して、はっきりと感じられる温かさと誠実さを考えると、それは決して驚くことではない。

クリスマスは、フランク・シナトラがいなかったら違うものになっていただろう。多くの人にとって、彼こそがこの祝祭日に色鮮やかな命を吹き込むことの出来る唯一のシンガーだ。装飾を光らせ、雪を輝かせ、愛想の良さと人々に対する善行の精神でもって、我々の心を温かくさせることが出来るのは、唯一彼しかいない。言うまでもなく、クリスマスは宗教的行事であり、プレゼント交換の時であると同時に祝福の時でもある。そしてシナトラのように、これを祝える人は他にいないのだ。

フランク・シナトラがクリスマスの声だと主張するのは、決して突飛なことではない。彼とクリスマスの関係は、雪と冬の関係に等しい。つまり、このホリデイ体験の全てにおいて不可欠な要素なのだ。彼のクリスマス・ソングは、甘味で内省的でありながら、明るく賑やかでもある。1957年にレコーディングした「The Christmas Song」の中で歌っていた、往年の幸せな黄金時代を呼び起こさせるのに不可欠な、サウンドトラックを提供してくれる。

そう、クリスマスといったら、今でもフランク・シナトラがナンバー・ワンなのだ。彼は当面その第一人者であり続けるだろう。

Written by Charles Waring



シールとシナトラによるクリスマス曲「サンタが街にやってくる」

フランク・シナトラ&シール「サンタが街にやってくる」

spotify_logo_link download_jtunes_link applemusic_1711_800_link


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss