(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

1968年7月10日のクリーム解散宣言と解散後の『Goodbye』

Published on

1968年7月10日、クリームは数カ月以内に解散することを発表した。彼らの3枚目のアルバム『Wheels Of Fire(邦題:クリームの素晴らしき世界)』がリリースされ、年内のスケジュールを検討し、それが発表されるよりも先に、エリック・クラプトンは“方向性の違い”を理由にバンドの解散を発表したのだ。

Cream poster

とはいえ、ファン達にとってこの残念なニュースに慣れる猶予が残されていた。エリック・クラプトン、ジャック・ブルース、そしてジンジャー・ベイカーの3人は10月から解散ツアーを行い、11月26日にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行われたかの有名なファイナル・コンサートで最高潮の演奏をみせた。そのツアーの直前、バンドはロンドンにあるIBCスタジオで「Badge」「Doing That Scrapyard Thing」そして「What A Bringdown」の3曲をレコーディングし、それらは彼らのラスト・アルバムとなった『Goodbye(邦題:グッバイ・クリーム)』に収録された。

1969年初頭に『Goodbye』は発売となったが、収録時間はわずか30分、解散ツアー中に収録したロサンゼルスのフォーラムでのライブ音源3曲の後に、新曲を3曲収録しただけのものであった。多くの人にとってクリーム最後の名曲となった「Badge」は、エリック・クラプトンの友人であるジョージ・ハリスンとの共作。クレジットには“ル・アンジェロ・ミステリオーソ”と記載されいるが、ジョージ・ハリソンがリズム・ギターを担当している。

「労働環境が過酷だったんだ」とエリック・クラプトンが2012年に行われたアンカット誌でのインタビューで解散について説明している。「俺達は毎週6日間演奏してたんだ。俺の体重は57キロまで落ちて、まるで屍みたいだった。かなりボロボロだった。もはや自慰というより自虐だったよ」

cream 1968

「どんなに”今がバンドの全盛期だから”と思っていても、肉体的疲労が厄介なことに精神的にも響いてきたんだ。ジンジャーもジャックもダイナミックな性格の持ち主で俺は抗えなかった。俺はまるで24時間戦いっぱなしのような精神状態だったんだ。1日の半分は、どうにか平静を保とうと努めていた。そんななかで、クリエイティブで新しい音楽を作ろうとしていたんだ」

「俺はマネージャーのロバート・スティグウッドを呼び出してこう言ったんだ『もう終わらせてくれ、こいつらは気が狂ってる。何が何だかわからない、もう無理だ』と。すると彼はいつも道理、「もう1週間だけ様子を見よう」と言うんだ。他に目に見える選択肢がなければそれでも耐えられるんだ。だけどそこに他の道が現れてしまったから、もう俺にとってはそこまでだったのさ」。

Written by Paul Sexton



クリームのBest of PlaylistをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

5 Comments

5 Comments

  1. Pingback: クリームの初の全米1位は2枚組の『Wheels Of Fire』 - uDiscover

  2. Pingback: ジンジャー・ベイカーの20曲

  3. Pingback: Cream Begin The Long Farewell - uDiscover

  4. Pingback: クリーム初の全米ヒットとなり本国でも再ヒットした「Sunshine Of Your Love」 - uDiscover

  5. Pingback: クリーム解散コンサート

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss