(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

最高のジュークボックス・ミュージカル:ブロードウェイに革命を起こした作品ベスト10

Published on

Photos: Motown Records Archives (The Temptations), Universal Music Group (Cher), Queen Productions Ltd (Queen), Polar Music International (ABBA)

優れたジュークボックス・ミュージカル(既存の楽曲を使ったミュージカル)は、ポップミュージックによるステージを興行的に大成功させ、ミュージカルの状況を一変させた。

ハンドブック『The Guide To The Performing Arts』によれば、「ジュークボックス・ミュージカル」という言葉は’60年代前半から使われていた。それは、1999年に『マンマ・ミーア!』がポップミュージックのステージショーを興行的に大成功させて、ミュージカルの状況を一変させるよりもずっと前のことだった。

やがて20世紀後半になると、パッツィ・クライン、バディ・ホリー、ルイス・ジョーダン、エルヴィス・プレスリーなどの音楽を使った興味深いミュージカルがたくさん生まれた。1977年には、ビートルズのライヴの雰囲気を再現した『Beatlemania』というブロードウェイ・ショーも出現している。

とはいえ演劇界の状況をガラリと変化させたのは、『マンマ・ミーア!』だった。これは1999年にロンドンで初演され、2001年にブロードウェイに進出。ABBAの不朽の音楽、心地よいストーリー、そしてひとときの現実逃避を観客に提供するこの作品は似たスタイルのミュージカル作品を次々と生み出し、ブロードウェイはロック時代のアメリカの楽曲を元にした作品を上演するようになった。

ジュークボックス・ミュージカルには、基本的な形態が2つある。ひとつは筋書きのない純粋な音楽の祭典であり、もうひとつは伝記的なミュージカルである。後者に関しては、興味深い例がたくさんある。

『ラブ・ジャニス』はジャニス・ジョプリンの手紙をもとにしたキャバレー・スタイルのショーだ。また、『ロスト・ハイウェイ』はハンク・ウィリアムスの悲劇的な人生をもとにしており、最後には彼のゴスペル・ソング「I Saw the Light」が歌われる。といったようjにこれまで何十人ものミュージシャンがジュークボックス・ミュージカルの題材となってきた(たとえばバディ・ホリー、キャロル・キング、ビリー・ジョエル、ニール・ダイアモンド、ビージーズ、ロッド・スチュワート、フェラ・クティ、ボブ・ディラン、トゥパック・シャクールなど)。とはいえ、そのすべてが成功したわけではない。2005年にブロードウェイで上演された『レノン』はビートルズのジョン・レノンのソロ活動を描いた作品で、場面によってはレノンの役を女性が演じることもあった。しかしこの作品の上演回数は49回にとどまっている。

ブロードウェイでミュージカルをヒットさせることは、今でもミュージシャンにとって魅力的な挑戦である。2018年の『スプリングスティーン・オン・ブロードウェイ』では69歳のブルース・スプリングスティーンがギターとピアノを演奏し、自伝『ボーン・トゥ・ラン  ブルース・スプリングスティーン自伝』に登場する逸話を語りながら自らの音楽を披露した。

2019年に特に人気のあった作品のひとつは、『ザ・シェール・ショー』である。世界でもトップクラスの人気を誇るグループの中にも、ジュークボックス・ミュージカルの題材となった例がいくつかある。そうしたグループのファンは、自分たちの音楽的ヒーローを題材にした舞台を見るために集まってくる。

その中でも特に有名な例としては、クイーン(『ウィ・ウィル・ロック・ユー』)、アース・ウィンド&ファイアー(『Hot Feet』)、ビーチ・ボーイズ(『Good Vibrations』)、キンクス(『Sunny Afternoon』)、テンプテーションズ(『Ain’t Too Proud. The Life And Times Of The Temptations』)などが挙げられる。

また、ポピュラー音楽のさまざまな時代を描いたジュークボックス・ミュージカルもある。『Dreamboats And Petticoats』では’50年代の音楽が、『ロック・オブ・エイジズ』では’80年代の音楽がそれぞれ採り上げられている。

今回は、過去数十年間のジュークボックス・ミュージカルの中からベスト10をランキング形式でご紹介しよう。

<関連記事>
ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』の誕生秘話
ミュージシャンの伝記映画ベスト30:音楽ファンを夢中にする映像体験
史上最高の映画音楽ランキングBEST50【全曲動画付き】
ジュディ・ガーランドはなぜゲイの人々から支持されたのか?
【特集】ミュージカル映画の栄枯盛衰の歴史を魅力的名作


 

第10位『ザ・シェール・ショー / The Cher Show』(2018年~)

「私の人生を元にしたブロードウェイ・ミュージカルなんて、クレイジーで、エキサイティングで、奇抜な感じがする。でもそれはたぶん、私の人生がほとんどの人にはそう見えるということなんでしょうね」とシェールは語る。

確かに、彼女の人生はジュークボックス・ミュージカルにうってつけの題材に思えた。数々の賞を受賞した後で2019年8月にブロードウェイでの上演が終わった『ザ・シェール・ショー』は、2020年のアメリカ・ツアーが既に決まっている。この作品では、ステファニー・J・ブロックとボブ・マッキーがトニー賞を受賞した。作品中では「I Got You Babe」などのシェール自身のヒット曲に加えて、ドラマーのデイヴ・クラークと彼のバンドが有名にした「I Like It Like That」も演奏される。

Inside The Fabulous ‘Cher Show’ On Broadway | TODAY

 

第9位『アフターミッドナイト / After Midnight』(2013~2014年)

『アフターミッドナイト』は、デューク・エリントンの楽曲を元にした作品だ。ステージ上で演奏される曲の中には、「It Don’t Mean A Thing (If It Ain’t Got That Swing)」や「Daybreak Express」といったヒット曲も含まれる。このステージには、17人編成のオーケストラと25人のヴォーカリスト、そしてダンサーやパフォーマーが参加していた。

音楽監督は、ジャズ・アット・リンカーン・センターの芸術監督であるウィントン・マルサリスが担当している。この作品はトニー賞の最優秀振付賞を受賞し、さらに2014年の最優秀ミュージカル賞を含む6つの賞にノミネートされた。

First Look at AFTER MIDNIGHT on Broadway

 

第8位『ムーヴィン・アウト / Movin’Out』(2002~2006年)

ビリー・ジョエルの楽曲を使用した『ムーヴィン・アウト』はトワイラ・サープの企画によるもので、ベトナム戦争を背景にして’60年代のロングアイランドの青春模様を描いている。主要な役柄はジョエルの曲に登場する人物が元になっており、その例としては高校生カップルのブレンダとエディ(「Scenes From An Italian Restaurant」)、ジュディ(「Why Judy Why」)、トニー(「Movin’ Out」)などが挙げられる。

このショーでは、ステージ上のプラットフォームでピアニストが曲を演奏していた。この作品は見事な振り付けで上演され、ブレンダを演じたホリー・クルイックシャンクは2005年ヘレン・ヘイズ賞の優秀女優賞を受賞した。

On the Scene: "Movin' Out" Opening Night

 

第7位『ロック・オブ・エイジズ / Rock Of Ages』(2005~2015年)

『ロック・オブ・エイジズ』は、ブロードウェイでの上演回数が2,328回にのぼっている。このジュークボックス・ミュージカルはクリス・ダリエンゾの著書を下敷きにしたもので、80年代のロック・ヒット(特に有名なグラム・メタル・バンドの曲)が中心となっている。

このミュージカルでは、スティクス、ジャーニー、ボン・ジョヴィ、パット・ベネター、トゥイステッド・シスター、スティーヴ・ペリー、ポイズン、ヨーロッパなどの曲が採り上げられている。出演者が「第4の壁」を壊して観客に直接語りかけるという演出で、このショーは大変な人気を博した。

Rock of Ages 2018 UK tour trailer

 

第6位『ミリオン・ダラー・カルテット / Million Dollar Quartet』 (2010年~)

2010年にブロードウェイで始まったこのミュージカルは、1956年12月4日の有名なレコーディング・セッションに着想を得ている。そのセッションは、ロックンロールの伝説的なアーティストたち、つまりエルヴィス・プレスリー、ジョニー・キャッシュ、ジェリー・リー・ルイス、カール・パーキンスが一堂に会して行われたものだ。

この4人のスターがメンフィスのサン・レコード(プロデューサーのサム・フィリップスのスタジオ)に集まり、音楽史上最も重要なジャム・セッションを行なったのである。このミュージカルで演奏される曲には「Blue Suede Shoes」「Fever」「That’s All Right」「Sixteen Tons」「Great Balls Of Fire」「Walk The Line」「Hound Dog」といった名曲が含まれている。このブロードウェイ・ミュージカルは、2010年のトニー賞で3部門にノミネートされた。

UK Tour Trailer | Million Dollar Quartet

 

第5位『ジャージー・ボーイズ / Jersey Boys』(2005年~)

2005年にブロードウェイでスタートし、現在もオーストラリアでツアーが行われている『ジャージー・ボーイズ』は、ドゥーワップのセンセーショナルな大スター、フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズのストーリーを描いたヒット作である。これは21世紀最高の伝記ミュージカルのひとつとして評価されており、オリジナルのフォー・シーズンズ(ボブ・ゴーディオ、トミー・デヴィート、ニック・マッシ)の人生を赤裸々に描いている。

印象的な上演曲の中には、「My Eyes Adored You」「Can’t Take My Eyes Off You」「Working My Way Back To You Girl」といった曲が含まれている。『ジャージー・ボーイズ』は、ブロードウェイではトニー賞、ウエストエンドではオリヴィエ賞の最優秀新作ミュージカル賞を受賞した。この作品で最初にヴァリを演じた俳優であるジョン・ロイド・ヤングは、2014年にクリント・イーストウッド監督が撮影した映画版でも同じ役を演じている。

Jersey Boys UK Tour Trailer

 

第4位『Ain’t Too Proud: The Life And Times Of The Temptations』(2018年~)

モータウンは、ジュークボックス・ミュージカルの豊かなインスピレーションの源となってきた。『モータウン: ザ・ミュージカル(Motown: The Musical)』の成功に続いて2013年からスタートした『Ain’t Too Proud』は、ベリー・ゴーディの自叙伝『To Be Loved: The Music, The Magic, The Memories Of Motown』に基づいており、テンプテーションズの物語が語られている。

この作品は「My Girl」「Just My Imagination」「Papa Was A Rolling Stone」などのヒット曲を通して、テンプテーションズがデトロイトの街で結成されロックの殿堂入りするまでのすばらしい軌跡をたどっている。

「これらの曲の演奏は、ハロルド・ウィーラーのオーケストラ編曲、ケニー・シーモアが音楽監督と編曲を担当しており、ほぼ完璧な仕上がりだ」と『ニューヨーク・タイムズ』は絶賛していた。

Ain't Too Proud is now on Broadway!

 

第3位『ビューティフル / Beautiful: The Carole King Musical』(2013~2018年)

2013年はキャロル・キング本人もまだまだ積極的にライヴ活動を続け、コンサートを完売させていた。そんな年の9月に、キャロルを題材としたこのミュージカルはサンフランシスコで試験的に上演が始まった。このステージでは「Will You Still Love Me Tomorrow」「You’ve Got A Friend」「I Feel the Earth Move」などの名曲を含むキャロルのすばらしい楽曲が披露される。観客は、自分たちも共感できる面白いヒロインの物語にすばらしい反応を示した。

Beautiful The Carole King Musical Trailer

 

第2位『ウィ・ウィル・ロック・ユー / We Will Rock You』(2002年~)

『ウィ・ウィル・ロック・ユー』は、クイーンの音楽を使って、近未来的で「風変わりでエキセントリックなアウトサイダーたちの心温まる物語」を描いている。ベン・エルトンが脚本を担当したこの大ヒット・ミュージカルは、2014年までウエスト・エンドで12年間にもわたって上演された。「Radio Ga Ga」「Killer Queen」「A Kind Of Magic」などの大ヒット曲を含むこのショーには、ブライアン・メイとロジャー・テイラーも時折顔を出してステージ上で演奏することがあった。

『ウィ・ウィル・ロック・ユー』の世界ツアーは完売という人気ぶりで、28カ国で1,800万人以上の観客を動員した。その一環として、2013年にはアメリカ公演も行われている。2018年の映画『ボヘミアン・ラプソディ』の成功を受け、2019年9月には北米のアリーナで『ウィ・ウィル・ロック・ユー』が再び上演された。

We Will Rock You – Montage

 

第1位『マンマ・ミーア! / Mamma Mia!』(1999年~)

スウェーデンのスーパースター、ABBAの音楽を讃える『マンマ・ミーア!』は、ロンドンでの初演から2年後の2001年にブロードウェイに進出した。それからの14年間で6億ドル以上(約687億円)の興行収入を記録し、世代を超えて愛されるその魅力は数多くの類似作品を生み出した。

また、このミュージカルは映画化されてヒットし、スピンオフの続編も作られている。ロンドンでのステージは、初演から20年経った今もまだ続いている。

Official Trailer for the Smash-Hit Musical MAMMA MIA!

 

Written By Martin Chilton



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss