(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ザ・ビートルズ – 45のステキな事実

Published on

前世紀が終わりに近づいていた頃、典型的な英国バンドのスタックリッジが、「Something About The Beatles」という曲をレコーディングした。

“興奮している、興奮している、みんな愛の存在を信じている。世界を動かしている”

地球上の他の人達同様、この半世紀かそれより以上もの間、スタックリッジはジョンポールジョージリンゴ、合わせてザ・ビートルズという彼等が、世界を動かしていると感じていた。それも音楽の世界だけではなく…。ザ・ビートルズはみんなの心に届く何かを持っていた。王族から、単純に彼等に触れたい、同じ空気を吸いたいと思ったり、それが駄目なら、もう単純に彼等のレコードを買って、彼等の魔法のメロディーと素晴らしい歌詞を浴びたいと思う人達まで。

と言うわけで、ザ・ビートルズについてのあれこれを。

640404 billboard copy

1.  1964年4月4日の週末、ザ・ビートルズは全米シングル・チャートのトップ5を独占した。更にチャートのそれよりも下位に7曲エントリー。1週間後にもトップ5に3作、更にチャート100位圏内には11曲登場していた。

2.  イギリスでは、アルバム『Please Please Me』が1963年3月22日にEMIから急きょリリースされた。同作のステレオ・ヴァージョンは4月末にリリース。その後、1969年1月発売の『Yellow Submarine』を含むそれ以前にリリースされていたアルバムが、ステレオとモノで同時リリースされた。

3.  アメリカレコード協会(RIAA)によると、USで最も多くの枚数を売り上げたアルバムは『Abbey Road』。『Sgt Pepper`s Lonely Hearts Club Band』が僅差で2位、『White Album』がこれに続く。

4.  1969年8月20日が、4人のザ・ビートルズ全員が揃ってレコーディングした最後の日となる。この時完成したのが「I Want You (She`s So Heavy)」。

Starwberry Field

5.  「Strawberry Fields」はジョンが住んでいたリヴァプール・ウールトンの自宅近くの救世軍運営の孤児院のこと。ただしこちらは最後に‘s’がつかない、「Strawberry Field」。

6.  イギリスではザ・ビートルズのリリースした15枚のアルバムがチャート・トップを飾っている。

7.  アメリカではシングル20枚が全米シングル・チャートのトップを飾り、アルバム19枚が全米アルバム・チャート1位を記録。

8.  『Help!』のジャケットで4人のビートルズがその腕で示している手旗信号は、HELPではなく NUJV。(編註:特に意味がある言葉ではなく、見た目がよいポーズにした結果こうなった)

9.  彼等がザ・シルヴァー・ビートルズとして知られていた頃、ジョニー・ジェントルと共に、7日間のスコットランド・ツアーを行なった。

10.  ザ・ビートルズが最も多くのナンバー・ワンを記録したのは、オーストラリア、ドイツ、オランダ、スウェーデン、カナダ、そしてノルウェー等。

11.  ザ・ビートルズはジンバブエとスイスでナンバー・ワン・ヒットを8曲持っている、一方エチオピアでは僅か2曲。

12.  『A Hard Day`s Night』はザ・ビートルズによって全て書かれた初アルバム。全13トラックがレノン&マッカートニー作。

13.  「Lucy in the Sky with Diamonds」のモノ・ミックスは、ステレオ・ヴァージョンよりもキーが半音下がっていて、若干スロウ。

14.  1962年に「Love Me Do」、「P.S. I Love You」、「Please, Please Me」そして「Ask Me Why」をレコーディング後、ザ・ビートルズのファースト・アルバム『Please Please Me』の残り10トラックは僅か10時間でレコーディングされた。

15.  『Sgt Pepper`s Lonely Hearts Club Band』のレコーディング開始から完成までスタジオに費やされたのは129日と400時間。

16.  『Sgt Pepper`s Lonely Hearts Club Band』は、アーティストがLPデザインに歌詞を入れるというトレンドを作った。

17.  『Sgt Pepper`s Lonely Hearts Club Band』のカヴァーには、アレイスター・クロウリー、メイ・ウエスト、カール・ユング、エドガー・アラン・ポー、ボブ・ディラン、スチュアート・サトクリフ、オルダス・ハクスリー、マリリン・モンロー、ローレル&ハーディ、カール・マルクス、オスカー・ワイルド、ルイス・キャロル、アルベルト・アインシュタイン、マレーネ・ディートリヒやダイアナ・ドース等、約70の有名人や無名の人が登場する。

18.  ザ・ビートルズは20世紀で最も影響力ある人と総称される。

billy-j-kramer-and-the-dakotas-bad-to-me-parlophone

19.  レノン&マッカートニー作品が他のアーティストによって初めてUKシングル・チャートのトップを飾ったのは、1963年8月のビリー・J・クレイマーと ザ・ダコタスによる 「Bad To Me」。

20.  レノン&マッカートニー作品が他のアーティストによって初めてUSシングル・チャートのトップを飾ったのは、1964年6月のピーター・アンド・ゴードンによる「A World Without Love(邦題:愛なき世界)」。

21.  1969年発シングル「Get Back」は北米でステレオのみでリリースされ、UKではモノのみでリリースされた。たとえマトリックス番号は異なることを示していたとしても、初のザ・ビートルズのイギリスにおけるステレオ・ヴァージョンの45インチ(シングル・アナログ)はこの次のシングル「The Ballad Of John And Yoko(邦題:ジョンとヨーコのバラード)」。

22.  ザ・ビートルズのファースト・アルバム『Please, Please Me』はUKチャートのトップに30週間留まった後、その座を自身のセカンド・アルバム『With The Beatles』に譲る(同アルバムは21週間トップをキープした)。

23.  ザ・ビートルズの曲中に登場する飲食品は卵、玉ねぎ、コーンフレーク、ハチミツ、コーヒー、マシュマロ、さくらんぼ、トリュフ、しょうが、パイナップル、タコ、ターキー、マーマレード、ココナッツ・ファッジ、タンジェリン、イチゴ、マスタード、パイ等。しかし、ポールが「Yesterday」作曲時この曲に元々つけていた仮題 ‘スクランブル・エッグ’は登場せず。

24.  『Please Please Me』収録14曲中、レノン&マッカートニー作は僅か8曲(そしてジャケットに記された名はマッカートニー=レノンだった)。『With the Beatles』中レノン&マッカートニー作ではないのは7曲、内1曲「Don’t Bother Me」はジョージ・ハリスンの作品。

25.  ザ・ビートルズは英国作曲家協会のアイヴァー・ノヴェロ賞を15回受賞した。

26.  ジョージ・マーティンは、殆ど全てのザ・ビートルズのアルバムでキーボードをプレイ。

Beatles

27.  1960年代にUKでリリースされたザ・ビートルズの全アルバム中、リンゴのヴォーカルがフィーチャーされていないのは『A Hard Day`s Night』のみ。

28.  『Beatles For Sale』の14曲中6曲はカヴァー。その全てがバンド初期の時代に大きな影響力を与えたアメリカン・ロックン・ロール・ナンバー。

29.  「From Me To You」が最も短いザ・ビートルズのシングルでその長さ1分57秒。

30.  『Help!』のサウンドトラックはザ・ビートルズ5枚目のUKアルバムである一方、アメリカでは8枚目のキャピタルからリリースされたアルバムに当たる。

31.  「All You Need Is Love(邦題:愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ))」でバッキング・ヴォーカルを歌っているのは、ミック・ジャガーキース・リチャーズ、マリアンヌ・フェイスフル、ジェーン・アッシャー、マイク・マッカートニー、パティ・ハリスン(ボイド)、エリック・クラプトン、グラハム・ナッシュ、キース・ムーン、ハンター・デイヴィス、そしてウォーカー・ブラザーズのゲイリー・リーズ等。

32.  アメリカで初チャート・インしたレノン&マッカートニー作品は、デル・シャノンによるカヴァーの「From Me To You」。

33.  ポール・マッカートニーの「Yesterday」のレコード・ヴァージョンは3,000以上存在する。

34.  アルバム『Revolver』がリリースされる頃までに、収録曲3曲が既にアメリカ版アルバム『Yesterday… and Today』に登場していた為、北米版には11曲しか収録されなかった。その他の地域でリリースされたヴァージョンは全曲揃ったアルバムだった。

35.  「While My Guitar Gently Weeps」でエリック・クラプトンがリード・ギターをプレイしている。ジョージとエリックは1964年12月にロンドンで行われたザ・ビートルズ・クリスマス・ショウで出会う。クラプトンが在籍していたヤードバーズもそこに出演していた。

36.  『Help!』のUK版アルバムに収録されているラリー・ウィリアムスの「Dizzy Miss Lizzy」を最後に、アルバム収録曲は全てザ・ビートルズのひとりもしくは複数によるオリジナル・ナンバーによる楽曲となる。

Long Tall Sally sm

37.  1966年8月29日、サンフランシスコのキャンドルスティック・パークで行われた彼等の最後のコンサートの最後の曲は「Long Tall Sally(邦題:のっぽのサリー)」だった。

38.  『With The Beatles』収録曲「Don’t Bother Me」はザ・ビートルズのUKアルバム・リリースの中で初登場のジョージ・ハリスン作品。

39.  ジョージ・ハリスンは『Please Please Me』アルバム中「Do You Want To Know A Secret」と「Chains」の2曲でジョンとポールと共にリード・ヴォーカルを担当。

40.  BBCは歌詞中で‘婦人用下着’に言及しているという理由で、「I Am the Walrus」を放送禁止にした。BBCは更に「Lucy in the Sky with Diamonds」、「Fixing a Hole」、それから「A Day in the Life」が全てドラッグに言及していると判断し放送禁止にした。

41.  ジョージ・ハリスン作「Something」は、『The White Album』と同時期にレコーディングされたジェイムス・テイラーのアップルからリリースされたアルバム収録曲「Something in the Way She Moves」を聴きインスピレーションを受けて出来たナンバー。

42.  アルバム『Please, Please Me』のジャケット写真はEMI当時のロンドンW1マンチェスター・スクウェア20番地のオフィスで、アンガス・マクビーンが撮影した。彼はこの後の1969年に、次のアルバム『Get Back』で使用する同様の写真を撮る為に同地を再訪するも、最終的にはそれは1973年の『1962-1966 (邦題:ザ・ビートルズ1962年~1966年)』(赤盤)と『1967-1970 (邦題:ザ・ビートルズ1967年~1970年)』(青盤)に使用された。

Love me do sm

43.  「Love Me Do」の『Please, Please Me』収録ヴァージョンには、セッション・ドラマーのアンディ・ホワイトがフィーチャーされている。リンゴがドラムスを叩いているのは、元々UKでシングルとしてリリースされたヴァージョン。

44.  シェールがボニー・ジョー・メイソンなる名でリリースしたファースト・シングルは「Ringo, I Love You」で、フィル・スペクターがプロデュースした。エラ・フィッツジェラルドもまた、「Can’t Buy Me Love」をカヴァーした年に「Ringo Beat」をレコーディングした。

The_Beatles_-_Last_photo_session

45.  ザ・ビートルズは最高だ…


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

2 Comments

2 Comments

  1. ヤマザキヒロシ

    4月 26, 2017 at 8:02 am

    Beatlesは、私に取りましては永久のidolです。此の、albumの11枚を購入しました✨今、思い出せばwhitealbumが、直ぐに脳裏に浮かびますよ懐かしく思いますね今でも、YouTubeで彼らの曲を聞いていますよ中でも、(ドントレットミーダウン✨)(HELLOGOODby✨)ですね1日に1回はこれらの曲を聞いていますよ☺そして、ジョンレノンの大ファンでして今も勿論大ファンですよ☺彼が亡くなりまして非常に残念です。ですので、(ドントレットミーダウン✨)を、懐かしく聞いていますよ?ポールマッカットニーも、ジョンレノンと共に記憶に残る名曲を残していますねそれが、(HELLOGOODby✨)です☺リアルタイムで、ポールは来日されていますね✨此の、チャンスを生かしたいですね恐らく最後の日本公演だと思われます✨ポールのライブを是非とも足を運んで行きますよ

  2. Pingback: ザ・ビートルズ 、アメリカでの3枚目のアルバム『 The Beatles’ Second Album 』 - uDiscover

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss