ABBA、1975年のアルバム『ABBA』解説:「SOS」や「Mamma Mia」を収録した3作目の作品

Published on

1974年のユーロヴィジョン・ソング・コンテストにて「Waterloo」で優勝し、音楽業界に衝撃的に登場してからというもの、ABBAの世界制覇への次の一歩は、楽曲だけではなくアルバムが世界的に売れるグループになることだった。

北欧以外で初めて彼らに好意を持った国はドイツで、セカンド・アルバム『Waterloo』はトップ10入りを果たしていた。イギリスでは、ユーロヴィジョンで優勝した曲「Waterloo」が収録されているにも関わらず、アルバムは28位にとどまるほどだった。

しかしこの後、彼らにはもっとすごい結果が待ち受けていた。それは1976年1月31日に始まった。

<関連記事>
ABBA、『Voyage』発売開始。制作中の写真やメンバーコメントが公開
40年ぶりのアルバム『Voyage』欧米メディアでのレビューを紹介
ABBA『Ring Ring』解説:伝説的キャリアが始まったデビューアルバム
ABBA『Waterloo)』解説:世界を征服したセカンドアルバム

『Waterloo』に続くサード・アルバム『ABBA』は1975年の春にリリースされたが、当時のABBAはイギリスにおいて「Waterloo」で得た人気を再現することに四苦八苦していた。『ABBA』からのファースト・シングル「So Long」は全英チャート入りを逃し、続く「I Do, I Do, I Do, I Do, I Do」はその夏に38位までしか上昇できなかった。

しかし9月、「SOS」の発表によって希望が見えはじめた。ヨーロッパのアーティストには打ち破ることが難しいとされていたUKのマーケットで、ABBAが自立していけるということを示した最初の兆候となったのだ。

「SOS」はイギリスで6位とヒットし、次作のシングル「Mamma Mia」は、突然1976年最初の全英1位を達成した。すると、それまでイギリスでは注目されてこなかった3rdアルバム『ABBA』は、前述のさほど知られていない「So Long」と「I Do, I Do, I Do, I Do, I Do」のシングルも、大ヒットとなった2曲のシングルも収録されていたことで魅力的な存在となった。

このアルバムは、ABBAの多様性やミュージシャンシップ、そしてベニー・アンダーソンとビョルン・ウルヴァース、時にはマネージャーのスティグ・アンダーソンの助力を得た上でのソングライターとしてのスキルを示した作品でもある。収録曲にはクラシック調のインストゥルメンタル「Intermezzo No.1 (Instrumental)」やレゲエへの敬意を表した「Tropical Loveland」なども収録されている。

それらすべてを身にまとい、ロイ・オービソンの『The Best of Roy Orbison』が1位を達成した1976年1月、『ABBA』は遅まきながら全英ベストセラー・デビューを果たし42位を記録した。カルテットによるアルバムはその後23位、そして2週間13位まで到達してからチャートを離れた。大成功まではいかなかったが、その後ABBAは瞬く間に新しいシングル「Fernando」で「Mamma Mia」に続き全英1位を達成した。

Written by Paul Sexton


40年ぶりの新作アルバム
ABBA『Voyage』
2021年11月5日発売
CD / iTunes / Apple Music / Spotify / Amazon Music / YouTube Music

日本盤CDは下記4形態(SHM-CD仕様)
①『Voyage』スタンダード・エディション
②『Voyage』with 『ABBA Gold』(ベスト盤CD)
③『Voyage』with 『ABBA in Japan』(映像商品2DVD)
④『Voyage』with 『Essential Collection』(MV36曲収録DVD)


ABBA『ABBA』
1975年4月21日
LP / iTunes / Apple Music / Spotify / Amazon Music / YouTube Music



 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version