ポップスの奥深さを掘り下げるドキュメンタリー『This Is Pop: ポップスの進化』がNetflixで配信開始

Published on

Netflix

全8エピソードのドキュメンタリー・シリーズ『This Is Pop: ポップスの進化』がNetflixにて2021年6月22日から配信開始となった(日本語字幕付)。

過去に『メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー』『グローバル・メタル』『ヒップホップ・エボリューション』といった話題となった音楽ドキュメンタリーを送り出しているカナダの制作会社バンガー・フィルムズによるこのドキュメンタリー。6月22日からそれぞれ44分の全8話が一挙に公開され、多彩なアーティスト、プロデューサー、ソングライターらが、ポップ・ミュージックの歴史的奥深さだけではなく、人種差別、性差別、階級差別、クィア・ポリティクス、社会的不公正といった、社会的な影響なども絡めて掘り下げていく。NETFLIXの公式サイトはこちら

<関連記事>
アバが1位獲得の記録を作った代表作たち
『Cooleyhighharmony』とボーイズIIメンの天才ぶり
プロテスト・ソング特集:人種差別や抑圧に立ち向かった歌の歴史とは?

全8話の各エピソードは以下の通り。

エピソード1 『ボーイズIIメン・ブーム』

地元フィラデルフィアの音楽とモータウンの影響を受けたというボーイズIIメン。彼らの成功が、ボーイズグループの歴史に新たな波を起こしてゆく。

エピソード2 『オートチューン』

歌声を補正するオートチューンが登場。賛否両論を浴びながらもポップス界の在り方を変え、シェール、T-ペイン、カニエ・ウェストらに影響を与える。

エピソード3 『ストックホルム症候群』

音楽界の隠れた大国、スウェーデン。アバ、エイス・オブ・ベイス、名プロデューサーのマックス・マーティンなど、スウェーデン躍進の秘密を探る。

エピソード4 『カントリーがポップスに出会う時』

アウトローブームから「9時から5時まで」の野心まで。ドリー・パートン、ウィリー・ネルソン、リル・ナズ・Xがカントリーとポップスを融合させてゆく。

エピソード5 『ブリットポップがやって来た!』

グランジの台頭後、独自の遊び心満載のポップスを展開した英国バンド。ブリットポップが隆盛を極めるなか、オアシスとブラーが激しい対立を繰り広げる。

エピソード6 『フェスティバルの夜明け』

ヒューマン・ビー・インからグラストンベリーまで。ステージと観客のエネルギーがひとつになるポップス界の通過儀礼、音楽フェスティバルに迫る。

エピソード7 『歌の力』

音楽で世界は変わるのか。ホージア、ミルック、チャックD、ザ・ハルーサ・ネイション、ビリー・ブラッグなど、アーティストの抗議の歌に耳を傾ける。

エピソード8 『ブリル・ビルディング4曲の物語』

同僚作曲家にささげたヒット曲、アニメに登場するバンド曲など。50年代以降、ヒット曲の工場として名をはせたブリル・ビルディングの歴史を振り返る。

 

同シリーズのプロデューサーを務めるバンガー・フィルムズのアマンダ・バートは、次のように述べている。

「私たちは “ポップとは何か?”という問いから始まり、思いもよらない答えを見つけ出しました。それは、チャートや車のラジオから流れてくる楽曲以上のものであり、その音楽が生まれた時に人々がどのような生活を送っていたか、また、その音楽を聴いて人々はどんな風に踊り、愛し、泣いていたかを封じ込めた完璧なタイムカプセルなのです」

Written By uDiscover Team



Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version