(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Playlists

ミック・テイラーの20曲

Published on

1949年1月17日、ハートフォードシャーのウェルウィン・ガーデン・シティで生まれ、イギリス最高峰のギタリストの一人となった男をここで祝おう。これはuDiscoverによる、ミック・テイラーの20曲だ。

テイラーは、彼を世界的に有名にしたグループ、ザ・ローリング・ストーンズの50周年記念ツアーに何度かゲストとして参加し、新世代のリスナーからも敬われるようになった。このツアー中、ロンドンの02アリーナを始めとする数々の公演で、優しい口調の名ギタリストは、1969年にブライアン・ジョーンズの後任を勝ち取った腕がいまだに健在であることを証明した。

もちろん、若き日のテイラーが高いプレッシャーを乗り越えたのは、それが初めてではなかった。1967年、彼はファンだったジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズを説得し、バンドに加入。この有名なバンドでピーター・グリーンの後任となり、偉大な英国ギタリストになる訓練を積んだのである。

Crusade

メイオールはテイラーが加入したザ・ブルースブレイカーズのラインナップを気に入っており、1967年、Melody Maker誌にこう語っている。「メンバー・チェンジに伴って、僕達はバンド名をジョン・メイオール&ザ・フェイスレス・ファイヴ(顔なしの5人)に変えようかと思っている。それで、全員が前ブルースブレイカーズの顔マスクを被るんだ。ミックはエリック・クラプトンのマスクで、キーフはヒューイー・フリントのマスク。そうすればみんなは、僕達だと気づいてくれるだろう」

Mick Taylor 3

テイラーはメイオールと過した2年間で、その名声を磨き上げた。その後、ストーンズから運命を変える電話を受け取ったのである。彼は長い全米ツアーの終了後にザ・ブルースブレイカーズを離れ、1969年の夏、最も公の会場であるハイドパークでの無料コンサートで、初めてロックの巨匠とステージに上がった。

多くの人達が、テイラーを、ストーンズとプレイした中で一番優れた技術を持つミュージシャンとして認めており、彼の在籍が5年以上続かなかったことを遺憾に思っている。しかし彼は、レコーディングにおいてもライヴにおいても、間違いなくストーンズの黄金時代の一部であり、そのことは特に『Let It Bleed』、『Sticky Fingers 』、『Exile On Main St(邦題:メイン・ストリートのならず者)』に顕著に見られる。また、テイラーはバンドを離れる前に、『Goats Head Soup(邦題:山羊の頭のスープ)』と1974年の『It’s Only Rock ‘n’ Roll』でもプレイしている。

Mick Taylor 2

その後のテイラーは、彼自身のレコード制作に加えて、ステージ上とレコードの両方で様々なコラボレーションや貢献を行なった。共演したのは、マイク・オールドフィールド、ジャック・ブルース、ボブ・ディラン、グレイトフル・デッド、アルヴィン・リー、リトル・フィート、その他多数。彼は、1989年、ローリング・ストーンズと共にロックの殿堂入りを果たしている。

2013年、チャーリー・ワッツは、テイラーがバンドにもたらした貢献について、「ミック・テイラーを迎えたのはいい選択だった。彼はバンドを猛烈に向上させてくれたからね」と、大きな賛辞を述べている。「当時、彼自身は気づいていなかったかもしれないが、彼は本当によくやってくれた。ミックとキースから受け取った素晴らしい曲の数々を彼は演奏したんだ。素晴らしい作曲期間だった。俺達にとって、最も音楽的な期間だった。それは、ミック・テイラーの演奏法のおかげだったと俺は思う。彼は非常にリリカルなギタリストだった」


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss