(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

「ウッドストック 1999」を描いたドキュメンタリーが配信:熱波、高額な水、火事、喧嘩、暴動

Published on

Photo: KMazur/WireImage

今年は音楽ドキュメンタリー作品が多数公開されているが、その中でも、1999年に開催された悪名高いフェスティバル「ウッドストック 1999」を題材にした新作映画『Woodstock 99: Peace, Love, and Rage』(直訳:ウッドストック 1999: ピース、ラヴ、そして暴動)というタイトルで、2021年7月23日からHBO Maxで公開される(日本での配信は未定)。

今月末の公開に先立ち、HBO Maxが予告編を公開した。そこには、猛烈な熱波、高額な水のボトル、喧嘩、火事、そしてリンプ・ビズキットが「何か壊すものをくれ」と叫んだ後に起きた暴動など、不運な3日間のフェスティバルの波乱に満ちた出来事が収められている。

<関連記事>
“ブラック・ウッドストック”の物語『サマー・オブ・ソウル』日本公開決定
ウッドストック・フェスティバルのパフォーマンス・ベスト15
現代のミュージック・フェスティバルはいかに変貌を遂げたか

Woodstock 99: Peace, Love, and Rage (2021) | Official Trailer | HBO

「ウッドストック 1999」は、1969年の「ウッドストック」の30周年を記念、そして1994年の「ウッドストック 1994」の後に開催された。しかしながら、平和、愛、音楽というオリジナルのメッセージとは全く対照的な成果に終わった。

ドキュメンタリー『Woodstock 99: Peace, Love, and Rage』は、主催者であるマイケル・ラングとジョン・シャーのインタビューをはじめ、コーンのジョナサン・デイヴィス、モービー、ジュエル、オフスプリング、クリードのスコット・スタップとルーツのタリク・”ブラック・ソート”・トロッターなど、このイベントに出演したアーティストのインタビューを収録。監督はギャレット・プライスが担当している。

また、フェスティバルの参加者へのインタビューでは、「ウッドストック 1999」の盛り上がり、落ち込み、そして現場のカオスの状態について語られている。

このフェスティバルの犠牲者の中には、イベント自体も含まれており、最近では2019年春に50周年を記念した「ウッドストック50」が開催される試みがなされた後も、紆余曲折の後、結局開催されることはなかった。

『Woodstock 99: Peace, Love, and Rage』は、音楽史の節目となる瞬間や重要人物を探求する新しいドキュメンタリーシリーズ「Music Box」の最初の作品となる。

このシリーズには、クリストファー・フリアーソン監督によるDMXについての映画、ペニー・レイン監督による『Listening to Kenny G』、ジョン・マジオ監督によるビージーズの元マネージャーであるロバート・スティグウッドを描いた『Mr. Saturday Night』、そしてトミー・オリバー監督によるジュース・ワールドのドキュメンタリー作品などが予定されている。

Written by Sam Armstrong



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss