(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ザ・ウィークエンド「Blinding Lights」が全米シングルチャートの在位最長記録を更新

Published on

Photo: Brian Ziff

ザ・ウィークエンドが2019年11月に発売し、大ヒットとなったシングル「Blinding Lights」が、全米シングルチャート(Billboard Hot 100)での最多滞在週数の記録を更新した。

アルバム『After Hours』に収録され、広く評価されているこの曲は、最新チャートにて88週滞在。今までこの記録を保持していたのはイマジン・ドラゴンズによる「Radioactive」の87週だった。

現時点での過去のチャートイン在位TOP10は下記の通り。

88週 ザ・ウィークエンド「Blinding Lights」2021年
87週 イマジン・ドラゴンズ「Radioactive」2014年
79週 エイウォルネイション「Sail」2014年
76週 ジェイソン・ムラーズ「I’m Yours」2009年
69週 リアン・ライムス「How Do I Live」1998年
68週 LMFAO「Party Rock Anthem」2012年
68週 ワンリパブリク「Counting Stars」2014年
65週 ジュエル「Foolish Games / You Were Meant for Me」1998年
65週 アデル「Rolling in the Deep」2012年
64週 キャリー・アンダーウッド「Before He Cheats」2007年

<関連記事>
ザ・ウィークエンドの20曲【全曲動画付】:頂点へと昇りつめた異端児
『After Hours』は、いかにして「コロナ時代のサントラ」となったか?

[和訳MV] The Weeknd – Blinding Lights / ザ・ウィークエンド – ブラインディング・ライツ [公式]

「Blinding Lights」は全米シングルチャートのトップ100のチャートイン記録だけはなく、TOP5、TOP10、TOP20、TOP40もそれぞれのチャートイン記録も保持している。

また、ザ・ウィークエンドはアルバム『After Hours』以来となる新作アルバムからのファースト・シングル「Take My Breath」を8月6日に公開。この新曲についてNMEは、「ザ・ウィークエンドの新時代の始まりとして、“Take My Breath”は強力な第一歩であり、『After Hours』のヒット曲と同様に、ポップスの主役になるべきものだ」と絶賛している。

ザ・ウィークエンドは先日、GQの取材に対して来るべき新作LPは「ずっと作りたかったアルバム」だと語っており、また彼は、Apple Musicのラジオ番組「Memento Mori」にて、次のアルバムに影響を与えたアーティストとして、Nas、スウェディッシュ・ハウス・マフィア、キッド・カディ、カニエ・ウェスト、タイラー・ザ・クリエイター、そしてブリトニー・スピアーズらの名前や楽曲を挙げている。

【和訳】The Weeknd – Take My Breath / ザ・ウィークエンド – テイク・マイ・ブレス | Blinding Lightsを収録したアルバムに続く新作からの先行曲

Written By Tim Peacock



ザ・ウィークエンド「Take My Breath」
2021年8月6日発売
iTunes / Apple Music / Spotify / Amazon Music / YouTube Music




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss