(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ワイドスプレッド・パニックの創設メンバーで、長年ドラマーを務めたトッド・ナンスが57歳で逝去

Published on

Photo: Rick Diamond/WireImage

ワイドスプレッド・パニック(Widespread Panic)の創設メンバーで、長年ドラマーを務めたトッド・ナンス(Todd Nance)が57歳で逝去した。彼の遺族が発表した声明によると、トッド・ナンスは、2020年8月19日の朝、”慢性疾患による突発的で予期せぬ重度の合併症 “により、ジョージア州アテネで亡くなったという。

<関連記事>
2020年に亡くなったミュージシャン、音楽業界の関係者たち

 

この投稿をInstagramで見る

 

From the Nance Family: It is with great sadness that we announce that Todd Nance, a founding member of Widespread Panic, passed away early this morning in Athens, GA from sudden and unexpectedly severe complications of a chronic illness. There are no services being planned at this time, but information will be shared as decisions are made regarding the best way to honor Todd’s extraordinary life and career. The Nance family appreciates the love and support of all and requests that their privacy be honored during this hard time. ______ From the Widespread Panic Family: With heavy Hearts and Loving memories we say good bye to our Brother Todd Alton Nance. Widespread Panic was born the night of Todd’s first show. He and Mikey had played music together in High school (maybe Junior high) and with a lucky thought, Michael tracked him down and asked him to join us – because we had a gig, but needed a drummer. For thirty years Todd was the engine of the Widespread Panic. He wrote great songs, and was a giving and forgiving collaborator. T Man was the epitome of a “team player.” Drove the Band and drove the van. Funny, adventurous, and a very kind Soul, we wish Todd and his Family peace during this sad time after so many happy times. Safe travels, Brother Todd. With Love, the Boys and Girls of Widespread Panic

Widespread Panic(@widespreadpanichq)がシェアした投稿 –

1962年、テネシー州チャタヌーガで生まれたトッド・ナンスは、子供の頃から熱心に音楽を演奏し、レーナード・スキナードなどのサザン・ロックに影響を受けて育った。高校時代には、ワイドスプレッド・パニックのギタリスト、マイケル・ハウザーと自身初のバンド、ジャスト・アス(Just Us)を結成し、1986年に、シンガー兼ギタリストのジョン・ベル、ベーシストのデイヴ・スクールス、パーカッショニストのドミンゴ・S・オーティズらと共にワイドスプレッド・パニックを結成した。

ワイドスプレッド・パニックはすぐに地元アテネで熱狂的なファンを獲得し、1988年にデビューアルバム『Space Wrangler』をリリース。90年代になると、彼らは国内最大のツアーバンドの1つとなり、ブルース・トラヴェラーやフィッシュと共にサマー・ロック・フェスティバル“H.O.R.D.E.”ツアーに参加し、コロラド州のレッドロックス野外劇場やアトランタのステート・ファーム・アリーナといったスタジアム級の会場で行われた数え切れないほどの公演によって、ソールド・アウト・ショウの記録を塗り替えた。その後、ワイドスプレッド・パニックは2002年のボナルー・フェスティバルで初のヘッドライナーを務めたが、これはマイケル・ハウザーが膵臓癌で亡くなる数ヶ月前のことだった。

Bonnaroo Classics: Widespread Panic with Dottie Peoples – Tall Boy

トッド・ナンスは、バンド結成当初からの全11作のスタジオ・アルバムでパフォーマーとして参加し、共同作曲者としてもクレジットされており、2011年の『Dirty Side Down』が彼が参加した最後のアルバムとなった。今作収録されている「Clinic Cynic」では珍しくトッド・ナンスがヴォーカルを務めている。

Clinic Cynic – Widespread Panic

2014年に一度、個人的な事情を理由にワイドスプレッド・パニックを脱退したトッド・ナンスは、2016年に数回にわたるライヴのために復帰したが、同年後半には完全にバンドから身を引いた。

ヴィック・チェスナットをフィーチャリングしたワイドスプレッド・パニックのサイド・プロジェクト、ブルート(Brute)でも活動していた彼は、スーパーグループ、バーバラ・キュー(Barbara Cue)の共同創設者でもあり、インターステラー・ボーイズ(Interstellar Boys)やトッド・ナンス&フレンズ(Todd Nance & Friends)といったバンドを通して様々な才能溢れるミュージシャンたちとライヴ活動を行っていた。

ワイドスプレッド・パニックはトッド・ナンスの訃報を受けて、次のような声明を発表している。

「深い悲しみと愛すべき思い出と共に、私達のブラザーであるトッド・アルトン・ナンスに別れを告げます。ワイドスプレッド・パニックはトッドの初ライヴの夜に誕生しました。彼とマイキーは高校(おそらく中学でも)で一緒に音楽をやっていたことから、ライヴをやるのにドラマーが必要だった時に幸運にもマイケルが彼を探し出し、バンドに参加しないかと声を掛けました。30年間、トッドはワイドレッド・パニックの原動力でした。素晴らしい作曲家であり、寛容で寛大な共作者でもありました。Tマンは“チーム・プレイヤー”のお手本のような存在で、バンドを牽引し、バンを運転してくれました。面白くて、冒険好きで、とても優しい心の持ち主でした。多くの幸せな時間を過ごした後に訪れたこの悲しい時に、トッドと彼のご家族の平穏をお祈りします。ブラザー・トッド、安らかな旅路を」

Written By Sophie Smith




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss