ザ・ウィークエンドが語る、クインシー・ジョーンズが教えてくれた大切なこと

Published on

Photo: Axelle/Bauer-Griffin/FilmMagic

2021年9月23日、Black Music Action Coalitionが主催する第1回Music in Action Awardsにて、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)、H.E.R.、モータウンの会長/CEOのエティオピア・ハブテマリアム、弁護士のダイナ・ラポルとベンジャミン・クランプらがそれぞれ初の受賞の栄冠を得た。この授賞式は、ウェストハリウッドの「1 Hotel」で行われた。

<関連記事>
ザ・ウィークエンド新曲「Take My Breath」の先にある“夜明け”とは?
『After Hours』は、いかにして「コロナ時代のサントラ」となったか?

ザ・ウィークエンドは、クインシー・ジョーンズ・ヒューマニタリアン賞を受賞するために出席し、音楽界のアイコンであるクインシーが彼のキャリア初期にいかに影響を与えたかについて、感動的なスピーチを披露した。

「クインシー・ジョーンズに初めてお会いしたのは、ずいぶん前のラスベガスでした。彼は僕のクラブショーに現れて、僕がステージから降りると、彼は脇で待っていてくれた。ステージの反対側にはファンがいて、私の注意を引こうと叫んでいましたが、私は彼、クインシー・ジョーンズに集中していました」

「そうしていると彼は私に、“ファンのところに行って写真を撮ったりサインをしたりしなさい、私はまだここで待っているから、彼らのほうが重要だ” と言ってくれました。あの言葉は今日まで私の心に残り続けています。彼は、人々よりも大切なものはない、そしてお返しをすることは受け取るよりも常に良いことだという教訓を私に教えてくれたんです」

「そして今夜、クインシー・ジョーンズに敬意を表して、私はこの栄誉ある賞を受け取ります。これまでの人生で得た最高の賞です、本当に」

また、米ビルボードはウィリー・”プロフェット”・スティガースのスピーチを報じており、それによると、「口先だけではない何かをすること、私たちは皆、その共通の目標を共有しています」と、この夜の司会者ケニー・バーンズに紹介された後、満員のボールルームで語っている。「それが、今夜ここに集まった理由です。そして、これからもお互いに励まし合い、祝い合い、支え合っていきたいと思います」

この賞のもう一人の共同受賞者はH.E.R.だったが、彼女は出席できなかった。彼女に代わって受賞したのは、Universal Music Publishing GroupのA&R共同責任者であるウォルター・ジョーンズ。ジョーンズは、H.E.R.を「妹」と呼び、彼女の曲「I Can’t Breathe」を挙げて、「彼女は聴かれる機会をつかみ、それを真剣に受け止めている」と述べた。H.E.R.はビデオで使って、「声を上げて立ち上がる新しい世代の一員であることを誇りに思います」と語った。

クラレンス・アバント・トレイルブレイザー賞を授与されたエティオピア・ハブテマリアムは、ビデオ映像の前にアヴァ―ント、彼女の右腕であるジェフ・ハールストン(ユニバーサル・ミュージック・グループ ゼネラル・カウンセル/ビジネス・リーガル担当エグゼクティブ・バイスプレジデント)、クオリティ・コントロールCOOのケビン・”コーチK”・リー、賞のプレゼンターでワーナー・チャペルのA&Rシニア・ディレクターのブランドラ・リンゴから賛辞を受けた。

このほかにも、BMAC Agent of Change Awardが、エンターテインメント弁護士でアーティストの権利を擁護するLaPolt Law P.C.のダイナ・ラポル、公民権弁護士のベンジャミン・クランプ、デザイナーで活動家のオーロラ・ジェームズに授与されている。

Written By Sam Armstrong



ザ・ウィークエンド「Take My Breath」
2021年8月6日発売
iTunes / Apple Music / Spotify / Amazon Music / YouTube Music




Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version