(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ザ・ストリーツ、約10年ぶりの新作からテーム・インパラをゲストに迎えた新曲公開

Published on

マイク・スキナー(Mike Skinner)によるプロジェクト、ザ・ストリーツ(The Streets)が新たなミックス・テープからテーム・インパラをフィーチャリングした新曲「Call My Phone Thinking I’m Doing Nothing Better」の音源を公開した。

アニー・マックがホストを務めるBBCラジオ1の番組の中で解禁された同曲は、アイランド・レコードから2020年7月10日に発売が予定されている『None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive』からの先行シングルとなる。ザ・ストリーツの約10年ぶりの新作となるこのミックス・テープは、アイドルズ、ハク・ベイカー、ミス・バンクスらとのコラボレーション楽曲など、全12トラックを収録している。

音源の解禁にあわせて公開された「Call My Phone Thinking I’m Doing Nothing Better」のミュージック・ビデオは、マイク・スキナーが旧式の携帯電話を手に持っているシーンから始まり、その画面には“ソーシャル・ディスタンシング(Social Distancing)”の文字が表示されている。

閑散としたスキー場を訪れた彼は、友人であるテーム・インパラのケヴィン・パーカーに電話をかけようする。 一方で、日当たりの良いロサンゼルスの家に立てこもっているように見えるケヴィン・パーカーは 「君に電話をかけ直すつもりだった、嘘じゃない」と歌う。その後もマイク・スキナーは、Donae’O、ミス・バンクス、Käsien、Dapz on the Mapら、彼のミックステープに参加するコラボレーターたちに次々と電話をかける。

The Streets, Tame Impala – Call My Phone Thinking I'm Doing Nothing Better

 

このミュージック・ビデオは、2011年の『Computers And Blues』に続く、ザ・ストリーツの作品となる『None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive』の内容を予告し、今作へ期待を煽っている。公式声明によると、マイク・スキナーは当初、ラップグループ“マーケイジ”とのスーパーグループ・プロジェクトである“トンガ・バルーン・ギャング”の新作をレコーディングするつもりだったが、代わりに、マーキュリー賞にノミネートされたパンク・グループのアイドルズ、注目の気鋭ラッパー、ジモシー・ラコステ、バーミンガムが誇る伝説的ラッパー、Dapz On The Mapなど、様々なアーティストとのレコーディングを開始したという。

バーミンガムを拠点に活動するマイク・スキナーは公式声明の中で、このミックステープは、人々が過度な繋がりを持つ現代世界におけるコミュニケーション(あるいはその欠如)をひとつの大きなテーマとして展開していることを明かしている

「ファースト・アルバムの頃(2002年)には、例えば、今どこにいる?と電話で訊かれて、パブにいる。家にいる。馬券売り場にいる。もしくはケバブを買うところ、といったコミュニケーションが容易で、単純明快でありながらも、誰もそれについて書いたことがなかった。一方でこのレコードの制作中は、基本的にすべてのやりとりが携帯電話上で行われていたんです」

マイク・スキナーはザ・ストリーツとしてリリースした2002年のデビュー作『Original Pirate Material』でシーンに彗星のごとく現れた。ベストセラーとなった同アルバムはマーキュリー賞他、ブリット・アワードでも多部門にノミネートされ、2000年代にリリースされたイギリス人アーティストのアルバムとしては、最も影響力のある作品の一つとして広く知られている。

7月10日に発売が予定されている最新作『None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive』のトラックリストは下記の通り。

1. Waiting For It To Stop (ft. Tame Impala)
2. None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive (ft. IDLES)
3. I Wish You Loved You As Much As You Love Him (ft. Donae’O and Greentea Peng)
4. You Can’t Afford Me (ft. Ms Banks)
I Know Something You Did (ft. Jesse James Solomon)
6. Eskimo Ice (ft. Kasien)
7. Phone Is Always In My Hand (ft. Dapz on the Map)
8. The Poison I Take Hoping You Will Suffer (ft. Oscar #Worldpeace)
9. Same Direction (ft. Jimothy Lacoste)
10. Falling Down (ft. Hak Baker)
11. Conspiracy Theory Freestyle (ft. Rob Harvey)
12. Take Me As I Am (with Chris Lorenzo)

Written By Sophie Smith



ザ・ストリーツ『None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive』
2020年7月10日発売
iTunes / Apple Music / Spotify



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss