(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

スティング、5年ぶりのオリジナル・アルバム『The Bridge』を11月に発売。先行曲配信スタート

Published on

スティング(Sting)が、2021年11月19日に新作アルバム『The Bridge(ザ・ブリッジ)』をリリースすると発表した。

スティングは今年3月にこれまでのデュエット/コラボレーションから選曲して1枚にまとめた『Duets』をリリースしたばかりだが、オリジナル・アルバムとしては2016年の『57th & 9th(ニューヨーク9番街57丁目)』以来5年ぶりの新作となる。この発表にあわせて第1弾シングル「If It’s Love」が先行配信された。

アルバム『The Bridge』は、スタンダードCD、デラックスCD、LP、カセット、デジタル配信の各形態でリリース。デラックスCD・LPにはボーナス・トラックが3曲追加収録となり、日本盤CDにはボーナス・トラックがさらに1曲収録される。日本盤はCD通常盤とDVD付デラックス盤の2形態がリリースされる。

<関連記事>
スティング、『The Soul Cages』30周年記念版配信
『Duets』発売記念!クイズ:スティング【全10問】
ソロ・アーティストとして自らを確立した80年代のスティング

Sting – If It’s Love (Official Audio)

 

『The Bridge』は、作曲家としてのスティングの多才で多様な能力を示すと同時に、その比類なきキャリアを通じて探求されてきた、さまざまなスタイルやジャンルを反映する作品となっている。世界的規模のパンデミックにより人命が奪われ、人と人が離れ離れになり、混乱とロックダウンと未曾有の社会的/政治的混乱に見舞われた1年間に書かれた曲を収録。制作/録音の多くをリモートで行わざるを得なかった今作のテーマは、離れ離れになった人々の間に橋を架けることだという。当初からテーマを決めていたわけではないが、制作の過程でなるべくしてなったという。

多くのコンセプトやテーマを探究する本作において、“橋(ブリッジ)”が意味するものは、異なるアイデアや文化、大陸、時には川の岸辺をつなぐ、永続的に進化し続けるリンクだ。それはまた、過去につながる道でもある。こうしてスティングの基盤を形成し、まさにDNAに組み込まれた音楽や場所についての思索は深められる。楽曲についてスティングはこう語っている。

「これらの曲は、ある場所と別の場所、ある精神状態と別の精神状態、生と死、人と人の関係、そういったすべての“間”にあるものだ。このパンデミックと時代の間に挟まれ、政治的にも社会的にも心理的にも、僕らは、何かの真ん中で立ち往生している。架け橋が必要なんだ」

Photo: Eric Ryan Anderson

ロックンロール、ジャズ、クラシック、フォークなど、スティングがこれまでのキャリアを通じて用いてきた様々なスタイルやジャンルからインスピレーションを得たこのアルバムに収録されているのは、1曲目からロック全開の「Rushing Water」や新しい形のインディー・ポップとも言える「If It’s Love」などのポップ・ロック曲から、くすんだエレクトロニック・バラード「Loving You」、スティングの代表曲「Fields of Gold」の時代を彷彿とさせるロマンティックな「For Her Love」まで、どれもスティングの真髄ともいえるサウンドばかり。

シングル曲の「If It’s Love」は、一流メロディーメイカーとしての才能が証明される、アップビートかつ爽やかで癖になるポップチューン。一発でスティングとわかる声で、ストレートなラブソングとは異なるアプローチで恋愛感情を捉え、自分の症状を医者に電話することに例えて歌に乗せている曲で本人はこう語る。

「恋をし、恋に破れながらも、恋につける薬がないと歌うソングライターは、けっして僕が初めてではないし、最後でもない。“If It’s Love”は、僕がその仲間入りをした1曲であり、恋における比喩的な症状や診断、そして恋を前にしたどうにもならない無能力さは、弱々しく微笑まずにはいられないほど、誰にとっても身に覚えのあることだ」

ロックダウン中の昨年1年をかけて制作/録音された本作。スティングはスタジオに信頼を寄せるミュージシャンたちをリモートで集め、作業を進めた。メンバーは以下の通り、

ドミニク・ミラー(ギター)
ジョシュ・フリース(ドラム)
ブランフォード・マルサリス(サックス)
マヌ・カチェ(ドラム)
マーティン・キーゼンバウム(キーボード)
フレッド・ルノーディン(シンセサイザー)
バック・ヴォーカリスト:メリッサ・ムジーク、ジーン・ノーブル、ジョー・ローリー、ライラ・ビアリ

プロデュースはスティングとマーティン・キーゼンバウムが手掛けた(1曲のみ、スティング、マヤ・ジェーン・コールズ、マーティン・キーゼンバウム)。

スティングは今月末からライヴを再開する。9月27日イタリアのシチリア公演、9月30日と10月1日にはアテネの歴史的なイロド・アティコス音楽堂で講演を行う。そして10月29日から11月13日は『My Songs: The Las Vegas Residency』と題したシーザーズ・パレスのザ・コロシアムでの公演が予定されている。

Written By uDiscover Music



スティング『The Bridge』
2021年11月19日発売
CD+DVD / CD / iTunes / Apple Music / Amazon Music
日本盤ボーナス・トラック1曲収録/日本盤のみSHM-CD仕様/スティングによるライナーノーツ・日本語訳付

CD
1. Rushing Water  ラッシング・ウォーター
2. If It’s Love  イフ・イッツ・ラヴ
3. The Book of Numbers  ザ・ブック・オブ・ナンバーズ
4. Loving You  ラヴィング・ユー
5. Harmony Road  ハーモニー・ロード
6. For Her Love  フォー・ハー・ラヴ
7. The Hills on the Border  ザ・ヒルズ・オン・ザ・ボーダー
8. Captain Bateman  キャプテン・ベイトマン
9. The Bells of St. Thomas  ザ・ベルズ・オブ・セント・トマス
10. The Bridge  ザ・ブリッジ
11. Waters of Tyne  ウォーター・オブ・タイン
12. Captain Bateman’s Basement  キャプテン・ベイトマンズ・ベースメント
13. (Sittin’ on) The Dock of the Bay  ドック・オブ・ベイ
14. I Guess the Lord Must Be in New York City  孤独のニューヨーク
デラックス盤DVD
・Interview & Track by Track  インタヴュー&トラック・バイ・トラック<日本語字幕付>
・If It’s Love (Music Video)  イフ・イッツ・ラヴ(ミュージック・ビデオ)
・Rushing Water (Music Video)  ラッシング・ウォーター(ミュージック・ビデオ)




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss