(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

リンゴ・スター新EP『Zoom In』発売決定。先行曲にはポールやジョー・ウォルシュ、レニクラらが参加

Published on

Ringo Starr - Zoom In

リンゴ・スター(Ringo Starr)が新作EP『Zoom In』を2021年3月19日に発売することが発表となり、EPに収録される「Here’s to the Nights」が先行公開となった。平和、愛、友情のメッセージが込められたこの楽曲はソングライター、ダイアン・ウォーレンによる作曲。

ロックダウン中でレコーディングされた新曲「Here’s to the Nights」には、以下の新旧の友人が参加している。

参加アーティスト;
・ポール・マッカートニー
・ジョー・ウォルシュ
・フィニアス
・シェリル・クロウ
・クリス・ステイプルトン
・レニー・クラヴィッツ
・ベン・ハーパー
・デイヴ・グロール
・ジェニー・ルイス
・コリーヌ・ベイリー・レイ
・エリック・バートン
・ヨーラ

<関連記事>
ポールが新作『McCartney III』や映画『The Beatles: Get Back』について語る
リンゴが、ビートルズの新ドキュメンタリー映画『Get Back』について語る

Ringo Starr – Here's To The Nights (Official Video)

リンゴはこの新曲について下記のようにコメントしている。

「ダイアンからこの曲を聴かされたとき、ぼくはこの曲に込められた想いが気に入ったんです。これはみんなが一緒に歌いたくなる曲で、それに大勢の素晴らしいミュージシャンたちが参加してくれたのは、本当に素晴らしいことです。何とか年が明ける前にリリースしたいと思ったのは、この曲がとても困難だった一年を終えるのにふさわしい曲だと思えたから。だから、この曲はぼくたちが忘れたい夜と忘れられない友人たちに贈りたいと思っています。そして、2021年の平和と愛をみんなに願っているよ」

リンゴはパンデミック中にEPの1曲目に収録された「Zoom In, Zoom Out 」を書いたジェフ・ゾバー、ギターのロビー・クリーガーを含む、多くのソングライターやプロデューサーと本作を共作。「Teach Me to Tango」を書き、プロデュースしたサム・ホランダーは、ほぼ完成したトラックをリンゴに送り、そこにリンゴはヴォーカルと、
それからもちろんドラムを追加した。

また、リンゴはエンジニアのブルース・シュガーと「Waiting for the Tide to Turn」を共同で書き、それにトニー・チェンと彼の幅広いレゲエのルーツを加えた。そして「Not Enough Love in the World」は、長年のオール・スター・バンドのメンバーであるスティーヴ・ルカサーとジョセフ・ウィリアムズによって書かれている。

録音は新型コロナウイルスについてのあらゆる予防策を講じて、ほんの数人ずつのミュージシャンをスタジオに招いて行われた。リンゴと共に集まったのは、ミュージシャンのネイサン・イースト(ベース)、スティーヴ・ルカサー(ギター)、ブルース・シュガー(シンセ・ギター)、ベンモント・テンチ(ピアノ)、チャーリー・ビシャラット(ヴァイオリン)、ジェイコブ・ブラウン(チェロ)、ジム・コックス(ストリングスとシンセ・ストリングス)のメンバーだ。


Ringo Starr - Zoom In
リンゴ・スター『Zoom In』
2021年3月19日発売
CD&Analog / iTunes / Apple Music / Spotify / Amazon Music
日本盤のみ:解説・歌詞対訳付/SHM-CD仕様

<収録曲>
1. Zoom in, Zoom Out
2. Here’s to the Nights
3. Waiting for the Tide to Turn
4. Not Enough Love in the World
5. Teach Me to Tango

RINGO STARR, ZOOM IN Credits
Produced by: Ringo Starr
Co-Produced, Recorded and Mixed by: Bruce Sugar
Recorded at: Roccabella West Beverly Hills, CA.
Mastered by: Chris Bellman at Bernie Grundman Mastering

Zoom in Zoom Out
Ringo Starr : Drums percussion and vocals
Robby Krieger: Guitar
Jeff Silbar: Bass, Guitar
Benmont Tench: Piano, Organ
Amy Keys BGV
Windy Wagner BGV

Here’s to the Nights
Ringo Starr: Drums and Vocals
Steve Lukather: Guitar
Nathan East: Bass
Benmont Tench: Piano
Bruce Sugar: Synth Guitar
Jim Cox: String Arrangement and Synth Strings
Charlie Bisharat: Violin
Jacob Braun: Cello
Guest Vocals: Paul McCartney, Joe Walsh, Ben Harper, Dave Grohl, Sheryl Crow, Chris Stapleton, Steve Lukather, Jenny Lewis, Lenny Kravitz, Corinne Bailey Rae, Eric Burton, Yola, and FINNEAS.

Waiting For The Tide To Turn
Ringo Starr: Drums and Vocals
Nathan East: Bass
Bruce Sugar: Keyboards
Tony Chen: Guitar
Ed Roth: Hammond B3
Zelma Davis: BGV

Not Enough Love in the World
Ringo Starr: Drums,Percussion, vocals
Steve Lukather: Guitars BGV
Joseph Williams: Keyboards, BGV
Arrangement by Joseph Williams

Teach Me To Tango
Ringo Starr – Percussion, Vocals, 1 drum fill
Grant Michaels – Keyboards
Josh Edmondson- Guitar
Sean Gould – Guitar
Kavah Rastegar – Bass
Candace Devine – BGV
Zelma Davis – BGV
Charity Daw – BGV
James King – Horns
Blair Scinta – Drums
Hal Rosenfeld – Percussion
Sam Hollander – BGV
Produced by Sam Hollander
Co Produced by Grant Michaels
Mixed by Chris Dugan




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss