フレディ亡きあとも続く日本とクイーンの絆、限定ベスト盤とサマソニ出演:毎週公開中の動画第15話

Published on

バンドの結成50周年を記念して毎週1本ずつ全50本の動画が公開されているクイーンのビデオシリーズ「Queen The Greatest」の第15弾のエピソードが公開された。

前回の第14弾に続き、今回の動画も日本とクイーンとの絆について。両者の関係は、1970年代から80年代にかけてのジャパン・ツアーを通じてしっかりと確立された。その後クイーンは、2005年にポール・ロジャースを迎えて再来日し、2014年にはアダム・ランバートを迎えて日本に舞い戻った。

<関連記事>
ロジャー・テイラー、約8年ぶりのソロアルバム『Outsider』を10月に発売決定
ブライアン・メイ「Driven By You」制作背景を語る「フレディが祝福してくれた」

クイーンの音楽は、90年代から21世紀にかけて日本で愛され続けている。多くのテレビCMで楽曲が使われたり、2004年に放送された木村拓哉主演のドラマ『プライド』の挿入歌としてクイーンの楽曲が使用されたことで音楽ファン以外にも人気が再燃し、日本限定のベスト・アルバム『Queen Jewels』が発売された。このアルバムは100万枚以上の売り上げを記録し、「I Was Born To Love You」も洋楽シングルチャートで1位を獲得した。

2014年には、日本最大級のロックフェス「サマーソニック」のヘッドライナーとして出演。クイーンは日本で最も人気のある外国人バンドとしての地位を確立した。そのサマーソニックでは、クイーン+アダム・ランバートが日本で人気のある「I Was Born To Love You」を演奏している。クイーンの長年の友人であるプロモーターの宇都宮カズは動画の中でこう語る。

「サマーソニックは、グラストンベリーや夏の音楽フェスティバルの最大級の野外ライブのようなもので、大阪と東京で開催しました。私は何度も何度もサマソニを見てきましたが、ファンやレコード会社の人たちを含め、誰と話しても、おそらく20年くらいのサマソニの歴史の中で、最大のヘッドライナー・アクトだったと言えると思います」

クイーン+アダム・ランバートは、昨年1月にも日本を訪れ、4回のアリーナ公演で13万2,000人を動員し、ソールドアウトにするなど、日本での人気とファンの愛は今も続いている。宇都宮カズはこう語る。

「日本のファンが彼らを愛していたとしても、クイーンがそのような愛を返していなければ、彼らは日本でここまで大きくならなかったでしょう。そして、それは文化の相互尊重、人々の相互尊重であり、最高の歌によって結ばれているのだと思います」

今回公開された動画は、ブライアン・メイが観客に向かって挨拶して「手をとりあって」を演奏するシーンで締めくくられる。「これはみなさんのための特別なものです」とMCをした後でギターを弾く。その観客の喜びの声から、クイーンと日本の絆が今も変わらずに続いていることがわかるだろう。

Written By Tim Peacock


クイーン【リミテッド・エディション】シリーズ全15タイトル発売決定

クイーン結成50周年を記念して、長らく入手困難だったオリジナル・アルバム全15タイトルの【リミテッド・エディション】が、日本でのみ再発決定!!

SHM-CD2枚組、各2,934円(税込)
2021年5月19日発売

【クイーン結成50周年記念キャンペーン】
2021年5月19日(水)発売のクイーン【リミテッド・エディション】シリーズ全15タイトルと対象カタログ作品の中から、1タイトルご購入毎に、先着購入者特典として、特製トレーディング・カードをランダムで1枚プレゼント。特製トレーディング・カードは全50種類。

詳しくはこちら


1992年の1stソロ作がリマスター&2CDで発売
ブライアン・メイ『Back To The Light』

2021年8月6日発売
(国内盤CD発売は8月11日に変更)
国内盤2CD / 国内盤1CD / 2CD+1LP / LP

8年ぶりの新作アルバム
ロジャー・テイラー『Outsider』

2021年10月1日発売
輸入盤CD/LP / iTunes


 


 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version