(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

クイーン+アダム・ランバートによるライヴ映像作品がiTunesとAmazon Videoで販売/レンタル開始

Published on

Photo: Kevin Mazur/Getty Images for Global Citizen

クイーン+アダム・ランバートによるライヴ作品『Live Around The World』の映像部分が単体でデジタル・リリースされた。iTunes、Amazon Videoからダウンロードして購入、またはレンタルすることができる(iTunesはこちらAmazon Videoはこちら)。

同時にバンドは、2014年6月16日にロサンゼルスのiHeart Radio Theatreで行われた、北米ツアーのプレビュー公演として行われた40分のライブ・セットから「Love Kills」のパフォーマンスをYouTubeで公開した。これは、世界中でクイーン+アダム・ランバートのライヴ現象となる前兆のころのものだ。

<関連記事>
挑戦!クイズ「クイーン+アダム・ランバート」全10問
アダム・ランバートがどうやってクイーンを復活させたのか:本人が語る

Queen + Adam Lambert – Love Kills (iHeart Radio Theater, Los Angeles, USA, 2014)

『Live Around The World』のBlu-rayやDVDは、CDと一緒に2020年10月2日に発売された。この作品は、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、アダム・ランバートがこれまでに出演した200以上のショーの中から選曲した世界中のコンサートのハイライトを収録したもので、その中のいくつかは今回が初公開となっている。ロック・イン・リオ、リスボン、イギリスのワイト島フェスティバル、サマーソニック、そして厳選されたイギリスと北米ツアーの日程をカバーしており、ダラスでダラス・カウボーイズ・チアリーダーズと共演した「Fat Bottomed Girls」や2016年のワイト島フェスティバルのヘッドライン公演での「Who Wants To Live Forever」など、彼らのライブショーの喜びとドラマは忘れられないものとなっている。

デジタル版の『Live Around The World』には、DVDやBlu-rayと同様に、バンドが初めて1985年のライヴ・エイドを再現した22分間のSydney Fire Fight Australia公演も収録されており、そこで彼らはクイーンの歴史に残る1985年のライブ・エイド・セットをフルで演奏している。この中ではフレディ・マーキュリーの象徴的な「Ay-Oh」までもがフィーチャーされており、多くの音楽評論家から2020年のベスト・ライブ・パフォーマンスとして選ばれている。さらに、ロジャー・テイラーの息子であるルーファス・テイラーとロジャーによる「Drum Battle」や、ブライアン・メイのギター・ソロ「Last Horizon」のパフォーマンス映像も収録されている。

『Live Around The World』は発売初週に全英アルバム・チャートで1位を獲得し、クイーンにとって10枚目のイギリスでのチャートトップとなり、1995年11月の『Made In Heaven』以来の25年ぶりの1位獲得アルバムとなった。

この新譜の成功により、クイーンはエミネム、マイケル・ジャクソン、ロッド・スチュワート、U2らと並び、10枚のアルバムが全英1位を獲得したアーティストとなった。クイーンのイギリスでの最初のベストセラーは1975年12月の『A Night At The Opera』。1995年の『Made In Heaven』での最後の首位までに『A Day At The Races』(1976年)、『The Game』(1980年)、1981年の記録的なベスト盤『Greatest Hits』、『A Kind Of Magic』(1986年)、『The Miracle』(1989年)、そして『Innuendo』と『Greatest Hits II』(両方とも1991年)でチャートのトップに立っている。

2009年、アダム・ランバートが出場したアメリカン・アイドル第8シーズンのフィナーレでブライアン・メイとロジャー・テイラーがゲストとして共演して以来、クイーン+アダム・ランバートの組み合わせは強さを増している。2020年初頭のオセアニアツアーでは、シドニーのANZスタジアムでの1公演で6万人以上の観客を動員するなど、記録的な観客動員数を記録し、これまでに全世界で400万人の観客を動員してきた。ライブへの復帰を切望している同バンドは、延期されていた2020年のヨーロッパツアーを、条件が整えば再開することが期待されている。

Written by Tim Peacock


クイーン+アダム・ランバート『Live Around The World』
2020年10月2日発売
CD+Blu-ray / CD+DVD / CD / LP / iTunes / Amazon Video
※日本盤CDのみSHM-CD仕様




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss