(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

マイケル・スタイプ、パティ・スミスらが環境問題を訴える団体主催の公演に参加

Published on

気候変動の問題を訴える団体Pathway To Parisが主催し、2017年11月5日にニューヨークの伝説的な会場カーネギー・ホールで予定されているするコンサートに、元R.E.M.のフロント・マン、マイケル・スタイプ、パティ・スミス、キャット・パワー、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフリーなどの大御所アーティストが多数参加することが発表となった。

このイベント「Pathway to Paris: Concert to Fight Climate Change(気候変動と戦うためのコンサート)」は、ドイツのボンで開催される国連の気候変動会議COP23の前夜に行われる。大いに期待されるこのイベントでは、マイケル・スタイプとパティ・スミス以外にも、Pathway to Paris創設者のレベッカ・フーンとジェシー・パリス・スミス、環境保護専門家のビル・マッキベン、環境活動家のヴァンダナ・シヴァなどのスピーカーの登壇も予定されている。

「時間がなくなりつつある中で、今こそ再生可能な力強い未来に向かって前進していく時なのです」とレベッカ・フーンはプレスに向けた声明で発表した。「力を合わせることで、化石燃料に頼らない回復力のある街を作り、自分たちが生活をしたい世界を作っていけるのです」と。

2015年にパリで開催された第21回気候変動枠組条約締約国会議(*ここでパリ協定が採択)の前年、2014年に創設されたPathway To Parisは、気候変動の問題に対して革新的な解決策を探し求めている。2015年12月5日にフランスの首都で行われた記念すべき初のPathway To Parisのコンサートでは、パティ・スミス、トム・ヨーク、フリー、その他多数のアーティストが参加、そして2016年9月19日に第2回がニューヨークのシティ・ワイナリーで開催され、そこではマーサ・ウェインライト、ニコール・アトキンス、そしてマーキュリー・レヴとニュー・ヨーク・ドールズのヴォーカリスト、デヴィッド・ヨハンセンとの共演もあった。

Pathway to Parisの2017年のコンサートは、国連開発計画と地球温暖化問題に取り組む国際環境NGOの350.orgと協力して行われる。Pathway to Paris: Concert to Fight Climate Changeのチケットはカーネギー・ホールのウェブサイトより購入可能。

さらに、イベントでは Pathway to Parisの最新のプロジェクト1000 Citiesも発表予定。このプロジェクトは、世界のリーダーにパリ協定の目標を上回ることを求め、2040年には世界が100%再生可能な燃料に移行することを目指すものである。

Written by Tim Peacock


Pathway to Paris第1回のダイジェスト映像


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss