(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

『Metallica』30周年を祝してApple Musicで様々なアーティストによるプレイリストが公開中

Published on

メタリカが1991年8月12日に発売したバンド最大のヒット・アルバム『Metallica』、通称『ブラック・アルバム / The Black Album』。このアルバムの発売を祝してApple Musicでは特集ページ“メタリカの世界へ”(Enter Metallica)が展開されている(リンク: https://apple.co/EnterMetallica

この特集ページ“メタリカの世界へ”では、『Metallica』の音源やメタリカの楽曲、関連するラジオはもちろんのこと、10月1日に発売となるトリビュート・アルバム『Metallica Blacklist』に参加したジャンルを超える様々なアーティストたちがメタリカを中心に、ハードロックやヘヴィメタルの楽曲を選曲したプレイリストも掲載されている。そんなアーティストたちが選んだプレイリストとコメントを抜粋してご紹介。

<関連記事>
メタリカ『Metallica / ブラック・アルバム』解説:引き算の美学で生まれた名作
『ブラック・アルバム』リマスターデラックスと全53組参加トリビュート盤を発売へ
発売当時の日本担当者が語る、大爆発寸前のメタリカと名盤“ブラック・アルバム”

 

ヴォルビート

日本でも人気を誇るデンマーク出身のヘヴィメタル・バンド。フロントマンのマイケル・ポールセンは、1999年のオーケストラライブアルバム『S&M』の「No Leaf Clover』についてこう語っている。

「メタリカのファンが何か新しいものを待ち望んでいたときに、この素晴らしい曲が出てきた。この曲を聴くたびに、感情のジェットコースターに乗っているような気分になるんだ」

 

リナ・サワヤマ

新潟生まれ、ロンドン在住のポップシンガー、リナ・サワヤマはプレイリストに2003年のアルバム『St. Anger』からタイトルトラックを選曲。その理由についてこう語っている。

「このアルバムには批判も多いんだけど、個人的にはプロダクションの生々しさが気に入っている。支離滅裂なアレンジや、耳に真っすぐぶつかってくるむき出しのボーカルミックスなど、完成するまでの葛藤が細部にまで宿っている。いつの時代もメタルは創造性のダークサイドを追求してきた。特にこのタイトルトラックでは、他とは異質のユニークな醜悪が捉えられ、サワヤマのよりヘビーな側面に多大な影響を与えていると思う。それに、史上最高のスネアドラムも収録されているし」

 

J. バルヴィン

南米を代表するコロンビア出身のレゲトン、ラテン・ポップ・シンガーのJ. バルヴィンはプレイリストに「Wherever I May Roam」を選曲。

「僕が最初に好きになったギターリフは、彼らの曲から生まれたものだ。それがきっかけでギターを習いたいと思ったし、彼らと彼らのレガシーに感謝してる。彼らは音楽業界の一時代や世代を築いた。音楽的軌跡のあらゆる面に与えた影響に対して敬意を表し、評価されるべき存在がいるとすれば、それはメタリカだ」

 

セイント・ヴィンセント

グラミー賞最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム受賞経験も米シンガーソングライターのセイント・ヴィンセントは、自身がカバーした「Sad But True」を筆頭に自身のお気にいりの楽曲を選曲。メタリカについては「音楽を聴き始めてから数年の間に、メタリカは私のDNAの一部になった」とその愛を語っている。

サム・フェンダー

2019年に発売したデビュー・アルバムがUK1位と獲得したシンガーソングライター、サム・フェンダー。「初めてメタリカを聴いたのは8歳のころ。MTVで“One”と“Enter Sandman”を聴いたんだ」と語る彼は自身がカバーした「Sad But True」を筆頭に、メタリカからハードロック、クラシックロックの名曲を選曲している。

ゴースト

アメリカでも結果を残しているスウェーデンのヘヴィメタル・バンド、ゴースト。バンドのリーダーであるトビアス・フォージは、メタリカやメタルに敬意を表した楽曲を選曲。その中で『Master of Puppets』収録曲の「The Thing That Should Not Be」についてこう語っている「この曲はメタリカのダークな曲で、デスメタルに近い。音色が少し違い、それが際立っていて、とてもヘビーで邪悪な雰囲気を醸し出しており、ラブクラフ的な歌詞でもある。この曲は30年以上に渡って私の大きなインスピレーションの源だ」

フアネス

コロンビアを代表するロックシンガーのフアネス。コロンビアのメデジンで育った彼は、1986年に発売された『Master of Puppets』のタイトルトラックを中心に選曲。このアルバムについてはこう語る。

「間違いなく、私にとって最も重要なアルバムの一つであり、私の人生に最も影響を与えた作品の一つだ。当時の街の匂いを覚えているし、何を考えていたかも覚えているし、メタリカのTシャツを着ていたことも覚えているし、部屋にあったバンド全員の写真も覚えている」

ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ

メキシコ出身の男女アコースティック・ギターデュオのロドリーゴ・イ・ガブリエーラは「私たちの音楽人生は、基本的にBM(Before Metallica)とAM(After Metallica)に分けられると語る。「メキシコシティでクラシックロックを聴いて育ったが、『Master of Puppets』を初めて聴いたときに、すべてが変わった。このアルバムは、昔も今も、私たちに大きな影響を与えている」と続ける。プレイリストには「Battery」を先頭にクラシック・ロックやメタルの楽曲が収録されている。

Written By uDiscover Team


メタリカ『Metallica』
2021年9月10日発売



メタリカ『Metallica Blacklist』
2021年10月1日発売

1. Enter Sandman – Alessia Cara & The Warning
2. Enter Sandman – Mac DeMarco
3. Enter Sandman – Ghost
4. Enter Sandman – Juanes
5. Enter Sandman – Rina Sawayama
6. Enter Sandman – Weezer
7. Sad But True (Live) – Sam Fender
8. Sad But True – Jason Isbell
9. Sad But True – Mexican Institute of Sound feat. La Perla & Gera MX
10. Sad But True – Royal Blood
11. Sad But True – St. Vincent
12. Sad But True – White Reaper
13. Sad But True – YB

1. Holier Than Thou – Biffy Clyro
2. Holier Than Thou – The Chats
3. Holier Than Thou – OFF!
4. Holier Than Thou – PUP
5. Holier Than Thou – Corey Taylor
6. The Unforgiven – Cage The Elephant
7. The Unforgiven – Vishal Dadlani, DIVINE, Shor Police
8. The Unforgiven – Diet Cig
9. The Unforgiven – Flatbush Zombies feat. DJ Scratch
10. The Unforgiven – Ha*Ash
11. The Unforgiven – José Madero
12. The Unforgiven – Moses Sumney

1. Wherever I May Roam – J Balvin
2. Wherever I May Roam – Chase & Status feat. BackRoad Gee
3. Wherever I May Roam – The Neptunes
4. Wherever I May Roam – Jon Pardi
5. Don’t Tread on Else Matters – SebastiAn
6. Don’t Tread on Me – Portugal. The Man
7. Don’t Tread on Me – Volbeat
8. Through the Never – The HU
9. Through the Never – Tomi Owó
10. Nothing Else Matters – Phoebe Bridgers
11. Nothing Else Matters – Miley Cyrus feat WATT, Elton John, Yo-Yo Ma, Robert Trujillo, Chad Smith
12. Nothing Else Matters – Dave Gahan
13. Nothing Else Matters – Mickey Guyton
14. Nothing Else Matters – Dermot Kennedy
15. Nothing Else Matters – Mon Laferte

1. Nothing Else Matters – Igor Levit
2. Nothing Else Matters – My Morning Jacket
3. Nothing Else Matters – PG Roxette
4. Nothing Else Matters – Darius Rucker
5. Nothing Else Matters – Chris Stapleton
6. Nothing Else Matters – TRESOR
7. Of Wolf and Man – Goodnight, Texas
8. The God That Failed – IDLES
9. The God That Failed – Imelda May
10. My Friend of Misery – Cherry Glazerr
11. My Friend of Misery – Izïa
12. My Friend of Misery – Kamasi Washington
13. The Struggle Within – Rodrigo y Gabriela



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss