(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ロード・フィネスがモータウンの名曲をリミックスした新作『Motown State of Mind』発売決定

Published on

ラッパーで、ヒップホップ・プロデューサー、そして「Diggin’ In The Crates Crew (D.I.T.C.)」の創設メンバーでもあるロード・フィネス(Lord Finesse)が、厳選されたモータウンの名曲をリミックスして、再構築した作品『Motown State of Mind』を2020年6月26日にMotown/UMeから配信することが発表となった。

マーヴィン・ゲイ「I Want You」のリミックスは先行して公開中。本物のDJらしいスタイルを貫き、7月24日にはA面にリミックス・ヴァージョン、B面にオリジナル・ヴァージョンを収録した45回転ブラック・ヴァイナルの7インチ・レコード7枚組ボックス・セットも発売される予定となっている。

<関連記事>
マーヴィン・ゲイの20曲:史上最もソウルフルなアーティスト
マーヴィン・ゲイの生涯を辿る:彼はいかにして真のソウルアーティストになったのか

I Want You (Underboss Remix)

オリジナルのマスターを遡り、新世代のためにキュレーションされ、アレンジされたリミックス版には、マイケル・ジャクソンの「I Wanna Be Where You Are」やデバージの「I Like It」などの有名アーティストたちのヒットや、モータウン・カタログからの隠れた名曲が収録される。

収録される楽曲のなかで注目なのはシスターズ・ラヴの「Now Is The Time」(1970年)。ウィリー・ハッチのプロデュースの下、1973年にグループは異なるバージョンを収録し、その曲は映画『ザ・マック』にて使用されたというユニークな経緯のあるトラックだが、 正式にリリースされることはなかったもの。今回のロード・フィネスの新作に収録されるものは、1973年版へのオマージュとして、ロード・フィネスとJゾーンが、この年に楽曲がリリースされたと仮定して、曲を再現している。

新作アルバムでは、 プロデューサーのトール・ブラック・ガイ(ジャイルス・ピーターソン、Lefto、アンソニー・バラデス、DJ・ジャジー・ジェフ、クエストラブらと仕事をしてきた人物)と同様に、ディンキー・ビンガム(制作・出版会社「Dinky B. Music」のCEOであり、チェンジング・フェイセズ、ニュー・エディション、カイリー・ミノーグ、ジャヒームといったアーティストをゴールドやプラチナヒットに導いたプロデューサー)とのコラボレーションも行われている。

ロード・フィネスはこの新作について下記のようにコメント寄せている。

「これまでで最高のプロジェクトです。私はたちの悪いの批評家です。そんな自分が気に入ったものであれば、誰にも何も言われないと思います」



ロード・フィネス presents 『Motown State Of Mind』
2020年6月26日発売
iTunes / Apple Music


*7インチ・レコード7枚組ボックス(輸入盤)は2020年7月24日発売予定です。

■ ロード・フィネスについて
ロード・フィネス(本名ロバート・ホール・ジュニア、1970年2月19日生まれ)は、ニューヨーク州ブロンクス出身のヒップホップ・アーティスト兼プロデューサーであり、ラップ・クルー「Diggin In The Crates(別名D.I.T.C.)」のリーダーとしてよく知られている。1989年、フィネスと元パートナーのDJマイク・スムースはワイルド・ピッチ・レコーズと契約し、翌年にデビューアルバム『Funky Technician』(後のスター・ビート・メーカー、DJプレミア、ダイアモンドD、ショウビズらをフィーチャリング)をリリース。その後間もなく、フィネスはショービズ、AG、ダイアモンドDと共にニューヨークの人気アンダーグラウンド・グループ「D.I.T.C.」を結成。後のメンバーにはファット・ジョー、O.C.、バックワイルド、ビッグLなどが名を連ねている。

1991年にリリースされた2ndソロ・アルバム『Return of the Funky Man』には、Percee PとAGがゲスト出演しているほか、フィネス自身がプロデュースした曲も収録。タイトル・トラックである「Return of the Funky Man」は、ホット・ラップ・シングル・チャートで13位を記録し、この曲は、フィネスが評判高きヒップホップ・プロデューサーとしてのキャリアをスタートさせるきっかけとなった。

フィネアスはまた、イギリスのミュージシャンであるファットボーイ・スリムの1998年のヒット曲「The Rockafeller Skank」のフックにヴォーカル・サンプルを提供したことや、ドクター・ドレーが2001年にリリースした「The Message」をプロデュースしたことでも知られている。彼はまた、ハンサム・ボーイ・モデリング・スクールの2004年のトラック「Rock ‘N’ Roll pt. 2」にもフィーチャーされ、DJキューバート、グランド・ウィザード・セオドア、ジャジー・ジェイなど、有名なDJとコラボレーションを果たしました。リンキン・パークのチェスター・ベニントンとマイク・シノダ、元ザ・ルーツのラーゼルも出演している。




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss