(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

ポインター・シスターズのボニー・ポインターが69歳で逝去。その半生を辿る

Published on

Photo by Echoes/Redferns)

伝説のヴォーカル・グループ、ポインター・シスターズ(Pointer Sisters)の創設メンバーのボニー・ポインター(Bonnie Pointer)が69歳で逝去したことを、2020年6月8日、彼女の姉で、同グループのメンバーであるアニタ・ポインターが報告した。死因は心停止だという。アニタは声明の中で下記のように述べている。

「深い悲しみと共に、今朝、私の妹ボニーが亡くなったことをポインター・シスターズのファンの皆さんにお知らせしなければなりません。私たち家族は悲しみに打ちひしがれています。私の兄妹、そしてポインター家を代表して、祈りを捧げていただけますようお願い申し上げます。私にとって親友でもあったボニーと私は毎日話していました。私たちは、人生において喧嘩をしたことが一度もありませんでした。すでに彼女が恋しいですが、いつかまた彼女に会える日が来るでしょう」

ボニー・ポインターは、彼女の姉妹であるアニタ、ジューン、ルースと共に、ポインター・シスターズのメンバーとして活躍し、1974年にグラミー賞を受賞したグループのヒット曲「Fairytale」を共作した。

1950年にカリフォルニア州オークランドで生まれたボニー・ポインターは、父親の教会でゴスペルを歌って育ち、60年代後半に妹のジューンとグループを結成、“ポインターズ・ア・ペア”として地元のクラブで音楽活動を始めた。その後、アニタ・ポインターが当時の仕事を辞めてグループに加わったことでデュオからトリオになった彼女たちは、グレイス・スリック、シルヴェスター・ジェームス、エルヴィン・ビショップといったのアーティストのバッキング・ヴォーカルを務め、ツアーを行うようになる。ロサンゼルスのウィスキー・ア・ゴー・ゴーでエルヴィン・ビショップのサポート・アクトとして出演したある晩、ジェリー・ウェクスラーの目にとまったことで、グループはアトランティック・レコーズと契約を交わした。

その後、ルース・ポインターが加入し4人組となったポインター・シスターズは、ブルー・サム・レコードに移籍後、1973年にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムをリリース。このデビュー作から、ファンクをふんだんに取り入れ、全米シングル・チャートで11位、ホット・ソウル・ソングス・チャートでも12位を記録したグループ初のヒット曲「Yes We Can Can」が生まれた。

Yes We Can Can

しかし、実際にポインター・シスターズの名を世に知らしめたのは、グラミー賞で“最優秀カントリー・パフォーマンス賞ヴォーカル入りデュオまたはグループ”を初受賞した「Fairytal」で、1975年に、エルヴィス・プレスリーがこの曲をカヴァーしたことでも注目を集めた。

Fairytale (Live)

 

ポインター・シスターズが80年代のポップ・センセーションになる以前の1977年、ボニー・ポインターはソロとしてのキャリアを追求するためにグループを脱退。1978年にモータウンからセルフ・タイトルのアルバムでデビューしたのを皮切りに、全米シングル・チャートで11位を記録したディスコ・ヒット曲「Heaven Must Have Sent You」などを収録した4作のソロ・アルバムをリリースした。

Heaven Must Have Sent You

1994年には、“ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム”に星形プレートを刻む、“ハリウッドの殿堂入り”を祝うために、彼女は姉妹と共にポインター・シスターズとして特別パフォーマンスを披露。2011年に、最後のソロ・アルバム『Like a Picasso』をリリースしている。

2013年に行われたインタビューの中で、ボニー・ポインターは歌手になろうと決心した経緯を次のように語っていた。

「9時5時の仕事はしたくないというのは自分でわかっていて、自分の好きなことを仕事にしたいと思っていました。私は幼い頃からエンターテイナーで、両親が教会に行っている間、私や妹たちはコーヒー・テーブルに上って歌ったいたものです。高校生の時に、誰かに歌が上手いと言われたんですが、それは自分では思ってもみなかったことでした。いつもマーヴィン・ゲイやタミー・テレルの曲にあわせて歌っていましたから、彼らに歌が上手いと言われて、次第にそれを信じるようになりました」

ボニー・ポインターの訃報を受けて、彼女の友人や多くのアーティスト仲間が、彼女へ哀悼の意を捧げている。

グロリア・ゲイナーは自身のツイッターにこう綴った。

「ポインター・シスターズのボニー・ポインターの訃報を聞いて残念でなりません。彼女のご家族、ご友人、ファンの皆様に祈りを捧げると共に、心よりお悔やみ申し上げます。彼女のご家族に平安と、それから彼女のスウィートな思い出が彼らに涙ではなく笑顔をもたらすことを祈っています」

ボニー・ポインターは、アーロンとフリッツの兄弟、ルースとアニタ・ポインターの姉妹を後に残して旅立った。

The Pointer Sisters – Jump (For My Love) (Official Video)



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss