(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

UTFOやフル・フォースで活躍したカンゴール・キッドが55歳で逝去

Published on

Kangol Kid - Photo: Johnny Nunez/WireImage

伝説的ラップグループ、UTFOやフル・フォース(Full Force)のメンバーであり、ラップのパイオニアであるカンゴール・キッド(Kangol Kid)が2021年12月18日に逝去した。享年55だった。死因は結腸癌で、亡くなる数ヶ月前から闘病生活を送っていた。

ニューヨークのプロモーターであるヴァン・シルクは、12月18日にHipHopDXの取材に応じ、彼の死を発表した。彼はこう伝えている

「少し前、彼の大腸がんとの闘いがステージ2の段階で、この病気との闘いについて話し合いました。そして彼は10月に転移していることを教えてくれました。皆さんには前立腺と大腸の検査を受けることをお勧めします。ブラザーのカンゴールよ、安らかに」

<関連記事>
クエストラブが『サマー・オブ・ソウル』にてVanguard Awardを受賞
『サマー・オブ・ソウル』とクエストラブが残した功績を辿る
2021年に亡くなったミュージシャン、音楽業界の関係者たち

FFTV: Kangol & Doc – In The Beginning

最初、ブレイクダンスをやっていたカンゴール・キッドは、1980年代半ばに最も人気のあったラップ&ブレイクダンスのグループ「UTFO」のメンバーとして、ラップ界にその名を轟かせた。

1984年、UTFOのヒットシングル「Roxanne, Roxanne」はヒップホップチャートのトップに躍り出た。1987年にリリースしたサード・アルバム『Lethal』は、同年末にはラップアルバムとして1位の売り上げを記録した。

UTFO – Roxanne, Roxanne (Video)

「Roxanne, Roxanne」をきっかけに、アーティストが特定の曲に反応する「アンサー・トラック」が普及し、ロクサーヌ・シャンテと名乗る14歳のラッパーが「Roxanne’s Revenge」を発売。その後、ロクサーヌを名乗る女の子の曲が大量に登場し、オリジナルの架空の女の子をディスった男性アーティストも多数登場し、最終的には「ロクサーヌの話をするのはやめてくれ」というレコードも登場するほどだった。

1985年、カンゴールは、リサ・リサ&カルト・ジャムのデビュー・アルバム『Lisa Lisa & Cult Jam with Full Force』の作曲を担当した。このアルバムは、リードトラックである「I Wonder If I Take You Home」「All Cried Out」「Can You Feel the Beat」で知られている。

Written By Sam Armstrong




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss