ガンズ・アンド・ローゼズ、「Sweet Child O’ Mine」が自身初となるSpotify10億再生突破

Published on

Photo: Ross Marino/Getty Images

ガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N’ Roses)の代表曲「Sweet Child O’ Mine」がSpotifyで10億再生を超え、新たな記録を達成した。

1987年のデビュー・アルバム『Appetite For Destruction』に収録されているこの曲は、発売から34年以上が経過した2021円8月9日にSpotifyで10億回のストリーミングを正式に突破した。

<関連記事>
ガンズ・アンド・ローゼズ「Sweet Child O’ Mine」がYouTubeで10億回再生突破
ガンズ・アンド・ローゼズ、新曲「ABSUЯD」を配信開始

「Sweet Child O’ Mine」を収録したアルバム『Appetite For Destruction』はその後、全米で1,800万枚以上を売り上げ、史上最も売れたデビュー・アルバムであり、80年代のハード・ロックの覇権を握った大記録のひとつとなった。

「Sweet Child O’ Mine」のミュージック・ビデオは、2019年10月にYouTubeの再生回数が10億回を突破した初の80年代のビデオとなっている。

また、先週、ガンズ・アンド・ローゼズは、完全な新曲としては2008年以来13年ぶりとなる「ABSUЯD」の配信を開始した。新たに公開されたこの曲は、以前は「Silkworms」として知られていたもので、2001年にバンドの6枚目のアルバム『Chinese Democracy』のセッション中に書かれていたもの。

ガンズ・アンド・ローゼズは、7月31日にペンシルバニア州ハーシーのハーシーパーク・スタジアムで2021年夏のツアーを開始し、8月3日にボストンのフェンウェイ・パークで行われたライヴで「ABSUЯD」を披露していた。

今回の最新ツアーでは「Not In This Lifetime Tour」の時と同様に、クラシックなラインナップのメンバーであるスラッシュ(ギター)、ダフ・マッケイガン(ベース)、ローズを中心に、ギタリストのリチャード・フォータス、ドラマーのフランク・フェラー、キーボーディストのディジー・リード、セカンド・キーボーディストのメリッサ・リースがバックを務めている。

Written By Tim Peacock



ガンズ・アンド・ローゼズ「ABSUЯD」
2021年8月6日配信
iTunes / Apple Music / Spotify / Amazon Music / YouTube Music




Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version