“ヘビー・メタル”の監督、“イエロー・サブマリン”のアニメイター、ジェラルド・ポッタートン逝去

Published on

The Beatles - Photo: Mark and Colleen Hayward/Getty Images

カナダ国立映画庁(NFB)が発表したところによると、『ヘビー・メタル』(1981年)など多くの作品を監督し、ザ・ビートルズの『イエロー・サブマリン』のアニメイターとして有名な、ジェラルド・ポッタートン(Gerald Potterton)が2022年8月23日にケベックで逝去した。享年91だった。

カナダ国立映画庁(NFB)の代表で政府映画委員であるクロード・ジョリクールは声明の中で以下のように述べている。

「ジェラルドは、新鮮で不遜なストーリーテリングの新しい波の一部になるためにカナダとNFBにやってきて、すべてのプロジェクトに素晴らしいウィットと創造性をもたらしてくれました。彼はまた、ポッタートン・プロダクションとともに、今日のカナダの独立系アニメーション産業の基礎を築く手助けをした創造家でもありました。彼は並外れたアーティストであり、本当に素晴らしい人でした」

<関連記事>
『イエロー・サブマリン』等を手掛けたアニメーターのロン・キャンベルが逝去
ザ・ビートルズの初めてのマハリシと出会い

ジェラルド・ポッタートンは1931年3月8日に英国ロンドンで生まれ、ハマースミス・アートスクールを卒業後、1954年にカナダに渡り、NFBアニメーションのアーティストたちと一緒に仕事をするようになった。

1950年代にNFB映画のアニメーションを制作した後、1962年にスティーブン・リーコック監督作品『My Financial Career』、1963年にノーマン・マクラレン、ジェフ・ヘイル、グラント・マンローとともに制作した『Christmas Cracker』などの短編を監督した。両作品ともアカデミー賞にノミネートされた。

1963年には実写のコメディ『The Ride』を、1965年にはバスター・キートンが最後の映画出演をした『キートンの線路工夫』を監督。1968年にはUKに戻り、ザ・ビートルズのアニメ映画『イエロー・サブマリン』のシークエンスに取り組んだ。

ジョン・レノンとポール・マッカートニーの曲を基にした映画『イエロー・サブマリン』は、「Eleanor Rigby」「When I’m Sixty-Four」「Lucy in the Sky With Diamonds」「All You Need Is Love」「It’s All Too Much」などのビートルズの曲によって、平和、愛、希望あふれる素晴らしい物語となった。1968年に公開されたこの作品は、当時のフリースタイル・アプローチと革新的なアニメーション技術を統合し、ジャンルに革命をもたらした画期的な作品として瞬く間に認知された。

Written By Sam Armstrong



 

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version