フリートウッド・マックのクリスティーンがデニス・ウィルソンとの恋、無人島に持っていく8枚のレコードを語る

December 17, 2018


フリートウッド・マックのクリスティーンがデニス・ウィルソンとの恋、無人島に持っていく8枚のレコードを語る

フリートウッド・マックのクリスティン・マックヴィーは、BBCのラジオ番組「Desert Island Discs」の中で、ファッツ・ドミノ、ザ・ビートルズ、そしてエタ・ジェイムスの名作を選んだ。シンガー、ライター、そしてキーボード・プレイヤーであるクリスティン・マックヴィーは、2013年にフリートウッド・マックに復帰し、同年12月17日にBBCの長寿ラジオ番組に出演し、元恋人でビーチ・ボーイズのデニス・ウィルソンへの愛についても語った。

クリスティン・マックヴィーはビーチ・ボーイズの『L.A. (Light Album)』から、デニス・ウィルソンがリード・ヴォーカルを務める「Angel Come Home」を選曲した。「彼はめちゃくちゃだったけど、カリスマがあって、チャーミングでとてもハンサムだった」と明かした。「すぐに彼に夢中になって、何年間かジェットコースターのような恋愛をしたの。とにかく大好きだったわ」。

番組は架空の無人島に持って行く8枚のレコードを選ぶという趣旨で、クリスティン・マックヴィーはその選曲の中に「Ain’t That A Shame」を選曲し、クラシック・ピアノを学んでいた若い頃の自身のプレイ・スタイルにファッツ・ドミノが主な影響を与えたことを話した。「ある日、練習していたらファッツ・ドミノの音楽の本があったの」とインタヴュアーのカースティ・ヤングに話した。

「それまで見たことがなかったから、手にとって初見で弾いたの。私のブギーな左手はそこからきていると思うわ、そして何年も曲作りをしてきたけどそれはずっと残っている。いつもあのブギー・ベースがちょっと入ってるのよね」。

また、エヴァリー・ブラザーズの「Cathy’s Clown」を選び、大学生だった頃に彼らのライヴに行ったことを振り返る。「なんとかバック・ステージに入ることができて、棚にずっと隠れていたの」と説明した。「最後はもう我慢できないと思って、棚から出ていろんな人と話して、そこにフィル・エヴァリーが立っていた。それから何年も後に、フリートウッド・マックのクリスティン・マックヴィーとして出会って一緒にデュエットしたのよ」。

ザ・ビートルズがカヴァーしたチャック・ベリー「Roll Over Beethoven」も選び、また、フリートウッド・マックに加入する前に、チキン・シャックでカヴァーし、リード・ヴォーカルを務め、最初に彼女を有名にしたエタ・ジェイムスの「I’d Rather Go Blind」もあげた。また、フリートウッド・マックの初期のヒット作「Man Of The World」、ヴィヴァルディの「Four Seasons(邦題:四季)」とヴォーン・ウィリアムス「The Lark Ascending(邦題:揚げひばり)」も選曲した。

Written by Paul Sexton


Share this story
Share

News
Features
uDiscover Playlists
Competitions
Stories
Artists
Quizzes
Join
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

, , , , , , ,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *