(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

アダム・ランバート、ロンドン・ファッション・ウィークでクイーンの楽曲を披露

Published on

Adam Lambert - Photo: David M. Benett/Dave Benett/Getty Images for Harris Reed

アダム・ランバートは、ロンドン・ファッション・ウィークでのハリス・リードのショーで、クイーンの「Who Wants To Live Forever」のパフォーマンスを披露。そのパフォーマンスの様子がNew York Times StyleのInstagramで公開されている。

<関連記事>
挑戦!クイズ「クイーン+アダム・ランバート」全10問
アダム・ランバートがどうやってクイーンを復活させたのか:本人が語る

アダム・ランバートとクイーンにとって、この夏は忙しいものだった。36日間にわたるヨーロッパ・ツアーを実施し、のべ50万人以上の観客が参加。そのツアー中となる、6月上旬にロンドンのO2アリーナで10日間行われたバンドのソールドアウト公演を撮影した映像が『Rhapsody Over London』としてオンラインで公開して好評を博した。この映像では28曲のめくるめくパフォーマンスが披露され、最先端の映像コンテンツ、レーザー、パイロテクニックがふんだんに使用され「too far is never far enough(やりすぎに限界はない)」というフレディ・マーキュリーの格言を尊重したものとなった。

アダム・ランバートの歌唱力とショーマンシップは、「Somebody to Love」の恍惚とした高音に舞い上がり、「Bicycle Race」では宝石をちりばめたハーレー・ダビッドソンのバイクに乗って登場。ブライアン・メイは2万人の観客の前でアコースティック・ギターをかき鳴らし、『A Night at the Opera』の名曲「’39」を演奏し、フレディの映像とデュエットして「Love Of My Life」を感動的に歌い上げた。ロジャー・テイラーは荘厳な「These Are The Days Of Our Lives」を披露し、広大なスクリーンにはクイーンの歴史の瞬間が切々と映し出された。

ブライアンが弾くレッド・スペシャル・ギターは「A Kind of Magic」で新たな魔法を発見し、ギター・ソロでは超高層に到達する。ロジャーとアダムはデヴィッド・ボウイとフレディを真似て、「Under Pressure」で雷鳴を轟かせている。「Bohemian Rhapsody」ではクイーンの1975年の輝かしいハーモニーが蘇り、サイボーグ・マスクのメイが盛り上げるソロ、そしてランバートは嵐のようなフィナーレのためにフロントに駆け寄っていた。

Queen + Adam Lambert – ‘Rhapsody Over London’ World Exclusive

Written By Will Schube


クイーン+アダム・ランバート『Live Around The World』
2020年10月2日発売
CD+Blu-ray / CD+DVD / CD / LP / iTunes / Amazon Video
※日本盤CDのみSHM-CD仕様



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss