(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

News

第63回グラミー賞のパフォーマーが発表。BTS、ビリー、テイラー、ダベイビー他、豪華顔ぶれが出演

Published on

Photo: Steve Granitz/WireImage

米レコーディング・アカデミーは、日本時間2021年3月15日(月)午前9時からWOWOWで独占生中継される米音楽界最大の祭典、第63回グラミー賞に先駆けて、授賞式のステージでパフォーマンスを披露する豪華な顔ぶれを発表した。今年のラインナップは以下のとおり;

パフォーマンスアーティスト一覧(アルファベット順)

バッド・バニー(Bad Bunny)
ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)
ブラック・プーマズ(Black Pumas)
ブランディ・カーライル(Brandi Carlile)
ブリタニー・ハワード(Brittany Howard)
BTS
カーディ・B(Cardi B)
クリス・マーティン(Chris Martin)
ダベイビー(DaBaby)
ドージャ・キャット(Doja Cat)
デュア・リパ(Dua Lipa)
ハイム(Haim)
ハリー・スタイルズ(Harry Styles)
ジョン・メイヤー(John Mayer)
リル・ベイビー(Lil Baby)
マレン・モリス(Maren Morris)
メーガン・ザ・スタリオン(Megan Thee Stallion)
ミッキー・ゲイトン(Mickey Guyton)
ミランダ・ランバート(Miranda Lambert)
ポスト・マローン(Post Malone)
ロディ・リッチ(Roddy Ricch)
テイラー・スウィフト(Taylor Swift)

シルク・ソニック(Silk Sonic)*3月10日追加発表

<関連記事>
第63回グラミー賞ノミネーションが発表 [全部門掲載]
ブリタニー・ハワード、ニーナ・シモンのカバーを披露

カリフォルニア州のロサンゼルス・コンベンション・センターで開催される、今年のグラミー賞に出演するパフォーマーの多くは、各部門にノミネートされている。

ロディ・リッチは、2020年初頭に全米シングル・チャートを席巻したシングル「The Box」で、ダベイビーの「Rockstar」と並んで、“最優秀ラップ・ソング賞”、“最優秀ラップ/サング・パフォーマンス賞”、“最優秀楽曲賞”にノミネートされている他、ダベイビーは「BOP」でも“最優秀ラップ・パフォーマンス賞”にもノミネート。

Roddy Ricch – The Box [Official Music Video]

また、ヒップホップ界からは、リル・ベイビーが、「The Bigger Picture」で“最優秀ラップソング賞”と“最優秀ラップ・パフォーマンス賞”にノミネートされている他、同じくパフォーマーに決定したポスト・マローンは、“最優秀アルバム”(『Hollywood’s Bleeding』)に加え、シングル「Circles」が“最優秀レコード賞”と“最優秀楽曲賞”にもノミネートされている。

Lil Baby – The Bigger Picture (Official Music Video)

5度のグラミー受賞歴を誇るビリー・アイリッシュも、再び授賞式のステージに戻ってくる。昨年のグラミー賞では、“最優秀アルバム賞”、“最優秀レコード賞”、“最優秀楽曲賞”、そして“最優秀新人賞”という主要4部門を完全制覇し、デビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』から、「When The Party’s Over」の印象的なパフォーマンスを披露していた。

Billie Eilish's: "When The Party's Over" I 2020 GRAMMY Performance

全米No.1ヒット「Dynamite」が“最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞”にノミネート中のK-POP界のスーパースター、BTSも今年のパフォーマーに決定し、ファンの間では早くもステージ演出などに大きな期待が寄せられている。

BTS (방탄소년단) 'Dynamite' @ America's Got Talent 2020

『folklore』と『evermore』という2作の大作アルバムを立て続けにリリースしたテイラー・スウィフトは、5年ぶり、7度目のグラミー賞のステージに立つ。彼女は今年グラミー賞で、“最優秀アルバム賞”と“最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞”( 『Folklore』)、“最優秀楽曲賞”と“最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞”(”Cardigan”)、“最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞”(ボン・イヴェールとの「Exile」)と“最優秀楽曲賞映画、テレビ、その他映像部門(映画『キャッツ』のために書き下ろしたオリジナル・ソング「Beautiful Ghosts」)の全6部門にノミネートされている。

Taylor Swift – cardigan (Official Music Video)

その他、“最優秀アルバム賞”にノミネートされているハイムとブラック・プーマズ、“最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス賞”にノミネート中のミランダ・ランバートやミッキー・ゲイトンの出演も決定。ロック、オルタナティブ、R&B、アメリカン・ルーツといった多ジャンルの各部門にノミネートされているブリタニー・ハワードのパフォーマンスは、予測不可能ながら注目を集めそうだ。

第63回グラミー賞のノミネーション、パフォーマーの詳細は公式サイトでご覧いただける。

Written By Larisha Paul




テイラー・スウィフト『folklore』
CD / iTunes / Apple Music / Spotify / Amazon Music


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss