(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

New Releases

イギー・ポップ、デヴィッド・ボウイと制作した作品にライヴ音源を収録した7枚組ボックス発売

Published on

イギー・ポップ(Iggy Pop)が1977年に発表した『The Idiot』と『Lust For Life』は、ともにイギーのソロ・アーティストとしての礎となったアルバムであり、それらのプロモーションに伴うツアーの模様を収めて1978年にリリースされたライヴ作品『TV Eye』も含めて、彼のキャリアのなかでも重要な作品として今もなお輝き続けている。

盟友デヴィッド・ボウイとの強力なフレンドシップによって制作されたこの3枚は、西ベルリンにおけるふたりの共同生活から生まれたものであり、同じ1977年にボウイが発売した『Low』や『Heroes』とは表裏一体の関係でもある。それらはまさしくイギーとボウイの“ベルリン・イヤーズ”が紡ぎ出した光と影の結晶といえる。

そんなふたりの蜜月の証をより深く理解するためにコンパイルされたのが、今回発売されるイギー・ポップの7枚組ボックス・セット『The Bowie Years』である。各アルバムおよびデモや貴重なライヴなどすべての音源は最良のマスターをチョイスしたうえでリマスタリングされ、関係者の証言や資料などが掲載された40ページに亘るブックレットを収載したこのボックスからは、イギー・ポップとデヴィッド・ボウイとい稀有なアーティストが追求していた創造性と革新性が浮かび上がってくる。

ボックス・セットと合わせて、『The Idiot』『Lust For Life』の2枚組CDデラックス・エディションも同時発売。また、発売に先行して「China Girl (Alternative Mix)」が公開となっている。

Iggy Pop – China Girl (Alternative Mix / Audio)

 

盟友デヴィッド・ボウイとのコラボレーションによって生まれたRCAにおける3作『The Idiot』『Lust For Life』『TV Eye』は、『TV Eye』の発表こそ1978年であるものの、すべて1977年におけるイギー・ワークスのドキュメント作であり、今回発売される7枚組CDセット『The Bowie Years』にはそれぞれ最新リマスタリングが施された3枚のディスクを本ボックスの核として収載。

ディスク4にはスタジオ・アルバム制作時のデモやオルタナティヴ・ミックス、当時のインタヴューなどを収録し、ディスク5、6、7にはボウイもキーボーディストとして参加した貴重なライヴから1977年3月7日のロンドン、レインボー・シアター公演、『TV Eye』にもその一部が使われていた3月21日のクリーヴランド、アゴラ公演、3月28日にシカゴのマントラ・スタジオで録音されたラジオ・セッションの模様が収められている。

さらにはアルバムに参加したミュージシャンらが語ったエピソードやファンからの声などをガーディアン誌のマイケル・ハーンが纏めた40ページのブックレットも付属。音源とともにイギーとボウイが1977年に行なった活動を俯瞰できる充実のセットとなっている。

(C) Barry Plummer



イギー・ポップ『The Bowie Years』(7CDボックス・セット)
2020年5月29日発売
CD / iTunes




Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss