(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical News

映画「メッセージ」でも印象的に使用されたマックス・リヒター最大のヒット曲のMVが公開、女優エリザベス・モスが出演

Published on


ポスト・クラシカルのアーティスト、プロデューサー、作曲家、そして映画音楽家として高い人気を誇るマックス・リヒター。彼が2004年に発売したセカンド・アルバム『The Blue Notebooks』の15周年記念盤の発売に合わせ、女優エリザベス・モスが主演したビデオ「On the Nature of Daylight」が公開された。

Max Richter – Richter: On The Nature Of Daylight

 

撮影は2018年3月、カナダのトロントにて行われた。6分半の映像作品の監督にあたったのは エド・シーランの「Castle On The Hill」やトム・オデールの一連のMVを監督してきたジョージ・ベルフィールド。そしてドラマ『マッドメン』で脚光を浴び、昨年自身がエグゼクティブ・プロデューサー兼主演をつとめた『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』がゴールデン・グローブ賞、エミー賞では主演女優賞ほか数々の賞をそうなめにし、今一番話題の女優エリザベス・モスが出演している。

マックス・リヒターの“一番のファン”を公言するモスは目が回るようなスケジュールを押してでも、作品に参加した経緯をこう語る。「このプロジェクトの依頼を受け、まさに夢が叶ったという思いでした。何年もの間、私の作品づくりは彼の音楽にインスパイアされてきました。セットでの撮影の合間、マックスの音楽をイヤホンで聴かない日がないほど、私の演技と彼の音楽は切り離せません。その彼の作品の中でも最も創造性に富む楽曲に乗せて演じる機会を与えられたのは非常に光栄なことです。監督のジョージをはじめとしたチームとの仕事は非常にやりがいのある、生涯忘れ得ぬ経験でした」。

また、監督のジョージはこう語っている。「エリザベスは私の言わんとしていたことを100%理解してくれました。そして与えられた役以上のものをもたらしてくれました。撮影前、私達は十分に話し合い、役柄や生い立ちを含めた背景だけでなく、人生の岐路で彼女が感じることになる感情を裏付ける内的なモノローグまで書き出しました。『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』に加え、次回作の撮影で多忙を極めていたにも関わらず、彼女はすっかり役になりきってくれたんです。素晴らしい仕事が出来たと思います」

さらにモスは、リヒターのクリエイティヴ・チームと共にプロデュースにもあたっている。

本編は、もともとオリジナル楽曲でリヒターが掲げていたテーマに呼応する内容となっている。リヒター自身、「On the Nature of Daylight」について「暴力、そして暴力が及ぼす影響への熟考。のしかかるイラク戦争の暗い影、そして私自身の経験の両方にインスパイアされて作りました」と当時コメントしていた。さらに今年発売になった15周年記念盤のライナーノーツでは「非常に繊細な子供だった私は周囲を取り巻く暴力への反動として、全てを内面化しました。心のシャッターをおろし、壁を作り、なれる限りパーフェクトになろうとしていたんです」と語っている。

オリジナルの『The Blue Notebooks』は、映画『メッセージ』を初めてとして多くの映画でも使用された「On the Nature of Daylight」のほかにも、フランツ・カフカの“The Blue Octavo Notebooks”と、チェスワフ・ミウォシュの“Hymn of the Pearl and Unattainable Earth”よりインスピレーションを得て作曲された作品も収録。『The Blue Notebooks』15周年記念盤には、新規リミックス 他のボーナス・トラックが加わって、CDとLPの2形態が既に再リリースされている。さらに、実際のノートブックが封入され、ボーナス・トラックとして新曲が追加されたスーパーデラックス盤(輸入盤)も、6月29日に発売される。



マックス・リヒター『The Blue Notebooks (15 years)』
スーパー・デラックス盤、通常盤、LPの3形態で発売

CD購入、配信、ストリーミングはこちら

*スーパー・デラックス盤にのみハードバックブックの中に本物のノートブックが封入

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss