(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

世界的ピアニスト 内田光子、ニュー・アルバムを世界に先駆けて日本で先行リリース決定

Published on

 

世界的ピアニスト、内田光子のニュー・アルバム『ベートーヴェン:遥かなる恋人に/シューベルト:白鳥の歌』が11月9日(水)にリリースされることが決定した。今作はイギリスの名テノール歌手、マーク・パドモアとの歌曲アルバムで、11月に予定されている来日リサイタルを記念し、世界に先駆けた日本先行発売となる。

今作は、今年5月に2人がアーティスト・イン・レジデンスを務めるウィグモア・ホールにてレコーディングされたもので、「ベートーヴェン:歌曲《遥かなる恋人に》」と「シューベルト:歌曲《白鳥の歌》」の2曲を収録。内田光子にとって、第59回グラミー賞「最優秀クラシック・ヴォーカル・アルバム(ソロ)」を受賞したドロテア・レシュマンとの歌曲アルバム以来、7年ぶりの歌曲伴奏アルバムとなる。パドモアと内田光子はリサイタルで何度かこのプログラムを披露しており、カーネギーホールでの演奏について米紙ニューヨークタイムズは「内田光子とパドモアは、知恵と感性の塊であり、まさに対等なパートナーである。終始、ひとつの楽器のように振る舞い、ほとんど合図をせずとも徹底したビジョンを共有していた。」と評している。

内田光子は11月に来日し、パドモアとのリサイタル・ツアーだけでなく、指揮者アンドリス・ネルソンス率いるボストン交響楽団のベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番《皇帝》の公演も行う予定。今回の来日について内田光子は「親愛なる友人であり、音楽的パートナーであるマーク・パドモアと再び日本に来ることができ、とても嬉しく思っています。そして、長年の繋がりがあるボストン交響楽団とアンドリス・ネルソンスと共演できるのは、この上ない喜びです。」とコメントを寄せている。


■リリース情報

内田光子『ベートーヴェン:遥かなる恋人に/シューベルト:白鳥の歌』
2022年11月9日発売
CD


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss