(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

シューマン作品ベスト: 偉大な作曲家による10の重要な作品

Published on

大作曲家シューマンのピアノ曲、交響曲、歌曲集の名曲を集めた、シューマンのベスト作品集をご紹介する。

ロベルト・シューマン(1810年6月8日~1856年7月29日)は、ロマン派の偉大な作曲家の一人として広く知られている。彼の作品の独創性は、感情的、構造的、哲学的な限界を超えていた。シューマンの音楽はほとんどが標題をもち、(具体的な言葉ではなく音楽を通して)物語を語るものである。

1830年代、シューマンは膨大な量のピアノ曲を書いたが、その中には《蝶々》や《謝肉祭》、《ダヴィッド同盟舞曲集》など、文学的、あるいは個人的な関連を伴い、鮮やかにイメージを想起させるツィクルスも含まれていた。シューマンは1840年の1年間をほとんど歌曲に費やし、歌曲集には《詩人の恋》や《女の愛と生涯》などがある。

シューマンは次に室内楽に目を向けた。1841年から1842年にかけて、彼は3つの弦楽四重奏曲、1つのピアノ四重奏曲、そして天才的なピアノ五重奏曲を作曲した。その後、合唱曲、歌劇《ゲノフェーファ》、4つの交響曲など、より大きな形式に挑戦していった。ブラームスリストワーグナー、エルガー、フォーレなどに与えたシューマンの影響は計り知れない。

シューマン作品ベスト:偉大な作曲家による10の重要な作品

謝肉祭

パガニーニやショパンの音楽的肖像を含む、四旬節前の祭りであるカーニバルの仮面を被った人々を表現した、魅惑的な20のピアノ・ミニアチュールである。《謝肉祭》には、若き日のシューマンの個人的・音楽的特徴がほぼすべて何らかの形で反映されており、作曲家の友人や重要な同時代人の音楽的ポートレートも多数含まれている。

クライスレリアーナ

《クライスレリアーナ》は、ドイツのロマン派作家E.T.A.ホフマンの物語に登場する人物、楽長クライスラーをモチーフにしており、ショパンに捧げられた8つのピアノ独奏曲である。シューマンは《クライスレリアーナ》を自分の最も優れた作品の一つと考えており、この作品はロマン派のピアノ独奏曲を代表するものとなっている。

子供の情景

《子供の情景》は子ども時代をノスタルジックに思い起こさせるピアノのための13の心地良い情景であり、子供が演奏することを目的として書かれた後の《子供のためのアルバム》とは全く違う内容をもっている!第7曲〈トロイメライ〉は、シューマンの代表的な曲の一つだ。

交響的練習曲

シューマンが数年を費やして書いたというだけあって、圧倒的な技巧と驚くべき天分を持ったピアノのための変奏曲だ。この練習曲は、シューマンのピアノ作品《幻想曲ハ長調》《トッカータ》と共に)、そしてピアノのレパートリー全ての中でも最も難しい作品の一つとされている。

ピアノ協奏曲 イ短調

ピアノ協奏曲イ短調作品54は、シューマンが書いた唯一のピアノ協奏曲であり、大作の中でも最も親しみやすい作品の一つである。妻のクララは、「ピアノはオーケストラと巧妙に絡み合っていて、どちらか一方を抜きにして考えることはできない」と述べている。

交響曲 第3番(《ライン》)

交響曲第3番(《ライン》)は、シューマンの最後の大作の一つ。《ライン》交響曲は、シューマンが妻のクララとライン川沿岸を旅行したときの楽しい思い出からインスピレーションを受けたものである。伝統的に交響曲は4楽章で構成されているが、この作品でシューマンは従来の構成を5楽章に拡大した。この《ライン》交響曲のテーマは、後にブラームスにより「交響曲第3番」で再び使用されることになる。

交響曲 第4番

交響曲の全楽章を完全に統一させたいというシューマンの願いは、彼の交響曲の中で最も形式が革新的である交響曲第4番で頂点に達する。いずれの楽章にも、第1楽章の主題が糸のようにつながっており、交響曲全体の構成に重要な役割を果たしている。4つの楽章は切れ目なく演奏され、全体が1つの大きな楽章を構築しているのだ。

詩人の恋

《詩人の恋(Dichterliebe)》は、ハインリヒ・ハイネの有名な詩集『歌の本』から16編の詩を選んで作曲した傑作で、シューマンの歌曲集の最高傑作と言われている。この曲集は、シューマンの妻クララへの愛の表現であると同時に、作曲当時クララの父親が二人の結婚に反対していたため、二人の葛藤の表現でもある。最初の4曲の幸福感に続いて、次の4曲では絶望感と裏切りで始まる。

女の愛と生涯

《女の愛と生涯(Frauenliebe Und-Leben)》は、シューマンの歌曲集の中でも最も魅惑的な曲で、夫に献身的に尽くす女性の姿を魔法のように表現している。このツィクルスの8つの詩は、女性の男性に対する愛について、最初の出会いから結婚、そして彼の死まで描いており、愛と人生に対する進化していく視点を提示している。

ピアノ五重奏曲 変ホ長調

シューマンの「ピアノ五重奏曲変ホ長調」は、シューマンの最高傑作の一つであり、19世紀の室内楽を代表する作品でもある。ピアノと弦楽四重奏のために作曲された「ピアノ五重奏曲」は、ピアノ五重奏の楽器編成と音楽的性格に革命をもたらし、この楽器編成はその後、ブラームス、フランク、ドヴォルザーク、エルガーといった有名作曲家たちによってさらに発展していった。

Written By uDiscover Team



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss