(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

サー・ゲオルグ・ショルティによる《ラインの黄金》《ヴァルキューレ》最新リマスターが発売。第3作目《ジークフリート》も発売決定。

Published on

©Decca Christina Burton

2022年に発表された『ワーグナー:楽劇《ニーベルングの指環》』全曲スタジオ録音の新たなリマスター盤(全4作品)より、第1作目《ラインの黄金》と第2作目《ヴァルキューレ》が本日発売された。また、第3作目《ジークフリート》は3月31日(金)に発売されることが決定し、本日から予約がスタートした。

この新たなリマスターは、レコード史上初の壮挙となったワーグナーの大作《ニーベルングの指環》のスタジオ全曲録音プロジェクトを担った指揮者、サー・ゲオルグ・ショルティの生誕110周年・没後25周年を記念して2022年にスタートした大プロジェクト。1958年―1965年録音のオリジナルのステレオ・マスターテープから2022年に制作したDSDマスターを使用し、フィジカルではSA-CD~ハイブリッド仕様、デジタルではドルビーアトモス仕様でのリリースが実現した。

全4作品、日本盤のみグリーン・カラー・レーベルコート、オリジナルLPジャケットをあしらった三方背ケース、歌詞対訳付きブックレット付きでリリース。また、この作品を含め、演奏家の活動とその録音を生涯や社会状況とあわせてとらえ、歴史物語として説く「演奏史譚」を専門とする山崎浩太郎氏によるオリジナル・ライナーノーツも封入される。

さらに、デジタルメディア評論家、麻倉怜士氏とリマスターの制作を手掛けたデッカ・クラシックス・レーベル・ディレクター、ドミニク・ファイフ、そしてエンジニアのフィリップ・サイニーとの対談記事も本日公開になった。今回のリマスター盤で使用したオリジナルのステレオ・マスターテープの編集修理や、24bit/192kHzの高解像度で行ったマスタリングについて、より理解を深めていただける内容になっている。

サー・ゲオルグ・ショルティによる《ニーベルングの指環》の新リマスター盤を徹底解説!デジタルメディア評論家、麻倉怜士氏が聞くリマスター秘話公開。


■リリース情報

『ワーグナー:楽劇《ジークフリート』
2023 年 3 月 31 日発売
CD

『ワーグナー:楽劇《ヴァルキューレ》』
2023年1月11日発売
CD / iTunes /Amazon Music / Apple Music / Spotify


『ワーグナー:楽劇《ラインの黄金》』
2023年1月11日発売
CD / iTunes /Amazon Music / Apple Music

ウィーン国立歌劇場合唱団
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:サー・ゲオルグ・ショルティ

▽今後の発売予定
2023年5月発売予定 《神々の黄昏》
※発売日・商品番号・価格等詳細は決まり次第ご案内いたします。



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss