(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

ピアニスト、ルドルフ・ブッフビンダー3度目の『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集』発売決定

Published on

ピアノの新約聖書とも呼ばれるピアニストにとっての聖典、32曲のベートーヴェン:ピアノ・ソナタの全曲演奏を世界中で60回以上行い、60年以上にもわたって作品を研究し続けるベートーヴェンのスペシャリスト、巨匠ブッフビンダーによる3回目の『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集』が9月3日(金)に発売されることが決定した。

ブッフビンダーは、1946年チェコに生まれ、5歳でウィーン国立音楽大学に入学し同大学の最年少記録を持つ。9歳で演奏会デビュー。1966年、ヴァン・クライバーン・コンクール特別賞、1967年ベートーヴェン・ピアノ・コンクール第1位、他受賞多数。

幅広いレパートリーを持つが、ドイツ・オーストリア音楽の本流を専門とし、ウィーンの伝統の正統な継承者とみなされ、特にベートーヴェンの解釈においては当代随一と評価されている。

この全曲録音は、2014年のザルツブルク音楽祭における、ひと夏で行った全曲演奏会の貴重な記録で、同音楽祭の歴史の中でも初の試みであった。C majorレーベルより映像が発売されたこともあるが、CDでは今回が初。

国内盤は88.2kHz/24bitのMQACD仕様での発売で、MQA対応機器やソフトでデコードすればハイレゾ音源を楽しむことが出来る。本日、アルバムから以下の5曲が先行配信された。

先行配信トラック
ピアノ・ソナタ 第1番 ヘ短調 作品2の1 第2楽章:Adagio
ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調 作品13 《悲愴》 第2楽章:Adagio cantabile
ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27の2 《月光》 第1楽章:Adagio sostenuto
ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 作品57 《熱情》 第2楽章:Andante con moto
ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調 作品109 第1楽章:Vivace, ma non troppo

Beethoven: Piano Sonata No. 1 in F Minor, Op. 2 No. 1 – II. Adagio

■リリース情報

2021年9月3日発売
ルドルフ・ブッフビンダー『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集』
CD Amazon Music / Apple Music / Spotify



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss