(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

マックス・リヒターのフル・オーケストラによる最新アルバム『エグザイルス』が8月6日発売決定

Published on

Composer Max Richter. Photo: Deutsche Grammophon/Mike Terry

ストリーミング再生2億回超、8時間におよぶ寝ながら聴く音楽『Sleep』やヴィヴァルディ四季の再構築など、先駆的な作品を発表する一方、映画やドラマの音楽でも独自の地位を確立している現代を代表する作曲家、マックス・リヒター。

クラシックとエレクトロニクスを融合し、反復を基調としたシンプルな音楽が高い支持を得ている。そんな彼のニュー・アルバム『エグザイルス』が8月6日に発売されることが決定した。

アルバムの中心となっているのは、世界屈指のコンテンポラリー・バレエ・カンパニー、ネザーランド・ダンス・シアターのバレエ『シンギュリア・オディセ(例外的な旅)』(2016)のための音楽として2015年に作曲された「エグザイルス」の初録音。

この作品は、「アラブの春」の民主化運動による内戦から逃れ、ヨーロッパに難民が殺到した「移民危機」をテーマにし、亡命・歩行・動きの概念をモチーフにして音楽が構成されている。リヒターの過去作『メモリーハウス』がコソボ紛争を、『ブルー・ノートブック』がイラク戦争への抗議を、『インフラ』がロンドン同時多発テロをテーマにしていたように、今回も社会的・政治的な問題を扱っている。

リヒターは「音楽は文化において本質的な役割を果たしています。それは私たちがどのように生きるべきかについての会話の一部で、それが創造性です。ニーナ・シモンが言ったように“アーティストの義務は……時代を反映することです”」とコメントしている。

アルバムには「エグザイルス」の他に、「オン・ザ・ネイチャー・オブ・デイライト」など、彼の代表曲のオーケストラ演奏によるニュー・バージョンが5曲収録されている。リヒターは次のように述べている。

「オン・ザ・ネイチャー・オブ・デイライトは、元々弦楽五重奏の曲でしたが、今回は65人以上の弦楽オーケストラで演奏されているので、質感・エネルギー・性質が違ったものとなります。オーケストラ・ヴァージョンは異なる感情的な記録であり、より大きなキャンバスなのです。五重奏では、誰かがあなただけに静かに話しているように感じますが、オーケストラではより幅広い対話がとなるのです」

演奏は、現代音楽のエキスパートであり、2019年のマックス・リヒターの日本公演でも指揮を担当したクリスチャン・ヤルヴィとバルト海フィルハーモニックが務めている。


■リリース情報

2021年8月6日発売
『エグザイルス』/マックス・リヒター
CD / iTunes / Amazon Music / Apple Music / Spotify




 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss