(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

アンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団、ショスタコーヴィチ交響曲全曲録音シリーズ新作発売

Published on

アンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団によるショスタコーヴィチ交響曲全曲録音シリーズの最新作が、6月25日(金)全世界同時発売されることが決定した。同シリーズの既発盤はうち3枚がグラミー賞を連覇するという快挙を成し遂げた。全世界で好評を得ているシリーズの最新作の発売となる。

今回は、若きショスタコーヴィチの才気が横溢する、レニングラード音楽院の卒業制作として作曲された最初の交響曲第1番。晩年1971年に作曲された最後の交響曲第15番は、様々な引用や多面的な音楽性が盛り込まれた技巧的な作品。

Shostakovich: Symphony No. 15 in A Major, Op. 141 – III. Allegretto

さらに前衛的な技法が盛り込まれ、ソプラノとバスの独唱による死をテーマとした連作歌曲となっている交響曲第14番。弦楽四重奏曲の最高傑作第8番をバルシャイが編曲し、作曲者も絶賛したという室内交響曲 作品110aを収録。ショスタコーヴィチという作曲家の様々な面が垣間見れる2枚組となっている。

この一連のシリーズは、従来のヒステリックで狂暴なショスタコーヴィチ像を一新し、精緻で美しく、純音楽的な演奏で話題となっているが、そのサウンドをさらに堪能していただくため、国内盤は普通のCDプレーヤーでも再生でき、MQA対応の機器を使用すればハイレゾ品質を楽しむことができるハイレゾCD(MQA-CD x UHQCD)を採用し、88.2kHz/24bitのハイレゾ音源を収録している。

また、レーベル面にはCDプレーヤー内で反射する不要なピックアップ光を吸収する“グリーン・カラー・レーベルコート”を採用して高音質にこだわった仕様での発売となる。なお本日、アルバムから「交響曲第15番第3楽章」のデジタル先行配信もスタートした。


■リリース情報

2021年6月25日発売
アンドリス・ネルソンス指揮
『ショスタコーヴィチ:交響曲第1番・第14番&第15番、室内交響曲』
CD / iTunes / Amazon Music / Apple Music / Spotify


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss