(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Classical Features

世界的ピアニスト、ラン・ラン、霜降り明星 粗品と音楽対談。11月24日にプレミア公開

Published on

オリンピック開会式やグラミー賞での演奏など世界的に活躍するピアニスト、ラン・ランと霜降り明星・粗品との音楽対談が実現。11月24日(火)に公開になることが発表された。

ラン・ランと粗品は昨年、誰でも耳にしたことがあるクラシックの名曲29曲を約5分でマッシュアップし、3台のピアノで演奏するミュージック・ビデオ“クラシック・マッシュアップ”で共演。その後も友好を深め、今回の対談の実現となった。

クラシック・マッシュアップ – ラン・ラン/土屋太鳳/粗品 Classical Music Mashup – Lang Lang/Tao Tsuchiya/Soshina

対談のテーマはずばり“音楽を語る”
ラン・ランが9月に発売したアルバム『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』に関する話をメインに、粗品のボカロ作品について、お互いの目指す音楽についてなど白熱したトークが繰り広げられる。

ラン・ラン×粗品『音楽を語る』※11月24日(火)22:00プレミア公開

『ラン・ラン×粗品 音楽を語る』

『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』はヨハン・セバスティアン・バッハが鍵盤楽器のために書いたバロック鍵盤芸術の最高峰とされる作品で、鍵盤楽器奏者にとってのエベレストと形容されることもあるほど最高の技術と音楽性を要求される難曲だ。解釈が難しいとされるこの作品に関して、粗品がラン・ランにどう切り込むのか、粗品の音楽家としての一面が垣間見れる内容になっている。

また、世界的ピアニスト、ラン・ランは粗品のボカロ作品について、どのような評価をするのかにも注目。ミュージック・ビデオを見たラン・ランの反応を動画で楽しんで頂きたい。

Lang Lang – Bach: Goldberg Variations, BWV 988: Aria

アルバム『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』は、新たに7曲追加収録された「エクステンデッド・エディション」が2021年2月12日にデジタル・リリースされる。その「エクステンデッド・エディション」から本日、下記の4曲の先行配信がスタートしている。
シュテルツェル:汝わがそばにあらば(BWV 508)
バッハ:アンダンテ(イタリア協奏曲 BWV 971)
バッハ:シチリアーノ(フルート・ソナタ第2番 BWV 1031/編曲:ケンプ)
バッハ:シンフォニア(クリスマス・オラトリオ BWV 248)


ラン・ラン『バッハ: ゴルトベルク変奏曲』
2020年9月4日発売
CD / iTunes / Amazon MusicApple Music / Spotify





Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss