全世界YouTube動画再生ランキングTOP30と楽曲解説:2024年3月時点(随時更新)

Published on

Photo by Alexander Shatov on Unsplash

現在、全インターネット人口の約3分の1にあたる20億人のユーザーが使用しているデジタルプラットフォームのYouTubeで最も再生されている動画のTOP30を簡単な解説とともに紹介。

ちなみに全楽曲のうち、大きくジャンル分けすると

・ポップス(英語):15曲
・ポップス(スペイン語):2曲
・子供向け:9曲
・多言語:1曲 *Waka Waka
・韓国:1曲 *Gangnam Style
・インド:2曲

となっており、ほぼ全世界で無料で使用できることもあり、世界の母語人口の第2位の言語である英語(約4億人)に続く第3位のスペイン語(約3.3億人)の楽曲のエントリーや、何度も繰り返して見ることが多い幼児向けの動画が多数ランクイン、そしてインドの動画二つランクインしていることにも注目。

世界の母語人口の第1位は中国語の8.8億人だが、中国本土ではYouTubeは見ることができないので、現時点では上位にランクインの動画は存在していない。(*母語人口は文部科学省調べ

<関連記事>
YouTube動画再生数1位と2位が共演:ルイス・フォンシがベイビー・シャークを歌う
2022年~2023年海外アーティスト来日公演情報まとめ【随時更新】


 

1. サメのかぞく(Pinkfong Kids)「Baby Shark」140億再生 / 2016年公開

幼児や子供向けの教育ブランド『ピンキッツ』が制作した楽曲で、この音楽とともに踊るダンスがSNSで大流行して。このオリジナル・ヴァージョン以外にも、様々な別ヴァージョンが存在するが、このオリジナル・ヴァージョンの動画だけでこの再生回数を記録。2020年11月に、それまで史上1位だった「Despacito」を抜き、史上最高再生回数を記録した。

 

2. ルイス・フォンシ「Despacito feat. Daddy Yankee」83.8億再生/ 2017年公開

1978年生まれのプエルトリコ出身シンガーによる楽曲。史上最速となる公開154日で20億再生を記録、2017年8月に史上最も視聴されたビデオとなった。

タイトルはスペイン語で「ゆっくり」の意味で、ジャスティン・ビーバーが参加したREMIXも話題に。全米シングル・チャートでは21週1位を記録し、2017年で最も売れたシングルとなっている。

 

3. LooLoo Kids「Johny Johny Yes Papa」68.7億再生 / 2016年公開

童謡『きらきら星』のメロディで歌う子供向けの英語の歌。登録者数3970万人を超える英語学習YouTubeチャンネルの楽曲。

 

4. Cocomelon – Nursery Rhymes「Bath Song」66.2億再生 / 2018年公開

登録者数1億人を超える子供向け英語学習チャンネルの動画。お風呂の楽しさを伝えるもので、前述「サメのかぞく」のメロディーも引用している。

 

5. エド・シーラン「Shape of You」62億再生 / 2017年公開

1991年生まれのイングランド出身シンガーソングライターによる楽曲で、ミュージック・ビデオには元力士の山本山龍太が出演している。楽曲は日本のテレビドラマ『僕たちがやりました』の挿入歌としても使用。

2017年に発売となったサード・アルバム『÷』に収録され、自身初となる全米シングルチャート1位を獲得している。

 

6. ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース「See You Again」61.7億再生 / 2015年公開

主演俳優ポール・ウォーカーが事故死してしまった映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』の主題歌。映画内での使用方法と楽曲の歌詞がリンクしたこともあり、日本を含めて世界中で大ヒットとなった。

楽曲は全米シングルチャート1位を12週記録、2017年当時ではSpotifyの1日の最多再生記録、YouTubeで最も再生されたミュージック・ビデオとなった。

 

7. CoComelon Nursery Rhymes & Kids Songs「Wheels on the Bus」58.8億再生 / 2014年公開

登録者数1億人を超える子供向け英語学習チャンネルの動画。邦題として「バスのタイヤ」として有名な楽曲。

 

8. ChuChu TV「Phonics Song with Two Words」57億再生 / 2014年公開

登録者数4530万人を超えるYouTubeチャンネルの動画。アルファベットを覚える動画となっている。

 

9. マーク・ロンソン feat. ブルーノ・マーズ「Uptown Funk」51.5億再生 / 2014年公開

イギリス出身のDJ/プロデューサー、マーク・ロンソンがシンガーにブルーノ・マーズを招いた楽曲。全米チャート14週1位を記録し、グラミー賞最優秀レコードを獲得。当時のUK、USでの最多ストリーミング数を獲得していた。

 

10. Miroshka TV「Learning Colors – Colorful Eggs on a Farm」50.7億再生 / 2018年公開

登録数1550万人を超えるロシアの子供向けYouTubeチャンネルの楽曲。民謡「ゆかいな牧場」(Old MacDonald Had a Farm)をバックに色の勉強ができる映像。

 

11. Psy「Gangnam Style」50.5億再生 / 2012年公開

韓国人アーティストPSY(サイ)による楽曲で日本では「江南スタイル」として知られている。

当時は韓国以外では無名であったが、ミュージック・ビデオでの特徴的なダンスとPSYのキャラクターがSNSを通じて世界中に拡散して大ヒット。当時YouTube上で最も再生されたビデオとなり、前述「See You Again」に抜かれるまで約5年間その地位を保持していた。全米チャートで2位を記録し、1963年の坂本九「上を向いて歩こう」以来となるアジア人による全米チャート2位以内の記録となった。

 

12. Get Movies「Masha and the Bear – Recipe for Disaster」45.8億再生 / 2012年公開

全世界22か国で放送されている「マーシャと熊」というロシアの子供向けのテレビアニメシリーズの映像。

 

13. El Chombo feat. Cutty Ranks「Dame Tu Cosita」45.5億再生 / 2018年公開

パナマのアーティストEl Chomboが、ジャマイカのダンスホール・ミュージシャンCutty Ranksをフィーチャーした楽曲。元々は1997年の楽曲だったが、2018年ごろにネット上でリバイバルヒットとなったことで新たに契約されて公開されたミュージック・ビデオ。

 

14. クレイジー・フロッグ「Axel F」43.4億再生 / 2009年公開

ドイツの着信メロディ配信会社のマスコットキャラクターが出した映画『ビバリーヒルズ・コップ』テーマ曲のカバー。全英シングルチャート1位を皮切りに全世界で話題となった。

 

15. マルーン5「Sugar」40億再生 / 2015年公開

アメリカのポップ・バンド、マルーン5による楽曲は全米チャートは最高位は2ながら、このミュージック・ビデオは感動的なサプライズが公表となりバンド自身で最も再生数が多いものに。

ビデオは「2014年12月6日、僕らはロサンゼルスを走り回り、出来るだけたくさんの結婚式に参加するつもりだ。絶対に素晴らしいものになるよ!」というコメントから始まり、披露宴に突然スタッフによるステージの設営が始まり、新婚カップルの前で、サプライズ・ライヴがスタート。最終的に7会場での撮影を終えて、アダムは「感動を超越するほどの体験だった。新郎新婦や招待客から非常に喜んでもらえて、自分達もこんなにも感動するとは思ってなかったです」とコメントしている。

 

16. OneRepublic「Counting Stars」39.7億再生 / 2013年公開

米ロック・バンドによる楽曲で、バンドによるミュージック・ビデオとしては史上初の10億回再生を達成。「もうお金を数えるのはやめて / 一緒に星を数えようよ」と歌う歌詞に共感があつまりバンドの代表楽曲となったヒット曲。

バンドを率いるライアン・テダーは作曲家としても活躍し、ビヨンセ、マルーン5、アリアナ・グランデ、テイラー・スウィフト、レオナ・ルイス、アデルなどに楽曲を提供している。

 

17. Cocomelon – Nursery Rhymes「Baa Baa Black Sheep」39.6億再生 / 2018年公開

登録者数1億人を超える子供向け英語学習チャンネルの動画。アルファベットの歌の替え歌。

 

18. Katy Perry「Roar」39.6億再生 / 2013年公開

米シンガーソングライターのケイティ・ペリーが、マイケル・ジャクソンと並ぶ一つのアルバムから5つの全米1位シングルを輩出した『Teenage Dream』の次のアルバムからの第1弾シングルとして期待されて発売されたのがこの曲。効果直後から話題となりYouTubeで30億回の再生を達成した最初の女性アーティストに。

そのジャングルに迷い込み一人困惑していたケイティが、ジャングルの動物たちに次第に溶け込み、ポジティヴに自分らしく、ジャングルで生きていく様を描いたストーリー。

 

19. Jingle Toons「Lakdi Ki Kathi」39.1億再生 / 2018年公開

インド文化の価値を伝えるエンターテイメントが必要だという考えから生まれインドのYouTubeチャンネル「Jingle Toons」による子供向けビデオ。

 

20. Shakira feat. Freshlyground「Waka Waka (This Time for Africa)」38.5億再生 / 2010年公開

コロンビアの歌手シャキーラが、南アフリカ出身のバンドFreshlygroundをフィーチャーしたもので、南アフリカで開催された「2010 FIFA World Cup」の公式ソングとして発売されたもので、コンセプトは「見る人を世界旅行に連れて行き、最後はアフリカで終わる」としている。

ビデオには、過去のサッカーの試合のアーカイブ映像が使われたり、クリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシなど、スターサッカー選手がカメオ出演していることでも話題となった。

 

21. ジャスティン・ビーバー「Sorry」37.7億再生 / 2015年公開

カナダ出身のシンガーソングライターの4枚目のアルバム『Purpose』のセカンド・シングル。ジャスティン自身とともにジュリア・マイケルズ、スクリレックスらが共同作詞作曲した楽曲。全米シングルチャート3週1位を記録。

ジャスティン本人は出演せず白の背景にダンサーが躍るシンプルな映像だったが、ニュージーランド出身のパリス・ゴーベルが監督した映像が話題となった。

 

22. Ed Sheeran「Thinking Out Loud」37.3再生 / 2014年公開

セカンド・アルバム『×』からの3rdシングル。それまでは自身が大きくでることはなかったエドがメインで出演したことや、米オーディション番組『アメリカン・ダンスアイドル』(So You Think You Can Dance)で出演者Brittany Cherryとともにダンスをしたことでも話題となった。

 

23. Kiddiestv Hindi – Nursery Rhymes & Kids Songs「Humpty the train on a fruits ride」37.3億再生 / 2018年公開

インドの子供向け動画チャンネルによるもの。ハンプティ・ザ・トレインと一緒にフルーツを学ぶという内容。

 

24. HARIHARAN「Shree Hanuman Chalisa」36.9億再生 / 2011年公開

インドの楽曲で初めてYouTube30億再生を記録した楽曲。

https://www.youtube.com/watch?v=AETFvQonfV8

 

25. Katy Perry feat. Juicy J「Dark Horse」36.7億再生 / 2014年公開

ケイティ・ペリーによるアルバム『Prism』からのファーストシングルで、米ラッパーのJuicy Jがゲスト。古代エジプトを舞台にしたビデオにてケイティはクレオパトラをもじった「Katy Pätra」を演じている。

またこのビデオにてケイティはYouTubeで10億再生を記録した初の女性アーティストとなった。

 

26. Ed Sheeran「Perfect」36.7億再生 / 2017年公開

エド・シーランの3rdアルバム『÷』の収録曲。ビデオには俳優のゾーイ・ドゥイッチが出演している。ビヨンセや、アンドレア・ボチェッリとの共演した音源も存在している。

 

27. Passenger「Let Her Go」36.1億再生 / 2012年公開

イギリスのシンガーソングライター、パッセンジャーによる楽曲。この楽曲は予想外なヒットとなったもの。

 

28. Alan Walker「Faded」35.9億再生 / 2015年公開

英国系ノルウェー人のプロデューサー兼DJのアラン・ウォーカーによる楽曲で、ヴォーカルはノルウェーの歌手イゼリン・ソルハイムが担当したもの。

EDMの楽曲としてはYouTubeで初となる30億回再生を記録している。

 

29. Maroon 5 feat. Cardi B「Girls Like You」35.6億再生 / 2018年公開

マルーン5が6枚目のアルバム『Red Pill Blues』の再発売版に収録されたもので、アメリカのラッパー、カーディ・Bをフィーチャーしている。

ミュージック・ビデオにはアスリート、活動家、女優、モデル、歌手など様々な分野で活躍する女性が登場しており、多くの人は社会正義運動やアイデンティティ運動を表すいくつかのメッセージが描かれている服を着ている。

 

30. Major Lazer and DJ Snake feat. MØ「Lean On」35.5億再生 / 2015年公開

ジャマイカ系アメリカ人のメジャー・レイザーによる楽曲で、フランスのDJのDJスネイクとデンマークのシンガーのMØが参加した楽曲で、2015年11月時点でSpotifyによって史上最もストリーミングされた曲となった。

ビデオはメジャー・レイザーが以前ツアーで訪れてインスピレーションを受けたインドのマハラシュトラ州で撮影されたもの。

 

Written By uDiscover Team



 

 

Share this story


Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
モバイルバージョンを終了