ザ・フー最高傑作『Tommy』解説:ある男の想像の産物であり、ある男が見る素晴らしい光景

Published on

ザ・フーの『Tommy』はある男の想像の産物であり、ある男が見る素晴らしい光景であり、そして革新的なものだ。ピート・タウンゼント、ロジャー・ダルトリー、キース・ムーン、ジョン・エントウィッスルは、ロックの時代に最高のレコードの一枚を作り上げた。1969年5月23日にリリースされたこのアルバムは、すべての家庭が一枚持っているべきものだ。

関連記事>
13年ぶりの新作『WHO』:ピート・タウンゼントによる全曲解説
キース・ムーンの伝記映画『The Real Me』の製作が本格化へ
ザ・フーのベスト・ソング20選【動画付】

「Overture(序曲)」のオープニング・コードから、あなたはきっと普通のロック・バンドのアルバムと比べて何かが違うと思うだろう。だけど想像してみてほしい、ザ・フーの芸術における最高傑作であり、高く評価されている『Tommy』がリリースされた1969年5月の最終週に、これを初めて聴いたらどんな感じだろうかを。

「Overture」にフィーチャーされているフレンチ・ホルンは、そこに感嘆を加えるものだ。過去にはポピュラー・ミュージックにおいては、ザ・ビートルズの領域であったこの楽器をここではザ・フーのベーシスト、ジョン・エントウィッスルが演奏していた。

“ロック”に収まらない名盤

『Tommy』はロック・ミュージックであるが、そこに収まるものではないことを我々は知っている。このアルバムは、ロックというジャンルを拡張させた最初の音楽作品ではないが、オペラと謳った豪胆さを持った最初の作品ではある。そして、このアルバムが2枚組になったのは、そうせざるを得なかったからだ。

それまでには、このように長いアルバムはほとんどなく、こんなに一貫した作品もなかった。マイク・マキナリーの素晴らしいペインティングを使用した豪華な仕様の3面の折り畳みスリーヴは、それだけでこの作品を幸先の良い音楽作品たらしめた。

アルバムのクレジットをチェックしてみると、24曲中4曲を除いて、すべてピート・タウンゼントによって書かれていることがわかる。それがこのモンスター作が尊敬を勝ち取るもうひとつの理由でもある。こういった能力やヴィジョンをもち、複雑かつ長い作品を創造できる個人はほとんどいない。このようなピート・タウンゼントのインスピレーションは、ミーハ・ババ(*インドの代表的な導師)の教えに由来しているそうだ。

『Tommy』はレコーディングに6か月、ミックスに2か月かけていた。それだけ制作期間をかける作品は、1969年頃には全くないわけではないが、それでも非常に稀なことだった。ピート・タウンゼントによるアコースティック・ギターの音層と数多くのオーヴァーダブにより、『Tommy』は当分の間、他の多くの作品とは音質的に全く違うものとなった。これは時の流れが、我々をだますことがあるというもう一つの例である。

『Tommy』のリリース以降、世界中で多くの事が起きているので、1969年のことを思い出すことは大変かもしれない。しかし、今では当たり前のことも、当時では一般的なことから一歩踏み出すことであり、未踏の地に足を踏み入れることであったのだ。

「Pinball Wizard(ピンボールの魔術師)」「Go to the Mirror!(ミラー・ボーイ)」「I’m Free(僕は自由だ)」「Christmas」、そして「See Me, Feel Me」[*訳注:「We’re Not Gonna Take It(邦題:僕達はしないよ)」の一部であり、アルバムには曲名として表記はされていない]はすべてシングルとしてリリースされ、総じて、アメリカ、UKの両方でヒット曲なった。

「See Me, Feel Me」はザ・フーのウッドストック出演のハイライトのひとつでもある。ロジャー・ダルトリーを超えるロック・ヴォーカリストなんているんだろうか? もし、ザ・フーが『Tommy』をウッドストックで演奏して、背筋がぞっとしないとしたら、自分が生きているかどうか確かめた方がいい。

Written by Richard Havers


ザ・フー『Tommy』
1969年5月23日発売
ハーフスピードLP / iTunes Store / Apple Music / Spotify / Amazon Music



Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version