(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

24歳の若さでこの世を去った悲劇の素晴らしい歌姫タミー・テレル

Published on

我々はモータウンの優雅な歌姫、タミー・テレルを若くして失った。彼女は1945年4月29日に生まれ、1970年3月にたった24歳の若さでこの世を去った。

このヴォーカリストは、フィラデルフィアにトマシーナ・モントゴメリーとして生まれ、脳腫瘍と診断されてから3年後に亡くなった。しかし彼女は貴重な音楽の伝説をのこした、一般によく知られるマーヴィン・ゲイとのコラボレーション・デュエット、そして時に過小評価されがちな彼女自身のソロ作品においても。彼女の健康問題のため、モータウンは彼女名義のアルバムを1枚しかリリースすることができなかった。

Tammi 300

タミー・テレルはそのヴォーカル技術を教会で磨いた、そしてタレント・コンテストでの優勝後、ゲイリー・U.S.・ボンズやパティ・ラベルなどのバッキング・ヴォーカルとして歌った、その時まだ13歳であった。スケプター/ワンドは彼女と契約し、タミー・モントゴメリーと名乗らせ、初のシングル「If You See Bill」を1961年にリリースした。1962年には「The Voice Of Experience」が続くが、大きな成功を収めることはなかった、しかしライヴ・パフォーマーとしての目を引くスタイルは、ジェームス・ブラウンの注目を集めることになる。

タミー・モントゴメリー(当時はまだその名義)は、ジェイムス・ブラウンのライヴ・レビューでツアーし、彼は彼女の1963年のシングル「I Cried」をプロデュースし、新たに立ち上げ、短い命で終わるトライ・ミー・レーベルからリリースした。他の45回転盤、「If I Would Marry You」もうまくいかなかったが、1965年にはジェリー・バトラーとツアーをして、その年が終わる前に、ベリー・ゴーディが名前を変えることを要求するモータウンの仲間入りを果たした。

I Can’t Believe You Love Me

新しい契約のもとで、タミー・テレルは、「I Can’t Believe You Love Me」と「Come On and See Me」でR&BTOP30入りを果たす。1966年KRLAビートに「これ以上幸せなことはないわ」と語っていた。「私はこの世界で生きてきたし、この世界の一部でない間も含め余りにも長いことこのビジネスを愛してきたのよ」。

そして、彼女はマーヴィン・ゲイの作品に参加する。それはプロフェッショナルな取り組みであり、完璧なものであった、多くの人が不正確にも彼らの間にはなにかロマンティックな関係があるに違いないと信じてしまうほどに。1967年、「Ain’t No Mountain High Enough」がヒットし、道を切り開いた、その数週間後に「Your Precious Love」が続き、そして「If I Could Build My Whole World Around You(邦題:君との愛に生きて)」と「If This World Were Mine」のダブルA面が続いた。これらはすべて彼らの初のアルバム『United』にフィーチャーされている。

Ain’t No Mountain High Enough

その年彼女がステージで倒れた後に、タミー・テレルの病状は脳腫瘍によるものと診断された。しかし、彼女は1968年の R&Bチャート1位獲得ヒット「Ain’t Nothing Like The Real Thing」や「You’re All I Need To Get By」などのマーヴィン・ゲイとの一連の大ヒット・シングルやアルバム『You’re All I Need』や 『Easy』を録音した。

Tammi album

タミー・テレルの唯一のソロ・アルバム『Irresistible』が世に出たのは1969年の初頭である、このアルバムには過去3年にわたり録音されたさまざまな楽曲が収録されていた。このアルバムはR&BチャートのTOP40入りを果たしただけにすぎなかった、その後マーヴィン・ゲイとの「What You Gave Me」と「The Onion Song」がヒットするころまでには、タミー・テレルは車いすでの生活に縛られていた。彼女のヴォーカルは、ニック・アシュフォードと共に過去の多くのヒット曲を作り、タミー・テレルと楽曲を共同制作したヴァレリー・シンプソンによって、しあげられた。

Onion Song

「The Onion Song」は1969年秋にイギリスで大ヒットとなり、モータウンにアメリカでのシングル・リリースを促し1970年3月にリリースされた、それは、まさにタミー・テレルの葬儀の日であった。身を切るような悲しいことではあったが、彼女の誕生日に、この曲は、アメリカのポップとR&Bチャートで1位を獲得する。


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss