(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ミックとキースが初めてセルフ・プロデュースしたザ・ローリング・ストーンズの『It’s Only Rock ‘n’ Roll』

Published on

ザ・ローリング・ストーンズは1973年の9月から10月にかけて6週間に及ぶヨーロッパ・ツアーを敢行した(全32公演、その多くは1日2回公演だった)。そしてツアーがドイツで千秋楽を迎えてから1カ月も経たないうちに、彼らは再びドイツに赴き、ミュンヘンにあるミュージックランド・スタジオで新作のレコーディングを始めた。それはやがてアルバム『It’s Only Rock ‘n’ Roll』として発表されることになるものだった。

アルバム『It’s Only Rock ‘n’ Roll』は、1974年10月16日にリリースされ、11月23日に、全米チャートの首位を獲得した。当時、全米アルバム・チャートの1位はイギリス勢が続けざまに獲得しており、このアルバムの前はジョン・レノンの『Walls and Bridges(邦題:心の壁、愛の橋)』が1週間を1位を記録。『It’s Only Rock ‘n’ Roll』のあとは、エルトン・ジョンの初のベスト・アルバム『Greatest Hits』が年末まで首位の座を維持している。

It’s Only Rock ‘n’ Roll

この『It’s Only Rock ‘n’ Roll』はザ・ローリング・ストーンズがイギリスで出した12枚目のアルバムにあたる。この作品には先立っておこなわれたヨーロッパ・ツアーの勢いがそのまま封じ込められていた。アルバム・タイトル曲「It’s Only Rock ‘n’ Roll」は第1弾シングルとなり、8月には全英チャートで最高10位を記録。ただしアメリカでは最高16位と、このバンドにしては地味な順位に留まった。また、このアルバムでザ・ローリング・ストーンズはちょっとした転機を迎えていた。それはギターのミック・テイラーが参加した最後の作品になったのだ。またこのアルバムで、ミック・ジャガーとキース・リチャーズが初めてプロデュースを担当することになった(名義はグリマー・ツインズだった)。2人のセルフ・プロデュースはこのあと7年に亘って続いた。

「It’s Only Rock ‘n’ Roll」のプロモーション・ビデオでは、制御不能になったシャボン玉発生装置のおかげでチャーリー・ワッツの姿が見えなくなっていく。このビデオはもうお馴染みの作品なので、ここでは趣向を変えて別のプロモ・ビデオも紹介しよう。テンプテーションズの「Ain’t Too Proud To Beg」のカヴァーである。これはアメリカでシングル化された。ここでザ・ローリング・ストーンズのメンバーが選んだ服のチョイスは必見だ。


アルバム『It’s Only Rock ‘n’ Roll』には、「Time Waits For No One」や「Fingerprint File」といった強力な新曲が収められていた。それもあって、このアルバムはチャートで好成績を収めた。特にアメリカでは4枚連続で首位を獲得し、プラチナ・アルバムに認定されている(この連続首位獲得の記録はその後8枚連続まで伸びることになる)。ただしイギリスでは最高2位に留まっている。

Written by Paul Sexton



ザ・ローリング・ストーンズ / イッツ・オンリー・ロックン・ロール【CD】【SHM-CD】ザ・ローリング・ストーンズ『It’s Only Rock ‘n’ Roll』

btn_store spotify_logo download_jtunes applemusic


■新作リリース情報
ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』
The Rolling Stones “On Air”
2017年12月1日発売

ザ・ローリング・ストーンズ『オン・エア』12月1日発売決定。『ブルー&ロンサム』の原点はここにある。初期のラジオ用ライヴ音源、未発売音源も収録
各形態詳細
・1CD(スタンダード)
・2CD(デラックス)
・2枚組LP(ゲートフォールド/180g重量盤)
・2枚組カラーLP【ユニバーサルミュージック・ストア限定発売】
・デジタル・ダウンロード

購入/詳細はこちら

iTunesにて『オン・エア』デラックス予約受付中

download_jtunes_link
uDiscoverのローリング・ストーンズ Best Of プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

3 Comments

3 Comments

  1. Pingback: The Stones Live in 1969 | uDiscover

  2. Pingback: ビル・ワイマンのリズム・キングスの新作『Studio Time』と、彼が選ぶ史上ベスト・アルバムと最近聞いているアーティスト

  3. Pingback: 鳥嫌いなマリアンヌ・フェイスフル、18歳のヒット曲「This Little Bird」

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss