スティング「Brand New Day」が出来るまで:「この曲を書いたときにスティーヴィー・ワンダーを思い出したんです」

Published on

世紀末への不安に立ち向かったスティングの「Brand New Day」に溢れる楽観性は、同曲を今でも色あせないものにしている。


憧れの人には会うものじゃないと一般に言われるが、スティーヴィー・ワンダースティングの「Brand New Day」で楽曲を決定づけるような半音階のハーモニカを吹いたことは紛いも無い事実だ。同曲は好評を博し、1999年にヒットを記録した。

「この曲を書いたとき、シャッフルのようなリズムにスティーヴィー・ワンダーを思い出したんです。そして僕は『神様、スティーヴィーがプレイしてくれたら最高です』と言ったんです」とスティングはリリースの当時にそう話している。「僕は震えながら電話をかけました。彼は僕の憧れの人ですから。すると彼は『いいよ、ニューヨークに行くから是非やろう』って言ってくれたんです。本当にそれで曲に箔がついたと思います。彼が部屋に入ってくると、まるで神様のように見えた。彼はパワフルで、スピリチュアルな存在でした」

「これは新たな始まり、新しいスタートの曲だ」

スティングらしいソウルフルなヴォーカルで歌われた「Brand New Day」は、アップビートな賛美歌のような楽曲だ。同曲のリリースは21世紀が終わりを迎えようとしていた1999年9月のこと。曲はしばらく前に書かれたものだったが、その歌詞は2000年問題で存在を脅かされる恐怖に対峙するかのような内容だった。終末が近づいているという考えに異を唱えるものだったのだ。

「これは新たな始まり、新しいスタートの曲です」スティングは同曲と同じタイトルの『Brand New Day』と題された6作目のリリースに先立ちそう強調している。「世紀末の話とたまたま重なりますが、いいかい、時計をゼロにするっていうのは、過去を水に流してやり直そうというすばらしい隠喩じゃないか」

イギリスでチャートのトップ20圏内に入った「Brand New Day」は、同名アルバム(1999年9月28日リリース)へのこれ以上ない導入になった。今でもスティングのキャリアの代表作として君臨するアルバム『Brand New Day』は、批評家から絶賛されセールス面でも成功を収めた。アメリカでも350万枚以上を売り上げた同作は2000年、スティングにふたつのグラミー賞をもたらしている。ひとつは最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞、ふたつめは表題曲の出来が評価されての最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞だ。

 

「僕はいつも楽観性を求めている」

以来「Brand New Day」は、新世紀や新たな始まりといった概念を象徴する楽曲になっている。伝説的シンガー・ソングライターであるスティングが、1999年の大晦日にニューヨークのスタジオでNBCのテレビ向けにカウントダウン・ステージを披露したこともそのきっかけとなった。この伝統を守るように、スティングは同曲の新ヴァージョンを2018年の大晦日にタイムズ・スクエアで初披露。進化したビートが軽やかな同ヴァージョンは、スティングが過去の人気曲を再録したアルバム『My Songs』のオープニングを飾っている。

 

「Brand New Day」は美しく作られた楽曲というだけでなく、そこから放たれる希望や肯定性といったイメージが同曲を色あせないものにしている。

「僕は基本的に楽観的な方法を取るようにしています。だから僕はいつも楽観性を求めているし、あの曲を聴くと幸せになれます」スティングは1999年にそう語っている。「この曲の深さなんて考えたことはないけど、ハッピーな曲だってことはわかります」

Written By Tim Peacock


スティング来日公演日程
来日公演公式サイト

2019年10月7日(月) 福岡:福岡国際センター
18:00 open / 19:00 start
S ¥18,000【アリーナ席・スタンド席】
A ¥17,000【スタンド席後方数列】(座席指定/税込)
【問い合わせ先】TSUKUSU 092-771-9009

2019年10月9日(水)・10日(木) 千葉:幕張メッセ 7・8ホール
18:00 open / 19:30 start
S ¥18,000 A ¥17,000(座席指定/税込)
【問い合わせ先】ウドー音楽事務所 03-3402-5999

2019年10月12日(土) 仙台:ゼビオアリーナ仙台
17:00 open / 18:00 start
S ¥18,000 A ¥17,000(座席指定/税込)
【問い合わせ先】ニュース・プロモーション 022−266−7555(平日11:00〜18:00)

2019年10月15日(火) 丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)
18:00 open / 19:00 start
S ¥18,000【アリーナ席・スタンド席】
A ¥17,000【スタンド席後方数列】(座席指定/税込)
【問い合わせ先】大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506


スティング『マイ・ソングス – スペシャル・エディション』
2019年10月4日発売
日本盤ボーナス・トラック1曲収録(全20曲) + 2019マイ・ソングス・ツアー
スティングによる全曲解説掲載(日本語訳付)



 

Share this story


Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version