(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

スティーヴィー・ワンダーの最初の傑作アルバム『Talking Book』

Published on

1972年はスティーヴィー・ワンダーのクリエイティヴな躍進が本当に止まらない年だった。それまでも『Where I’m Coming From(邦題:青春の軌跡)』や『Music Of My Mind(邦題:心の詞)』などのアルバムでアーティスティックな創造のレベルを上げてきていたが、10月26日には多くの人が彼の最初の傑作と称す『Talking Book』を発表した。

Stevie Wonder Superstition

このアルバムは『Music Of My Mind』同様に、ボブ・マーグーレフとマルコム・セシルとともにスティーヴィー・ワンダーが共同プロデュースし、その圧倒的なファースト・シングル「Superstition(邦題:迷信)」とほぼ同時にリリースされた。まだ22歳のアーティストにしては驚くほど完成した作品で、たまらなくファンキーで素晴らしいホーンや、ホーナーのクラヴィネットとモーグのシンセサイザーの革新的な使い方、またイギリスのギター・ヒーロー、ジェフ・ベックも参加している。

シングル「Superstition」は瞬く間に全米のポップとR&Bチャートのトップに駆け上がり、7作目のソウルのベストセラーとなり、ポップチャートでも頂点に立った。ポップチャートでの1位獲得は1963年の「Fingertips (Part 2)」以来だ。「Superstition」は1998年にグラミーの殿堂入りを果たしている。当時のシングルの勢いとともに、それを収録したアルバムも頭角を現し、同じように名曲揃いだった。

You Are The Sunshine Of My Life

『Talking Book』に貢献した輝かしい人々には、デニース・ウィリアムス、デヴィッド・サンボーン、レイ・パーカー・Jr.とジム・ギルストラップなど、将来のスターたちが揃っている。ジム・ギルストラップはアルバムの2枚目のシングル「You Are The Sunshine Of My Life(邦題:サンシャイン)」のもう1人のヴォーカルで、この曲は不朽のイージー・リスニングの定番となり、スティーヴィー・ワンダーに初めてのグラミー賞をもたらした。

この印象深いLPの他のハイライトといえば、感動的なバラード「You And I」と「Blame It On The Sun」、そして気持ちの高まるクロージング曲「I Believe(When I Fall In Love It Will Be Forever)」がある。これらの曲も、「Tuesday Heartbreak」、「You’ve Got It Bad Girl」やその他のアルバムに収録されている宝石も、どれもシングルとしてリリースされなかったが、現代の評判が高まるにつれ、あらゆる人にカヴァーされた。『Talking Book』は全米チャートで3位を記録した。元12歳の天才は今や大人の天才へと成長したのだ。

Written by Paul Sexton


Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss