(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ジェームス・ブラウン61曲目のチャートイン曲「Super Bad」

Published on

ソウルのゴッドファーザーは”何か”が俺を叫ばせるんだと語った。彼はその何かについてこう語る。「それはソウルだ」と彼は自身のトレードマークでもある誇張気味な話し方でこう語った、「そして俺は‘Super Bad’なんだ」。こう語っているのが、ジェームス・ブラウンであることは議論の余地がないだろう。

1970年10月3日、ショウビジネス界の働き者、ジェームス・ブラウンの「Super Bad (Part 1 & Part 2)」が新たに全米シングル・チャート入りした。素晴らしいことに、彼にとって61番目のチャート入りだった。この曲はジェームス・ブラウン自身による作曲、プロデュースで、ナッシュヴィルで6月末に録音された。 この曲が自称“新しいスーパーヘビーファンク大臣”の最高の例といえるだろう。

このトラックには、まさにこのゴッドファーザーの鉄板の楽曲のひとつ「Get Up (I Feel Like Being A) Sex Machine (Part 1)(邦題:セックス・マシーン)」に続いて、何か期待にこたえるようなものがあった。そして「Super Bad」はその課題を良く知り抜いていた。 ほとんどのジェイムス・ブラウンのシングルは、Part1をA面で、Part2をB面で収録していたが、今作は9分のグルーヴが別々に分けられ、A面に2つのパートが、そして、Part3はB面に収録された。

jamesbrown-call me super badこのジェームス・ブラウンのシングルの最初のプレスでは、我々になじみのある「Super Bad」というタイトルではなく、「Call Me Super Bad」というタイトルがつけられていた。ベースは天才、ウィリアム・‘ブーツィー’・コリンズが、そしてオルガンはボビー・バードが、そしてドラムスは、ジョン・‘ジャボ’・スタークスが務めた。

「Super Bad」は全米シングル・チャート13位まで上り詰め、ポップ・チャート・デビューの1週間後は、R&Bチャート入りし、首位までのぼり、11月にはソウル・チャートで2週間1位をキープした。翌年3月には、ジェームス・ブラウンは、ロンドンのロイヤル・アルバートホールで演奏した。後半は、グレーと黒のキャット・スーツで現れ、この曲ははさに、Soul Brother No. 1による典型的なエネルギーに満ちたセットの1部となった。

Written by Paul Sexton



ジェームス・ブラウン / スーパー・バッド【生産限定盤】【CD】

ジェームス・ブラウン『Super Bad』

btn_store spotify_logo download_jtunes applemusic

 


uDiscoverのジェームス・ブラウン Best Of プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss