(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

テイラー・スウィフト『Red』: かつてないほどポップに近づいた変化過渡期のアルバム

Published on

かつてないほどポップに近づいた過渡期のアルバム『Red』だが、それにも関わらずテイラー・スウィフトはファンと心を打ち解ける彼女独特の親密さを保ち続けている。


才能溢れるスウェーデン人のプロデューサー兼作曲者であるマックス・マーティンは、ブリトニー・スピアーズやマルーン5といった多様なミュージシャンたちに世界で最もキャッチーなヒット曲の数々を提供してきた。テイラー・スウィフトの2012年のアルバム『Red』では、テイラー・スウィフトより18歳上のマーティンが、カントリー界のシンガーソングライターでもある彼女をよりメインストリームへと移行する手助けをした。

マックス・マーティンがプロデュース/共作したスマッシュヒット「We Are Never Ever Getting Back Together」は初の全米No.1シングルとなった。センセーショナルな成功を収めたこのシングルは、リリース後50分間で、iTunesチャートの首位におどり出るという偉業を成し遂げた。

「寂しくなる/あなたに喧嘩を吹っかけられることがなくなることも/そして私がそれに引っかかることも/私は自分が正しいと主張して/あなたは逃げ隠れ心の平和を取り戻そうと/私の曲よりもクールなインディーズ・アルバムを聴くの」といった痛烈なリリックは、2010年の終わりに3ヶ月間付き合った元カレで俳優のジェイク・ギレンホールのことを書いたと言われている。テイラー・スウィフトはそれを楽しそうに歌い、別れについての曲を歌う現代のクイーンとなった。彼女は『Red』について「激しく心揺さぶられた、クレイジーで冒険的な恋愛と失恋」を記録した作品だと語っている。

Taylor Swift – We Are Never Ever Getting Back Together

 

全16曲を収録したこの作品のもう一つのハイライトとなる感動的なバラード「All Too Well」では、若い恋人同士が“冷蔵庫の明かりの元でキッチンで踊る”と可愛らしい光景が描写されている。「自分が言いたいことすべてにフィルターをかける必要があって、作るのに時間がかかりました。“All Too Well”は書くのに最も苦労した曲でした」とテイラー・スウィフトは語っている。「最初は10分もある曲で、それだとアルバムに収めることができないから、物語のある曲として成り立つ形へとフィルターをかける必要があったんです」。

2012年10月22日に発売された『Red』では、そもそもテイラー・スウィフトを有名にしたカントリー調ポップから離れて、一歩を踏み出した作品になっている。この変化は、より大人っぽく、シックな雰囲気のテイラー・スウィフトが写っているジャケット写真でも具現化されている。その頃になると彼女自身もスターとしての自覚を持ち始め、アルバムに収録されている「The Lucky One」は若いセレブリティについて歌った曲になっている。

しかし、どのようにして10代のカントリー・メガスターが自身のイメージを変えることができたのだろうか?音楽的には、テイラー・スウィフトは経験豊富な編曲者であるパトリック・ウォーレンの指揮の下、バイオリン、ビオラ、ハープ、チェロを取り入れた。トム・ウェイツ、ベティ・ラヴェット、そしてレイ・ラモンターニュなどの幅広いアーチストたちからの依頼を受けるキーボーディストでもあるパトリック・ウォーレンは、ストリングスのアレンジを指揮する才能も持ち合わせており、過去にはエリック・クラプトンシェリル・クロウ、そしてジョー・コッカーのアルバムを手掛けた経歴を持っている。

その他にも『Red』には、スノウ・パトロールのヴォーカルであるギャリー・ライトボディ(「The Last Time」)やエド・シーラン(「Everything Has Changed」)との魅力的なデュエット、更には古き良きカントリー・ソング「Stay Stay Stay」や「I Almost Do」も収録している。

Taylor Swift – Everything Has Changed ft. Ed Sheeran

 

過渡期のアルバムである『Red』はそれまでのスウィフトの3作品に比べてメインストリーム・ポップの領域に侵入しており、それは成熟し、自信に満ち溢れた彼女の現れでもあるが、不思議とファンと心を打ち解ける親密さは保たれている。それこそが彼女が多くのファンを惹きつけてやまない要因といえる。エド・シーランが彼女の移り変わっていく方向性について語っているように「すべてのアーティストは進化しなければならない」。

Written By Martin Chilton


『Red』

テイラー・スウィフト最新アルバム『Lover』
2019年8月23日発売
CD&限定版 / iTunes



 

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss