(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

23曲目のトップ10入りとなった1995年、クイーンの「A Winter’s Tale」

Published on

The show must go on(どんなことがあろうと、ショーは終わらない)

そんな風に歌ったのは、ほかでもないフレディ・マーキュリーその人だった。そしてその言葉の通り、彼が亡くなってから実に4年以上が経過した1995年12月23日、クイーンは、フレディ・マーキュリーが作曲した「A Winter’s Tale」でイギリスのシングル・チャートのトップ10に返り咲いた。

a-winters-tale-ukcd1wrapfront

「A Winter’s Tale」は、その数週間前にリリースされ、瞬く間に英チャートのトップに立ったアルバム『Made In Heaven』に収録されている。フレディ・マーキュリーは、クイーンのアルバム『Innuendo』のレコーディング・セッションの終了からほどなくして亡くなっているが、この曲はその最後の数ヶ月のあいだに書かれたものだった。

a-winters-tale-back

このシングルとアルバムをリリースしたことで、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ジョン・ディーコンは、彼ら3人とフレディ・マーキュリーがイギリスの大衆から深く愛されていることを改めて実感することになった。この時期、チャートの首位を占めていたのはマイケル・ジャクソンの「Earth Song」で、「A Winter’s Tale」は最高位6位をマークする留まり、その翌週にはトップ10圏内から外れたが、同曲のヒットをもって、クイーンは23曲目のトップ10入りという記録を打ち立て、その後、さらに2曲のトップ10ヒットを残した。

「A Winter’s Tale」はオーストリア、オランダ、そしてスイスのチャートでもトップ30入りを果たすまずまずの成功を収めた。スイスは、クイーンの面々がしばしばレコーディングも行った彼らのお気に入りの場所だった。またフレディ・マーキュリーがこの曲を書いたのもスイスで、彼は、彼の地で窓越しにレマン湖を眺め、この曲を作曲したという。

Written by Paul Sexton



クイーン『Made In Heaven』

UICY-15097

btn_store_link spotify_logo_link download_jtunes_link  applemusic_1711_800


クイーン『Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)』
絶賛発売中
CD購入はこちら

映画『ボヘミアン・ラプソディ』
配給:20世紀フォックス映画
© 2018 Twentieth Century Fox
映画公式サイト

映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!


uDiscoverのクイーン・ベスト・オブ・プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss