自身に起きた不幸のすべてを雄弁に語るチャック・ベリーの「Too Much Monkey Business」

Published on

チャック・ベリーの歌詞は、そのウィットさ、想像力、辛辣さにおいて匹敵する人はいない。1956年10月6日、彼の平均基準に照らしても見事な出来の「Too Much Monkey Business」でチャック・ベリーは、Billboard誌の2つのR&Bチャートに登場した。

チャック・ベリーの言葉に対する愛情にもとづく矢継ぎ早な言葉と歌い方は、彼を刑務所に送り込んだ不幸すべてを雄弁に語るリストのようなもので、自身の運命を嘆き悲しんでいた。「あちこち走り回り、工場でハードな仕事」で彼ははじめる。「決してしくじらない。メールでは。そうさ、腐った借金手形になるだけだ」しかし彼を束縛していたのは、彼の金銭的な状況だけではなかった。

「Too Much Monkey Business」は、金銭問題だけではなく、恋愛関係、学校、仕事場、さらには軍隊において起きた彼のあらゆる不幸が語られる。“窓を拭いて、タイヤを確認、オイルを確認、ドルのガソリン”と歌った歌詞のような素晴らしいスタイルで述べられたフレーズは、オールマン・ブラザーズ・バンドの1976年のライブ・アルバムのタイトル『Wipe the windows, check the tires, check the oil, dollar gas(邦題: 熱風)』に使われた。

大ヒット曲「Roll Over Beethoven」の次作だったにも関わらず、「Too Much Monkey Business」はアメリカでポップ・チャート入りを逃した。しかしMost Played R&B In Juke Boxesと、Most Played R&B By Jockeysの両方で5位でチャート・デビューを果たし、4位を2週間維持、その後、B面曲の同じようにキレが良く、その後間もなくバディ・ホリーによってカヴァーされる「Brown Eyed Handsome Man」でもチャート入りを果たした。

Billboard誌のレヴューは、「Brown Eyed Handsome Man」を “目新しいブルース” として、「Too Much Monkey Business」を “目新しい歌詞による伝統的なブルース” として説明しながら、チャック・ベリーのシングルを “有力な両面ディスク” として称賛した。

Written by Paul Sexton



チャック・ベリー『After School Session』

   

 

 

uDiscoverのチャック・ベリー Best OfプレイリストをSpotifyで聴く

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version