メタリカ初&自己最高の全英TOP10ヒット「Enter Sandman」

Published on

メタリカといえば、トップ10ヒット曲よりも何百万枚も売れたアルバムのイメージが強いかもしれないが、彼らの代表曲とも言える楽曲が全英チャート入りしたのは1991年8月10日のことだった。

それまでにもイギリスではトップ30入りのシングルが3曲あり、そのうち1988年の「Harvester Of Sorrow」と翌年の「One」はトップ20入りを果たしていた。しかし、1991年にヴァーティゴより発表されたセルフ・タイトルのアルバムからのシングル「Enter Sandman」がリリースされると、ベスト・セラー必至となった。

当時のチャートでは、ブライアン・アダムスの「(Everything I Do) I Do It For You」が首位を獲得して間もない頃で、その栄光が永遠に続くように感じられた時期だった。最終的に16週間トップの座につくことになったが、この時点ではまだ5週目であり、その記録は10月末まで続くこととなった。その週のチャートはといえば、エクストリームの「More Than Words」が2位、ライト・セッド・フレッドの「I’m Too Sexy」が12位から3位に浮上、そしてシェイメンの「Move Any Mountain」が変わらず4位にランクインしていた。そしてそこにメタリカが到来したのだ。

「Enter Sandman」はその週にチャート最高位となる5位を記録し、ドイツやオーストラリアでもトップ10入りした。アルバム『Metallica』にとってぴったりの前菜となり、2週間後にアルバムがチャートに初登場した時には、全英チャート1位、アメリカ、オーストラリアでもトップを獲得、そして世界中で3,000万枚ものセールスを記録した。全英シングル・ベスト・セラーでは1996年に「Until It Sleeps」で再び5位を記録したものの、それ以上のランキングを獲得したことはない。



メタリカ『Metallica』

    

uDiscoverのメタリカ:The Essentials プレイリストをSpotifyで聴く

Share this story

Don't Miss

{"vars":{"account":"UA-90870517-1"},"triggers":{"trackPageview":{"on":"visible","request":"pageview"}}}
Exit mobile version