(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

1日24時間、ソファで仮眠しスタジオ出ずに制作されたカニエ・ウェストの『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』

Published on

5枚目のアルバム『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』 に取り掛かろうとしていたとき、カニエ・ウェストは不安定な場所にいた。モデルのアンバー・ローズと破局し、精神的にも疲れ、2009年VMAで起こったテイラー・スウィフトとの不名誉な事件で彼に対する世間からのイメージはひどく落ちていた。

スキャンダルの嵐に対するカニエ・ウェストの返答は、世間の注目から自主的に逃れることだった。彼はハワイへと場所を移し、ホノルルのエイベックス・レコーディング・スタジオにて開いていた自称 “ラップ・キャンプ” に参加させるために、リック・ロスドレイクジェイ・Zリアーナエルトン・ジョン、ボン・イヴェールのジャスティン・バーノン、RZA、Qティップ、マッドリブなど多数のプロデューサーやアーティストを招いた。長い期間をかけて、1日24時間、セッション部屋を3つ予約しながらレコーディングを行った『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』の制作方法は、カニエ・ウェストが部屋から部屋へと動き回り、いつ彼が曲に行き詰まろうともどんどん先に進める志の高い創造性のひとつだった。

スタジオから一晩も離れることなく(それよりむしろ椅子やソファで90分の仮眠を取る方をカニエ・ウェストは選択した)、Qティップが “委員会によるミュージック” と述べるコミューンな雰囲気をカニエ・ウェストは構築した。「彼がビートやライムを思いついたときに、委員会メンバーにそれを提示するんだ。僕らは彼がすでに作り始めたものをバラバラにしたり、取り除いたり、付け足したりと好きにいじらせてもらえるんだ」とア・トライブ・コールド・クエストのMC、Qティップは振り返る。

この無我夢中で取り組んだレコーディングの結果、カニエ・ウェスト自身のように複雑で、打ち砕かれて、独創的なほど著しく創造的で、極めて壮大な作品が生まれた。『Late Registration』のバロック音楽、大掛かりな部分、『808s And Heartbreak』の率直な歌詞、『Graduation』のジャンル・ベンディングなマキシマリズムなど、彼の過去のアルバムから要素を取り入れながら『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』はヒットチャート好きとアンダーグラウンドの両方にまたがった作品となった。

歌詞の上でも、カニエ・ウェストは最も自己確信を持って大げさに振舞っていた。「Runaway」では、彼の不名誉な行いを “Let’s have a toast for the douchebags(訳: 思い上がったバカに乾杯しよう)” と歌い称えながら、タフなビートと余分なピアノ音を突き刺した曲で真正面から物議を醸すイメージに取り組む姿が見られた。ほかには、切り刻まれたギター音と巧みなキング・クリムゾンのサンプルが伴った「Power」では辛辣な歌詞が登場。より内省的な「Blame Game」ではアンバー・ローズとの終わった関係に向き合いながら、その一方で「All Of The Lights」では、ファーギー、アリシア・キーズ、エルトン・ジョン、リアーナなど輝くようなスターたちを代わる代わる起用した。恐怖をテーマにした集団の曲「Monster」では、カニエ・ウェストがジャスティン・バーノン、ジェイ・Z、リック・ロス、そして最高の見せ場で目を見張るような一風変わった芸を見せたニッキー・ミナージュから素晴らしいパフォーマンスを引き出した。

熱狂的な大きな反響を受けるタイミングでリリースされた『My Beautiful Dark Twisted』はピッチフォークからはパーフェクトである10点満点の評価を得て、その年終わりの数々のリストで1位を獲得、リスナーを驚かせ、愕然とさせることとなり、カニエ・ウェストの輝かしいキャリアにおいて最も高い称賛を受けながらも大いに論議されるアルバムとなった。

Written by Paul Bowler



カニエ・ウェストの『 My Beautiful Dark Twisted Fantasy』

カニエ・ウェスト『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』

download_jtunes  applemusic_link spotify_logo

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss