(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

ジョン・アンダーソンとヴァンゲリスによる『Short Stories』

Published on

プログレッシヴ・ミュージックを背景に持った2人組は、かたや独特なリード・ヴォーカリスト、かたや卓越したマルチ・インストゥルメンタリストであり、彼らは1980年代始めの数週間、ともに全英チャート入りを達成した。イエスのジョン・アンダーソンとヴァンゲリス・パパサナシューは、ジョン&ヴァンゲリス名義ですでにシングル「I Hear You Now」がベスト・セラーのチャートを登り始めていたが、さらにこの曲を収録したアルバム『Short Stories』をリリースした。

ランカシャー州アクリントン出身のヴォーカリストと、ギリシャの港町ヴォロス出身のキーボード・プレイヤーは、意外な組み合わせと思われるかもしれない。しかし、彼らは以前にも一緒に活動したことがあり、1975年のヴァンゲリスのアルバム『Heaven And Hell』に収録されている「So Long Ago So Clear」にジョン・アンダーソンがヴォーカルを提供している。実はヴァンゲリスはイエスのリック・ウェイクマンの代わりを探し求めたオーディションも受けており、2人は同じバンド・メンバーになる可能性もあったが、結果的にパトリック・モラズに負けてしまった。

I Hear You Now video

1979年前半に『Short Stories』のレコーディングを開始するため二人は再び集まり、ヴァンゲリスがプロデューサーの役割をつとめた。地味だが魅力的なリード・シングル「I Hear You Now」は1980年代最初の週にチャート・デビューを果たし、1月26日の週には25位から17位へと上り、その後は8位へと邁進した。その週にアルバムは31位でチャート・デビューし、最高4位という満足できる結果を達成したが、アメリカではそこまであがらず125位となった。

『Short Stories』はラファエル・プレストンのアコースティック・ギター以外は完全に2人が制作した作品だ。そのコラボレーションは非常に調和がとれており、2人はすぐにまた一緒に活動、1981年に『The Friends Of Mr. Cairo』をリリース。その2年後には再び集まり『Private Collection』を発表し、シングル「He Is Sailing」も同アルバムに収録されている。1991年には1986年にレコーディングされた『Page Of Life』をリリースしている。

Written by Paul Sexton



ジョン&ヴァンゲリスが語る『Short Stories』

ジョン&ヴァンゲリス『Short Stories』

 spotify_logo_link download_jtunes_link  applemusic_1711_800_link

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

1 Comment

1 Comment

  1. Pingback: イエスのアンダーソン、ラビン、ウェイクマンによるUKライヴが映像化

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss