(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

クラプトン、ハリスン、キースらが集結したビリー・プレストンの「That’s The Way God Planned It」

Published on

ビリー・プレストンがリードヴォーカルをとり、キース・リチャーズエリック・クラプトンジョージ・ハリスンとジンジャー・ベイカーがバックを務めるスーパーグループを想像してみてほしい。ただこれは想像ではなく、実は過去に実現されている。1969年7月2日に全英チャートでデビューを果たしたプレストンのゴスペル・ソウル・ヒットシングル「That’s The Way God Planned Itに彼らは参加しているのだ。

当時プレストンはサム・クック、リトル・リチャード、レイ・チャールズ等との共演で既にキーボードの名手として知られていた。しかし彼が一般的にその名を知らしめたのは、アップル・レコードから自身のソロ・デビューを果たす2ヶ月前にリリースされたザ・ビートルズの「Get Back」へのゲスト参加だった。

billy-preston-thats-the-way-god-planned-it-5-ab

キャピトルとの契約から離れ、新人としてザ・ビートルズのレーベルに迎えられたこのテキサス出身のミュージシャンは、「That’s The Way God Planned It」及び同タイトルのアルバムのプロデューサーをジョージ・ハリスンが務めるという熱烈なサポートを受けたのであった。そして8月には、アメリカでのリリースに2週間先駆けてUKでリリースされた。

1974-george-preston

ビリー・プレストンとジョージ・ハリスン1974年

このシングルでは、キース・リチャーズがベース、ジンジャー・ベイカーがドラムとタンバリン、ジョージ・ハリスンがリード・ギターを務め、エリック・クラプトンがソロを弾き、それぞれの素晴らしいパフォーマンスが収められている。また、同じくアップルと契約したドリス・トロイが常連のマデリン・ベルと共にバッキング・ヴォーカルで参加している。

ビリー・プレストンとザ・ビートルズとの親交は深かった。彼がチャート・デビューを果たした際に受けたNMEのインタビューでは「1962年に、ハンブルグで初めて彼らと出会ったんだ。私はリトル・リチャードのバックを務めていたんだが、彼らは他に出ていた14組のバンドのひとつでしかなかった。彼らは私に「Taste Of Honey」と「Love Me Do」を演奏してくれたんだ。観ないとまずいと思ったグループは彼らだけだった」と語った。

billy_preston-thats_the_way_god_planned_it_s_1

「That’s The Way God Planned It」は初登場42位で全英チャートに入り、1969年8月には最高11位を記録した。さらにオランダとニュージーランドでもトップ20に入るヒットだったが、多くの有名グループ同様、アメリカでは最高で62位までしか到達しなかった。

Written By Paul Sexton


  • ビリー・プレストン『That’s The Way God Planned It』 ⇒  iTunes / Spotify

Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss