(function(h,o,t,j,a,r){ h.hj=h.hj||function(){(h.hj.q=h.hj.q||[]).push(arguments)}; h._hjSettings={hjid:104204,hjsv:5}; a=o.getElementsByTagName('head')[0]; r=o.createElement('script');r.async=1; r.src=t+h._hjSettings.hjid+j+h._hjSettings.hjsv; a.appendChild(r); })(window,document,'//static.hotjar.com/c/hotjar-','.js?sv=');
Join us

Stories

後世に影響を残したボ・ディドリー2番目のヒット曲「Diddley Daddy」

Published on

ボ・ディドリーのギター・リズムが残した音楽は、60年以上にもわたってミュージシャン達に影響を及ぼしている。しかしながら、ミシシッピ州マコーム出身のこの先駆者が米R&Bシングル・チャートでヒットを記録した曲は数えるほどしかない。

I’m A Man」とカップリングされたセルフ・タイトル・シングル「Bo Diddley」で鮮烈なデビューを飾った後、1955年7月16日、チェス・レコード傘下のチェッカー・レコードからリリースした続くシングル「Diddley Daddy」でも見事チャート入りを果たした。

中毒性を持ったこの楽曲は、全米R&Bチャートで2週に渡って首位を獲得し、グラミー殿堂賞を受賞したボ・ディドリーのデビュー曲「Bo Diddley」までの成功には至らなかったが、それでも「Diddley Daddy」には当時のオール・スターが参加、ボ・ディドリーの不滅のギターに並んで、R&Bチャートの常連で、代表曲「My Babe」が当時1位を獲得したばかりだったハーモニカーのリトル・ウォーター、そして当時シングル「We Go Together」が3枚目のヒットとなっていたコーラス・グループのザ・ムーングロウズという、当時のチェス・レコードが誇る2組が参加していた。

Bo Diddley Cash Box

1955年7月16日のキャッシュボックス・マガジンによる写真と見出しが当時の彼の成功をよく映し出している

チェス・レコードとチェッカー・レコード所属アーティストの密接な関係性により、ザ・ムーングロウズの楽曲は「Diddley Daddy」を共作したメンバーのハーヴィー・フークワとのジョイント・リード・ヴォーカルというかたちが採用され、当然その後モータウン初期の繁栄の鍵となるスタイルへと繋がっていった。

大ヒットを記録したデビュー曲と比べて、ボ・ディドリーのニュー・シングル「Diddley Daddy」は4週にわたってチャートに留まり、最高位は11位で終わったが、その後も若い世代に多大な影響を与え続けた。ザ・ローリング・ストーンズもその1組で、1963年2月に彼らが初めて作ったデモ・テープの中で、ブライアン・ジョーンズがリトル・ウォーターのハーモニカ・パートを演奏するこの曲のカヴァーが収められている。

Written By Paul Sexton



Share this story
Share
日本版uDiscoverSNSをフォローして最新情報をGET!!

uDiscover store

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don't Miss